Headline

more.gifエンスー!

VOL3  儲からなくてもいい!? 蔵でフェラーリを売るいわきのクルマソムリエ 後編

「これからは愛と個性があるクルマ屋さんじゃないと!」と主張するバラエティ自動車ジャーナリスト、小沢コージが全国で見つけたユニークスタイルのクルマ屋さんをご紹介する新連載。3回目は福島県のいわきで見つけた「蔵でフェラーリを売る男」、長谷川さん。見た目以上に硬派かつナイスなアグレッシヴな男でっせ〜!!

[ PR ] 趣味を仕事に変える! そんなの無理だと思っていませんか?

IMG_0156small.jpg蔵は本物、地震が来てもビクともしないぜ。〒970-8026福島県いわき市平五町目6-1 Tel0246-22-8778もしくはporta rossa auto garerriaまで

 

 

IMG_0126small.jpgお店のコーヒーはこだわりのサイフォン式。「コチラの方がドリップ式より味が安定している」とかIMG_0131small.jpg実は隣はコーヒーショップ。IMG_0133small.jpgこちらもかなりのこだわりの店。いわきはマニア度が高いのか…

思いついてパーツをオークションで売ったら200万円の儲け!

 しかし、何事も極めるとなにかがわかるもの。ハタチから毎年数100万円も使ってクルマ趣味に入れ込みまくっていた長谷川さん。24才の時にふと気づいて、倉庫に眠ってたGT−R用のタイヤや、RX−7用のホイールをネットオークションで売ってみたところ、500万円も売り上げ、<200万円も利益を出してしまう。このインターネットの時代、上手くやれば物欲とビジネスを同時に満たせることに気づいてしまうのだ。
 ちょうどそろそろモータースポーツやサラリーマンにも限界を感じていた時だ。思い切ってそれをビジネスに出来ないかと思案し始める。そして脱サラし、自宅を手伝いつつも編み出したのが、カーショップによる中古品仕入れである。これがなかなかの機転と発想なのだ。

 まずは良質の中古ホイールやオーディオなどのパーツがあればネットで高値で捌けることはわかっていた。しかし、中古品は仕入れが難しい。そこでオートバックスなどのカーショップに行き、新品ホイールやナビの前で、購入を迷っている若い男に声をかけるのだ。

「ねぇ、ホイール買い換えるの? なんだったら下取ろうか?

 なんとも絶妙な手法である。当時、中古品をネットでさばくなんてことが常識でなかった時代。かなりの確率で安値で下取れた。なにしろ現場で数万の現金をちらつかせるのだ。物欲に弱い若者は一発で落ちた。

 そして長谷川さんは、27才頃までにかなりの自己資金を貯める。
 
 

 

IMG_0148small.jpg『エステティックサロンHANA』福島県いわき市谷川瀬字双藤14-1
0246-25-9005 http://www.hana-epi.com/
IMG_0164small.jpg湯本駅駅前の『もんじゃ屋 まめてっぽう』福島県いわき市常磐湯本町天王崎1-9 0246-43-0707 夜は毎日サラ洗ってます!!IMG_0180small.jpg若きいわきの経営者、長谷川元。応援してやってくれ〜い!

クルマは一生、好きで売っていたい…

 27才でいざ本格独立&開業、と思っていた時だ。ここでの長谷川さんの英断は、一番好きな仕事を本業にしなかったことだ。まずは上がったお金で飲食店、つまり焼き肉屋を始め、次に29才でエスティシシャンだった彼女をサポートし、エステティックサロンを始める。

 そしてそれらは見事に当たる。しかしそれは当然と言えば当然、毎日土日無しで、ろくに夜も寝ないで働いたのだ。結果、自身24才頃には念願のポルシェ911、去年、初めて中古のフェラーリ512Mを手に入れる。

 さらに今や焼き肉屋は一部キムチの通販ぐらいしかやってないが、今年はもんじゃ屋も始め、年商数1000万円の売り上げを上げる青年実業家となるのだ。

 しかし、なにより長谷川さんが偉いのは、いつでも初心忘れるべからずと毎晩仕事が終わってから、夜中12時までもんじゃ屋で皿洗いをすること。要するに人間儲けるだけじゃダメ。マインドが大切だと知っているのだ。

 そして昨年末、クルマ屋は儲からなくてもやり続けていたいと、自分の理想像を思いっきり詰め込んだporta rossa auto garerriaを市内にオープンするわけである。

 確かにニュービジネスはそう簡単には上手くはいかないもの。が、「いわきには密かに東京までポルシェやフェラーリを買いに行っている人がいる」という事実と、長谷川さんのパワーと心意気があればきっと上手く行く! 不肖小沢は密かにそう確信しているのである。