Headline

more.gifホット!

元レースクイーンも! ランエボXミーティングで皆さんに聞きました!

[ PR ] 趣味を仕事に変える! そんなの無理だと思っていませんか?

 引き続き、去る2月16日に茂原ツインサーキットにて開催された『ランサーエボリューションX 体感ミーティング』のレポート第第二弾です!  今回は、後半〜参加者インタビュー編〜でごす!さてさて、いったいどんな人たちが参加していたのでしょう?

P1020750_thumb.jpg

 

P1020754_thumb_thumb.jpg駐車場はランエボ一色かと思いきや…!?

VividCar的インタビュー企画、突然決定

 さてさて、皆さんのサーキット走行の迫力に圧倒されていた私ですが、なにかちゃんと取材しないと! というわけで、イベント会場の駐車場に来てみました。さぞかし歴代ランエボがずらり……と思いきや、意外! 輸入車を含めて、実にさまざまなクルマが並んでいました。

 というのも、今回のイベント、すでに購入済のランエボXオーナーにはドライビングテクを磨いてもらい、未購入の方にはこのクルマの性能を体感してもらおう!という意向。ランエボオーナー以外も多数参加されていたとのこと。ということは、こんなに「こだわりのクルマ」に乗る方々が、かなりランエボXに興味を持っている……!? 

 …というわけで、編集長命令で突然企画! VividCar的「ランエボXどうでした?インタビュー」を敢行! 今回は、敢えてランエボ以外のクルマでいらした方を選んでみました。みなさんのインプレッション、採集開始〜!!

 

P1020801_thumb.jpg千葉から参加の寺内さんご一家。今日はファミリーカーですが、実は色々乗ってました…P1020790_thumb.jpgパパがんばって〜!

「実はランエボX持ってます…」元32乗りがエボXを買った理由とは!?

 まず最初にお話を伺ったのは、千葉は習志野から参加された寺内さんご一家。写真のとおり、ランエボXを運転するお父さんを見守る奥様と、1歳半のかわいいお嬢さんの3人で参加。

 これまで、ポルシェ911やR32GT-Rを乗り継いできたという寺内さん。なんと、BNR32は千葉1号納車。車体番号はなんと400番台だったとか! そして実は、ランエボXもすでに購入済で、3週間前に納車されているとのこと。どうしてGT-Rじゃなく、ランエボXにしたんですか?
の問いに「GT-RとインプレッサStiも検討したんですが、全体的なパッケージや、特にツインクラッチSSTが気に入って」とのお答え。なるほど!ランエボXのクラッチは気持ちいいですものね。

 今回の感想をお聞きすると「いつも家族一緒に乗るので、街乗りモードがけっこう使えます」。では今回、スポーツ走行してみてのご感想は…?「コーナリングがピカイチ!全然ケツが出ない!」とのこと。普段使いとスポーツと、1台で2度おいしいということで。

 イベントについて伺ったところ、なんと10年ほど前に、ご自身もこのようなドライビングイベントを主催されていたとのこと。「実はその時にも中谷さんに講師をお願いたんですが、今の方がずっと良くなってますね(笑)」とのこと。今回は純粋に参加者として楽まれたようです。

 

P1020802_thumb.jpg秋葉原から彼女と一緒に参加の斉藤さん。本日のクルマは、友達から借りてきたというS2000!

エボX、9月に衝動買い済…「クルマ仲間に鼻が高い!」

 お次は…若者です! 斉藤さんはなんと24歳! 嬉しいですね、今どき貴重かもしれない?クルマ好きの若者〜。なんでも、18歳の時に、ラーメンドライブ(笑)で友達のインプレッサに乗せてもらって以来のクルマ好き。さて自分はナニを買おうか…?と思った時、GT-Rは高いし、インプは友達とかぶるし…で、ランエボVIIをチョイスしたとか。
 そんな感じで選んだランエボでしたが、今回のランエボ復活の話を聞き、9月に衝動的に発注、すでに納車ズミ。乗ってみて「やっぱりあの時ランエボにして良かった…」と感じたそうです。いや〜、愛ですね〜!

 エボXについての感想は、まず「スポーツ+オートマ」というマルチな走りが良い!街中で走りやすい!というオーナーならではのご意見。というわけで、新機能のSSTを非常に高く評価されていました。
 そして今回のイベントについては、「座学、特にメカニカルな話が楽しかった」とのこと。また「今回のランエボXのようなまったくの新型車はメーカーとしても不安が大きいものだと思うけど、それを堂々と一般の人に試させるなんて、三菱の自信と、クルマ作りへの本気度が伺えて、オーナーとして鼻が高いです!!」と、これまた愛のあるご意見! 三菱自動車さん、いいクルマ出してホントによかったですね♪

 

P1020808_thumb.jpg相模原(遠い!)から参加の関さんご夫妻。ばっちりドレスアップされたBMW Z4でご来場!お二人ともおしゃれです!

サーキットも大好き!「HOTなランエボには、昔から興味がありました」

 さてさて、次に目に留まったのは、かなりおしゃれな関さんご夫妻! 私の理想とする「夫婦でカッコよくオープンカー」というスタイルを実現されていらっしゃいました…素敵。ご主人の走行中、ずーっと見守る奥様…クルマ好きならば、誰もが憧れる夫婦像です〜。

 お話を伺うと、ご主人は以前デリカに乗っていらして、三菱車はGSRサファリの頃からお好きだったとか。去年の夏に今のZ4を購入したばかりので、ランエボXは買えないけど、乗ってみたかった! こういうイベントで、その希望が叶って嬉しかったとのことです。

 ……で、乗ってみていかがでしたか? 「いいね! コントロールが簡単というか、コーナリングの危なさがない。パワーフィールも充分! なんていうか、感覚が違う。曲がるんだよね!」と、ドライビングをしっかり楽しまれたようです。なんでも、サーキット走行が好きで、富士の走行会などにも参加されているとのこと。スポーツ走行が好きな方も楽しめる、とお墨付きでした!

 

P1020820_thumb.jpg東京から参加の吉野さん。ロータス、駐車場でかなり目立ってました…私も欲しい〜!

「初めて"オートマ"に乗りました(笑)」

 さてさて、駐車場で私が釘付けになったのは、こちらの吉野さんのロータス・エクシージ!ハードです!かっこよすぎです。 ロータスはもう3年乗っていらっしゃるそうです。これまで、フェラーリも乗ってきたとのことなのですが、「でも、こういうクルマも楽しそうで、嫌いじゃないんだよね」と興味を持って応募されたとか。

 「昔はカートレースをやってましたが、サーキットはあまり走りません」という吉野さん、ランエボXはいかがでしたか? 「乗りやすい! オートマというか、クラッチのないクルマは実は初めて乗ったんですが、ラクですね。で、操作早いです。……なんか横着してるみたい(笑)」と、ファミリーカーとしても使えそうだというご感想。スポーツ走行については「飛び出さないから、怖さがない。サーキットというよりは、峠なんか走るといいかも!」とのことでした。

 

P1020828_thumb.jpg最近大阪から引っ越して来たという松田れいさん。大阪では赤の、東京では黒のロードスターに乗ってます♪

元レースクイーン美女も参加!「ワタシ的に限界走行できました!」

 さて、ここまでご紹介した中には、カップルやご夫妻もいらっしゃいましたが、皆さんご主人や彼氏と一緒に来ただけで、ドライビングは見学という形。そんな中、一人だけいらっしゃいましたよ、女性参加者! それも、かなりの美女!!

 それが、現在横浜にお住まいの松田れいさん。お話を伺ってナットク、なんと彼女はレースクイーンなどを務めたこともあるフリーのモデルさん! しかも、かなりのクルマ好きで、趣味はレース観戦とミニカー集め! 「今150台ぐらい持ってます♪」とのこと。さらに、今回の参加動機「憧れの中谷さんに会えるから」(たしかに、最後に、ツーショット撮ってもらってました)…うーん、正直でいい子です。

 で、クルマはいかがでしたか?「私のような初心者にも扱いやすかったです。ステアリングが重くなくて…」と、素直なお答え。今日のドライビングについて尋ねると「まだまだだとは思ったけど、今日は自分の中での限界で走れたのが嬉しかった!」と、ホントに嬉しそうに話してくれました。「今はロードスターが大好きだけど……もしツーシーターに乗れない状況になったら考えます」ですって!

 今回のイベントで、スポーツ走行がとても楽しかったそう。サーキットでビューも間近かも!?ちゃーんとこのミーティングのレポートもしっかり載せているので、中谷さん目当てだけではない人だと思います。 「よかったらHPに遊びにきてください!」とのこと。ぜひ、よってみてください!松田れいオフィシャルサイト

 

乗ってみないとわからない! こういうイベント、もっとやって〜!!

 参加者の皆さんのお話を色々伺って、こういったクルマの特性を生かした試乗会というものが求められていたんだろうな……と感じました。「ドライビングの興奮」とかなんとか、カタログでいくらカッコいい言葉が書いてあっても、乗ってみないとわからないものなんだと思います。かく言う私も今回は自分で乗っていないので、次の機会には必ずや〜!と野望に燃えているところです。

 今回講師を勤められた中谷氏のお話にもありましたが、こういうイベントがきっかけになって、海外メーカーのようにドライバートレーニングプログラムを充実させていただきたいものです! もしそんなプログラムができたら、私も参加して、サーキットデビューしたい……なーんて、サーキットとハイパフォーマンス車に憧れてしまった一日でした。

 

writersFace.gif