Headline

more.gifホット!

Vol.4 人もクルマもギャップが魅力? アラフォー世代の燃えるレーサー、野田英樹さんの巻(後編)

世界中のレースをほとんど経験し、華やかさと苦悩を味わいながら、今もチャレンジし続ける野田英樹さん、39歳。天性のレース勘とアラフォー世代の経験値を武器に、こだわりレーサー人生を生きる野田さんの、ハードな仕事ぶりとスウィ−トな内面(?)をクルマとワンコに見た!

取材協力:パピーズダイニング(Dog Cafe)

[ PR ] 趣味を仕事に変える! そんなの無理だと思っていませんか?

DSC_0102.jpg今回の犬好き:レーシングドライバー、野田英樹(のだひでき)。3歳からカートに乗り、13歳でカートレースデビュー。翌年いきなり優勝し、18歳でフォーミュラーカーレースの世界へ。19歳で全日本F3参戦、21、22歳にイギリスF3で3勝者となる。23歳には国際F3で日本人初優勝。同年、F1スポット参戦し、翌年フル参戦を期待されるも、スポンサーの阪神大震災被災で夢叶わず。その後、舞台はアメリカへ。渡米2年目にはインディ・ライツで優勝を果たした。29歳で帰国、フォーミュラ・ニッポンとスーパーGTに参戦。34歳で自分のチーム「チームMOHM」を立ち上げ、フォーミュラ・ニッポン参戦、36歳でその年スタートしたA1グランプリにも参戦。37歳、38歳で、これまた新たに始まった全日本スポーツカー耐久選手権に参戦、今年はル・マンシリーズにフル参戦している。

 

DSC_0054.jpgDSC_0031.jpg

あらゆるレース経験がモノをいうル・マンで勝負!

由美:イギリスでの活躍を経て、いよいよF1に参戦したんですよね!はじめて出場したときはどんな気持ちでした?
野田:ここまで来たか、これでF1で戦えるって思った。
由美:その後、インディに行ったり、日本でもレース活動されて、今年は「ル・マン」シリーズにフル参戦だったんですよね?最終戦を終えてのご感想を!
野田:もともとわかっていたことではあるけど、今年は来年のための1年だと思って戦ってきた。レースは予算がすべて。それで携わる人や、使うマシン、エンジン、タイヤ、すべてが変わる。勝てるチームは勝てる体制なんだよ。あとは信頼関係。今年は、実績を残して人脈作りをしてきたんで、来年はステップアップしたいね。
由美:じゃあ、来年も海外で?
野田:もちろん。「ル・マン」24時間レースで勝ちたいから。
由美:どうしてル・マン?
野田:F1、インディとやったら次はル・マン。世界三大レースだから。それに耐久は、いろんなことが起きるから、経験がモノをいうところも魅力。
由美:なるほど!アラフォーの経験値にものをいわせる!(笑)でも実際、体力的な部分は大丈夫なんですか?
野田:体力はもちろん必要だからトレーニングはやってるよ。トレーニング量は20代より増えたね。っていうか、20代前半はトレーニングなんてやらなくてもOKだった(笑)。今も体力は維持できているし、いつか乗れなくなるとしたら、体力より視力の問題だね。
由美:さっすが頼もしいっ!全国のアラフォーに勇気を与え続けてくださいませっ!

 

DSC_0077.jpg愛車:ダッジ ラムバン 2000年式 5.7L(02年製造中止)カスタマイズ:ボディカラーつや消しブラックに、オーバーフェンダー、飛び石傷防止用ノーズブラ(アメリカで流行中!)、タイヤなどDSC_0083.jpgノーズブラ装着で、ますます迫力アップ〜P1070350.jpgこんなところにワンコのぬいぐるみが…(笑)P1070345.jpg17インチ(!)のモニターはお子さんのため。だからアニメが多いんですって!P1070330.jpg物々しいクルマと、愛くるしいワンコ達…どちらも野田英樹の生き様表現なのですっ!

まるで街宣車!? 実は「ファミリー仕様」なダッヂラムバン

由美:ところで、海外生活のときは、どんなクルマに乗っていたんですか?
野田:いろいろ乗ったよ。チームのクルマとかも。俺、レースも好きだけど、クルマライフも好きなんだよね。自分のクルマを人と違う仕様にするのが好き。
由美:ですよね〜。野田さんのこのクルマ見ればわかりますよ(笑)。
野田:‘そのクルマに合った化粧の仕方’ってあると思うんよ。よりカッコよくとか、より可愛くとかいったのはその人のセンスだし、自然と自分にも似合ってきて、それがカーライフの愉しみでもあるはず。出かけるのが楽しくなれば、自然にクルマを使う頻度も増えるやろうしね。
由美:野田さんのあのラムバンも、確かにファッション的にはハード目でぴったりかな。つや消しの黒ボディだし、フロントにはマスクなんてついているし、でもちょっと怖そうなんですけど〜。
野田:街宣車か!って言われたりもする(笑)。ちょっといかついやろ?
由美:かなりねー(笑)。でも野田さんて、人柄的にはすごくやさしいし、ワンちゃんもこんなかわいい子達だし、こんなに怖そうなクルマ乗ってるって感じじゃないんですけど。
野田:まあね・・・でも実はこれ、ファミリーカーなんだよね。中見る?
由美:わー!プーさんマットやクッションが敷いてある!ダッシュボードにワンちゃんのぬいぐるみまで・・・完璧‘マイホームパパ仕様’じゃないですか!
野田:これねー、もともとは真っ白い普通のクルマやったんよ。それを、知り合いが売りたいっていうから、ちょうど持ってたキャンピングカーが大きすぎて、もう少し小さいクルマにしたいなと思ってたから買ったんよ。
由美:えっ?小さくしてこれ・・・ですか?
野田:うん。こんくらいは広い方がいいでしょ。だって、家族みんなで遊びに行って、狭いところに閉じ込めておくのって可哀想やん?サーキットや海に行っても、横になって寝られると楽ちんやし。
由美:そっかー、家族思いパパの選択だったんですね。それにしても、見た目は街宣車で中はファミリー仕様車なんて、すごいギャップ(笑)。
野田:こいつらも、今はこんなに興奮して吠えまくって元気やけど、クルマに乗ってる時は、犬もみんなビックリするぐらい大人しいよ。
由美:な〜んと!ワンちゃんまで外と内でギャップがあるなんて!
野田:俺もクルマもこの子らも、ギャップが魅力ってことで(笑)。
由美:うまいっ!

 

DSC_0039.jpg

野田さんおススメ!お台場のワンちゃんゾーンといえばここ!

 今回お世話になったのは、野田さんご推薦、お台場のデックス東京ビーチ1Fにあるドッグカフェ「パピーズダイニング」。店内、テラス共にワンちゃん連れOKとなっています。
 野菜を中心の家庭料理をベースしたメニューと、ヘルシーなスウィーツ、そしてワンちゃんのためには健康を考えた専用メニューも用意されています。
 お隣のパピーザワールドとの組み合わせでお得な割引もあり、レンタルドッグ+カフェで、5%オフ、またトリミング+カフェでも5%オフに!
雨の日ランチタイムやバースデイにも5%オフとなるそうです。お台場散策に疲れたら、ぜひ訪れてみて下さい!

パピーズダイニング
場所:お台場デックス東京ビーチ シーサイドモール1F
電話:03-3599-3588
営業日:土・日・祝日/9:00〜23:00(L.O.22:30)
    平日/11:00〜23:00(L.O.22:30)

 

writersFace.gif