Headline

more.gifホット!

新車“ナニが変わった”チェック プジョー207SW 

[ PR ] 趣味を仕事に変える! そんなの無理だと思っていませんか?

VC編集部がお届けする気になる新車の「ナニが変わった?」「ドコが変わった?」

続々出てくる新車たち。しかし気になるのは率直にいって大上段に構えたコンセプトや小難しいリクツより「前のモデルとどう変わったの?」「通常のモデルよりいくらおトクなの?」だったりする。そんなホンネな部分をVC編集部がズバリ直撃!

207SW_15_thumb.jpg

 今回取材したのは、プジョー207シリーズを完成させるモデル「207SW」。これまで「207」「207CC(クーペカブリオレ)」「207ハッチバック」「207GTi」と揃った207シリーズのデザインを引き継いだ、ワゴンモデルの登場だ。207シリーズのデザインアイデンティティや品質を受け継ぎながら、快適な室内空間、機能的で使いやすいラゲッジスペースを持つワゴンスタイルとなっているということだが、どこがどう変わったのか、早速チェックしてみよう!

 

207SW_18_thumb.jpg207SW_19_thumb.jpg

外観の「ココが変わった!」…スタイリッシュで個性的なバックスタイル!

 基本的にフロント部分はハッチバックとまったく同じである。が、ボディはハッチバックより120mm長く伸ばされた。それでも全長は4150mm、全高は+40mmで1535mmと、国産車のショートワゴンと呼ばれるサイズに留まっている。一見して、非常にコンパクトな印象だ。

 では、一番変わったリア部分をもう少し詳細に見てみよう。

 407SWや1007を彷彿とさせる、大きなガラス面を持つリアクォーターパネルと、サイドにまで回り込んだ大きくて明るいリアライト。フロント側に向って切れ込んでいくようなCピラーがつくり出す逆三角形の形状が、赤と黒の矢羽根を思わせる、「アローライクフォルム」と呼ばれる非常に特徴的なデザインだ。

 もうひとつ変わった部分が「ルーフレール」。SWモデルには標準装備となるオリジナルルーフレールは、ボディの曲線に沿うこれまた美しいデザインだ。もちろん、耐荷重量は75キロと、実際に荷物を積める実用性も兼ねている。
 ルーフの全面に広がるパノラミックガラスルーフと相まって、207SWの個性的なエクステリアのアクセントとなっている。

 外装色には、特に専用色・新色の設定はないとのこと。

 

207SW_24_thumb.jpg207SW_47_thumb.jpg207SW_26_thumb.jpg

機能の「ココが変わった!」…ワゴンには「モノを積みたい」のです!

 コンパクトでスタイリッシュな外観に妥協せず、さらにラゲッジスペースの使いやすさにはこだわっているのには脱帽だ。

 ラゲッジスペース内部は、シンプルで出っ張りの少ないスクエアな形状が採用されており、5名乗車時で338L、リアシートをたたむと、最大1258Lものスペースが出現する。最大幅は104cm、前後は160cm程度にもなり、かなり大型の家具などでも積み込むことができそうだ。
 ラゲッジスペースのフラットな床面のため、プジョーでは初の「可倒式リアシート」を採用した。これまではリアシートをたたむ際にいったん座面を上げ、背もたれを倒すという2段階の作業が必要だった。207SWでは、背もたれを倒すと、連動して座面が少し低く沈み込む機構となったため、ワンタッチで室内レイアウトを変更できるようになった。

 リアゲートは、ハッチバックよりも140mmも低く設定されているため、モノの積み降ろしが容易になっている。
 さらに、独立開閉式のリアガラスハッチが組み込まれたのも大きい。これは、リアゲートのガラス部分だけが上に開くもので、ゲートを開けられないような狭いスペースでも荷物の出し入れができる。このリアハッチ、なんとリモコンでも操作できて、片手に子供を抱いて、片手に買物袋…などといった状況でも、スマートにものを出し入れできるのが嬉しい。

 また、リアのパーセルシェルフ(荷室の上部にフタをするもの)は、前後に3分割して折りたためる。このため、後席からでもガラスハッチからでも荷物の出し入れが簡単にできる。

 その他、ラゲッジフロアの下にや、ラゲッジルームのサイドにも収納スペース、小物固定用のストラップやフックが多数用意されている。こうした工夫で、広々とした空間をフルに使える。「モノを運ぶ」というワゴン車の使命を果たそうという姿勢があちこちに感じられた。

 

207SW_28_thumb.jpg207SW_21_thumb.jpg207SW_33_thumb.jpg

インテリアの「ココが変わった!」…ゆったりリアシートと爽快なガラスルーフ!

 内部の大きな変更点のひとつめはリアシート。後席の座面がハッチバックより20mmも高くなっており、リアに座った時の前方の視界が大幅に向上している。それに伴い、室内高はCieloモデルより24mm高くなっており、ヘッドクリアランスにもゆとりが確保された。
 また、リアシート自体が、ハッチバックより15mm後方に設置されたことにより、レッグスペースにもゆとりが生まれている。

 もうひとつは、外観のところでも少し触れたが、天井いっぱいに広がる「パノラミックガラスルーフ」!! これは本当に気持ちいい。約1.1平方メートルのガラスルーフは、明るさと開放感をもたらしている。このガラス、特殊加工の多層構造になっており、紫外線の99%、赤外線の約86%をカットするので、日焼け防止や室内温度の上昇を抑えてくれる。
 電動のサンシェードも用意されており、約10秒でシェードが閉じ、ほぼ完全に光を遮るルーフとなる。シェードの開閉スイッチは、ハンドブレーキ近くに配置され、後席からでも操作できるように配慮されている。

 内装は、ブラック・ファブリック。その他に、受注生産となるブラック・レザーとグレージュ・レザーの3種類という展開。

 

207SW_06_thumb.jpg207SW_04_thumb.jpg207SW_45s.jpg

走りの「ココが変わった」…猫足は、常に密かに変化している!

 エンジンは、BMWと共同開発の1600cc自然吸気(120馬力)エンジン(207 SW)と、1600ccターボチャージャー付(175馬力)エンジン(207 SW GTi)の2グレード展開はあるものの、特に変わったわけではない。
 また、ボディは少し長くなったものの、ホイールベースはハッチバックと同じで、足回り等も、特に変更点として記載されてはいない。

 ということは、走りの部分に何も変更がないということなのかと思いきや、実はココにプジョーの緻密な調整が存在するという。あの「猫足」をキープするため、本国のエンジニアたちのセッティングに対する神経の使い方はハンパなものではないらしい。

 今回207SWが日本で発売されるにあたり、日本側には足回りの変更点は知らされなかったそうだ。そこで、ネットでつながっている世界共通のパーツカタログを比較してつぶさに調べたところ、サスペンションなどの型番が変わっていることがわかった。
 このカタログでは、たったひとつの部分に使うパーツについても、サイト上で30ページにも及ぶ種類があるそうで、エンジニアたちは、その中から「このクルマに最高の組み合わせ」を見つけ出し、味付けを変えてくるという。

 そんな気の遠くなるような作業が、この207SWにも加えられているということだ。猫足という持ち味を「変えない」ための密かな変化…実に奥ゆかしいではないか。

 

207SWGTi_04_thumb.jpg207SWGTi_09s.jpg

6月には「シリーズ最強」の207SW GTiも発売!

 この207のワゴンモデルには、207SWの他に207SW GTiが設定される。優れたユーティリティに、圧倒的なパワー、そしてもちろん緻密にチューンアップされた足回りを合わせ、シリーズ最強の称号を得ている。
 では、207SWと比較して「変わった」部分をご紹介しよう。

 まずエンジンは直噴1.6Lの4気筒DOHCターボで、最高出力128kw(175ps)/6000rpm、最大トルク240Nm(24.5kgm)/1600〜4500。トランスミッションは5速MT。
 足回りも、もちろん専用チューニングが施され、フロントベンチレーテッドディスクプレーキに、直径302mmの大型ディスクを、ピストン径57mmの高性能キャリパーを採用するなど、ブレーキシステムも強化されている。
 また、1.6Lクラスでは画期的な、車体制御/制動システムである「SSP(ステアリング・スタビリティ・プログラム)」を標準装備した。

 外観については、エアインテークグリルのデザイン、ルーフ後部のボディ同色エアスポイラー、つや消しクロムメッキを施したツインのエグゾーストパイプフィニッシャーなど、スポーティで力強いスタイルを強調。ホイールも1インチアップの17インチで、ポテンザを履いている。また、シャークグレーというボディカラーは、GTiの専用色となっている。
 207SWに装着されているルーフレールはつかない。

 そして内装は、標準でブラックレザーとなる。カーボン調パネルのブラックメーター、スポーツシート、専用革巻きステアリング、アルミニウムにパンチングを施したペダル類など、こちらもレーシングスピリッツを感じさせるアイテムが標準装備となっている。

 

207SW_09_thumb.jpg

そしてもうひとつ、大きく変わったのは…!?

 さて、207SWの「ナニかわ?」をご紹介してきたが、今回最大の「変わった」は、なんといっても2008年4月1日付けで、プジョーとシトロエンの日本法人が合併し、プジョー・シトロエン・ジャポンとなったことかも知れない。

 実は3月上旬日からすでに同じオフィスで仕事を始めていたという両社、本国ではすでに同じグループであり、日本国内でもさまざまな部分で非常に密接な関係であったという。例えば、本国ではフランスとスペインにある同じ工場で両ブランドのクルマが製造されており、サプライやも共通で部品の型番まで同じ! 国内に入ってくるパーツの箱には、数年前からプジョーとシトロエン両社のマークが入っていたとか。

 当然、2〜3年前から日本法人提携の話も出ていたが実現せずにいたものが、昨今のユーロ高などによる値上げを最小限に食い止めるため、オペレーションコストを下げるという狙いで合併話が進んだ、ということのようだ。
 具体的には、国内のストックヤードをまとめたり、フランスから日本へ運んでくる際に同じ船に載せることでコストを下げる。人、倉庫、輸送などの間接費をカットすることで、クルマの値上げを抑えるというのだから、我々としても歓迎すべき出来事ではないだろうか。

 ただし、販売ネットワークについては変更なし。プジョーとシトロエンのふたつのブランドで、お客さまに見える部分はこれまでどおりとなる。

 激動する世界自動車業界。そんな中で、ユーザのニーズをうまくつかんで、より魅力的なクルマを作り、販売することが一番重要だろう。今回チェックした207SWは「コンパクトでスタイリッシュ、使いやすくて乗って楽しい」という、かなりグッとくる一台に仕上がっているのではなかろうか。

 

writersFace.gif


関連記事タブ

sized_R0010350.JPG*2008/05/14Vol.1 プジョー207SW&平福デニお+小吉(後編)カーライフ・エッセイスト吉田由美が、全国のクルマもワンコも大好き人間を直撃取材!感動のエピソードからワンコ目線なクルマ選び、ドライブ情報などのお役だち情報まで、ちょっとステキで楽しいカー&ドッグライフを紹介していきます。 <今回のゲスト> ■ワンコ:デニお(フレンチブルドッグ)♂8才(白)+小吉(ボストンテリア)♂3才(黒×白) ■クルマ:2008年式 プジョー207SW ■オーナー:平福恵子さん

sized_P1030581.JPG*2008/05/12Vol.1 プジョー207SW&平福デニお+小吉の巻!カーライフ・エッセイスト吉田由美が、全国のクルマもワンコも大好き人間を直撃取材!感動のエピソードからワンコ目線なクルマ選び、ドライブ情報などのお役だち情報まで、ちょっとステキで楽しいカー&ドッグライフを紹介していきます。 <今回のゲスト> ■ワンコ:デニお(フレンチブルドッグ)♂8才(白)+小吉(ボストンテリア)♂3才(黒×白) ■クルマ:2008年式 プジョー207SW ■オーナー:平福恵子さん

f_thumbM.jpg*2008/05/10今後のプジョーの命運を左右する新型308とは?