Headline

more.gifホット!

オートサロン、その不思議なカルチャーを読み解く!

東京オートサロン2008分析

[ PR ] 趣味を仕事に変える! そんなの無理だと思っていませんか?

小沢コージとCE.Oguraによる緊急対談! 

 チューニングカー系だけでなく、レース関係者から、新車マスコミまで惹きつけてやまない東京オートサロン。もはや完璧に新春のギョーカイ風物詩となった感もあり、本サイトの名物CE.Oguraと小沢コージもやっぱりやってきた。
 そこでの雑談から突如始まったこの新春スペシャル対談! 当初のヴァイオレンスムード溢れる走り屋系イベントから、正規のモーターショーでは行えない“ホンネのショー”あるいは“ウラ東京モーターショー”へと変貌しつつあるこのイベントを、果たして一般のクルマ好き、あるいは一般家庭はどう捉え、どう楽しめばいいのか?

P1040061small.jpgオートサロンってそもそもなんなんだろう?

 

P1040063small.jpg新型GT−Rは確かに多かったが…P1040139small.jpgレクサスの方が多かったような気がする

オートサロンとまた距離をとり始めたGT−R

Ogura ふぅ、やっぱり今年も来ちゃったね。オートサロン。正直、VividCarにふさわしいイベントかどうか悩むところもあるけど、クルマ好きとしては来ざるを得ないんだよなぁ。毎年、必ず新しい動きがあるから。
コージ 言えてる。正直、オレもオートサロン流に自分のポルシェをイジろうとは思わないけど、それでも来ちゃうんだよ。なにかを見に。
Ogura 一応、今年のざっとした総括をしちゃうとやっぱりクルマはGT−Rが多かったね。当然と言えば当然で、そもそも89年に生まれたR32スカイラインGT−Rは、過去の東京オートサロンの最大のヒーローだったんだからさ。
コージ 確か90年代後半、R33GT−Rをオートサロンで新車発表したくらいだからね。でも今回のGT−Rはメーカー的にはオートサロンとすっぱり決別したと言えるね。なにしろオフィシャルで480馬力をたたき出して、チューナーにはリミッター解除できないようにプロテクトしたっていうのが売りなんだからさ。
Ogura とはいえ一部チューナーは既にナビをコントロールして480馬力を開放したって話もある。
コージ 日産は否定してるけどね。そういうウワサは尽きないでしょう。それよりオレが思ったのは今年はレクサスLSのVIPカー系、つまりチューニングカーが多く目についたってこと。やっぱり本気でイジり倒すには1年はかかる。一昨年発表されて、今年なんだよ。
Ogura おそらくこの日産GT−Rが本当にチューナーの手の内に入るのは来年だろうね。それは予告しておくよ。
コージ 言えてる。

 

P1120230small.jpg海外展開色が強かったHKSP1040080small.jpgギャラン・フォスティス、ローライダーP1040075small.jpg遂に今年、ランエボのWRC仕様がそのヴェイルを脱ぐ!

海外進出できないチューナーはヘタすると…

コージ とはいえ今年はハードなチューンがますます少なくなった気がする。確か一昨年か、ヴェイルサイドが撤退したんで有名だったけど、RE雨宮とかもほとんどキャラクターを売ってるイメージ。本気でチューニングパーツを売ってる匂いがしてこない。
Ogura 既にオレが原稿に書いたけど、HKSとか、もはや海外を相手にしているよね。チューニングのベース車もGT−Rももちろんあるけど、ポルシェとかハマーとかさ。今回はアウディR8も置いてあった。
コージ ますますのグローバル化だよね。というか新車同様、パーツも世界を相手にしなきゃやってられないし、そもそもそっちのが魅力が大きい。利潤もデカいし。
Ogura 今後はそこがチューナーの分かれ道だろうね。海外に出ていけるところは成功し、国内に留まっているところは苦しむ。まさしくグローバル化。
コージ それは俺達にもいえるんだよなぁ。英語ができないジャーナリストはヘタすると死ぬ。なんだかんだ清水和夫さんとか凄いからさ。おお、おれもがんばらねば。シャレになんないよ(苦笑)。
Ogura とはいえ今年の三菱は凄かったね。ギャラン・フォルティスのローライダー仕様でしょう。メーカー系の中では、一番切れてた気がする。そのほか新ランエボのWRC仕様も、昔のランチアっぽい4連ヘッドライトが超カッコよかった。使えるディテールは惜しげもなく使ってるって感じ。
コージ ぶっ飛んでたよね。ま、パリダカが中止になってヒマになったから…ってのは冗談としても不祥事から復活しつつある三菱が、一番がんばってるのはよく分かる。逆に、トヨタも日産もホンダも押さえ目で、ブースもみんなクールにまとめてた。
Ogura それから私見だけど、今回はインテリアに凝ってるクルマが多いと思ったな。三菱はもちろん、イキでイナセな人は昔から裏地に凝るってのが常套手段だからさ。江戸時代の火消しなんては鹿皮のシブイ袢纏の裏地が絢爛豪華だったりしたんだって。


 

P1040147small.jpgこれももうひとつのオートサロンの顔P1040179small.jpgこちらも凄かった三菱P1120334small.jpgこちら、レベル超高いです

意外に女性を相手にしたものも多かった?

コージ なるほどねぇ。あと今年は意外と女性ユーザー狙いのものも多かった気がする。確か同じく三菱で、女性スタッフが開発したアウトランダーが置いてあったし、トヨタのカローラ・ルミオンは岩佐真悠子ちゃん仕様でしょう。
Ogura イワマユね。なんで彼女なのかってちょっと思ったけど。
コージ 去年はキムタクの“武士の一分仕様”だったからね。まあイワマユも男性ユーザー受けってのもあるかもしれないけど、それ以上に女性ユーザー狙いって気がする。実際、ホワイト白壁クンによると、今、女性だけの走り屋チームってふえてるんだって。
ホワイト そうなんです。先日、走行会を見に行ったら、女性ドライバーが多いんで驚きました。彼女達、自分で軍手してジャッキアップして、本気でタイヤ運んだり、履き替えたりしてるんです。
Ogura ホントかよそれ。ちょっと取材しなきゃいけないよなぁ。
コージ だから下火になった下火になったっていわれるチューニング文化だけど、やはりなくならないところはあるよね。
Ogura 言えてる。
コージ チューニングの魅力、ヤンキーテイストって根強いんだよ。クルマ好きにとっての根源的魅力だし、ああいうのはメーカー自らやれないし、どうしてもオートサロン的存在はなくならない。
Ogura 言えてるね。あとはショーアップも。
コージ そうそう、プレスディ初日、午後1時からいきなりライブ会場と化したのにはびっくりしたな。特に凄かったのが三菱。ミニスカのコンパニオンがまさしくショータイムのようにいきなり踊り出すんだもん。
Ogura 女の子のレベルの高さにもびっくりよ。オレは個人的に右端のコがすごい気になった
コージ 釘付けになってたもんね。このテイストも永遠だよ(笑)。

 

writersFace.gif


関連記事タブ

minimach.jpg*2008/01/11VC流オートサロンガイドその1 まずはGYバックをGET!東京オートサロン2008、プチお得情報。

P1040616_thumb_thumb.jpg*2008/01/11VC流オートサロンガイドその2 超必見! 自動車サッカー東京オートサロン2008、プチお得情報。

富士SW-1 08-10-14smallsmall.jpg*2008/02/08バンカー前嶋の脱サラGTーR日記3 彼はその時「マセラティ売ってGT−R買おうよ!」と言った

芦ノ湖-1smallsmall.jpg*2008/02/06バンカー前嶋の脱サラGTーR日記2 マエジマ、行きまーす! の巻

GT-R オートトレーディング smallsmall.jpg*2008/01/25新連載バンカー前嶋の脱サラGTーR日記1 私はなぜコレを買ったのか?

アミューズフロントスポイラーsmall.jpg*2008/01/18オーナー特派員スペシャルレポート GT−Rチューン最新事情東京オートサロン2008分析