Headline

more.gifエンスー!

モダン・アルファロメオの原点!【ALFA 164 Q4】

お買得で、ホットで、ちょっとエンスー!そんな狙い目USEDCARを、自動車ジャーナリスト森口将之氏がディープに紹介!名付けてネオヴィンテージカーガイド。今回はモダン・アルファロメオの名車「164 Q4」が登場!お得な読者割引特典も付いてマス!

[ PR ] 趣味を仕事に変える! そんなの無理だと思っていませんか?

【解説編】レアなアルファ製3リッターV6が味わえる

sized_P1040785大.JPG

 

 

sized_P1040800.JPGフロントアンダースポイラーはFFの164よりも大型で、Q4専用アイテム。sized_P1040815.JPG全体的な雰囲気はスポーツ心があるスパルタンな印象。レザー製のスポーティなバケットシートが装備される。

モダンアルファの原点。アルファロメオ164

 アルファ・ロメオ164は、アルファがフィアット・グループ入りした1987年にデビュー。しかも市販モデルでは初の横置きエンジン前輪駆動だった。いまのアルファの流れを作ったクルマといえるのだ。
 ただしゼロからの新開発ではなく、プラットフォームは同じクラスのランチア、フィアット、サーブと共通。それでもスタイリングは、他の3台がイタルデザインだったのに対して、164だけはピニンファリーナが担当して差をつけていた。インテリアも含めて、イタリアンモダンテイスト炸裂のスタイリッシュな造形が与えられたのである。

 エンジンは4気筒はフィアット製もあったけれど、V6はアルファオリジナルの3リッター。日本仕様はこのV6だけだった。当初のエンジンはSOHC12バルブで、4速ATと組み合わせた185ps仕様のほか、5速MT専用で200psのクワドリフォリオもあった。クワドリフォリオとは幸せのシンボルとして知られる4つ葉のクローバーのこと。アルファは昔からレーシングカーのボディにこのマークを描いて、勝利の女神としていた。その流れでスポーツモデルにこの名が与えられたのだ。

 

sized_P1040796.JPGアルファロメオ製の3リッターV6DOHC24バルブエンジンは、FFの210psに対しQ4は230psまでパワーアップ。
sized_P1040809.JPGレッドゾーンは7000rpmから。スピードは260km/hまで刻まれる。コックピットで聞くアルファサウンドも最高!

伝統の4つ葉のクローバーを冠した4WDの最強版、Q4

 その後164は92年にマイナーチェンジ。V6エンジンはDOHC24バルブに進化し、パワーはATでも210psをマークした。そしてクワドリフォリオの後継車として、2年後にデビューしたのが今回紹介するQ4だ。車名はクワドリフォリオ+4WDという意味。エンジンは230psにパワーアップし、164初の6速MTと、「ビスコマティック」と呼ばれる4WDシステムをドッキングさせていた。
 電子制御のビスカスカップリングをセンターデフと組み合わせて前後のトルク配分を積極的に変え、FRっぽいスポーティなドライビングを実現するという、凝りに凝ったこの4WDシステムは、なんと164Q4専用設計。しかもそのために、プラットフォームの一部を作り変えるという大手術まで敢行していた。おかげで価格は690万円と、FFのATより120万円も高かった。
 たとえフィアット・グループに入っても、アルファらしさは健在ということを、コスト度外視でアピールしたモデルだったのだ。

 

1【解説編】レアなアルファ製3リッターV6が味わえるnext >>

2【購入ガイド編】貴重なQ4は見つけた時点で押さえるべし!


writersFace.gif