Headline

more.gifホット!

VWファミリー大集結!あったかさ満点VWフェスタ2008

[ PR ] 趣味を仕事に変える! そんなの無理だと思っていませんか?

子供も大人も大満足!VWの秋祭り

sized_P1050216.JPG

写真・レポート=VividCar編集部 
 

 

sized_P1050284.JPGTIGWANの本格的なオフロード走行性能を試す「スチールジャングル」が登場。右端に興味深々の女の子が!なんだかホッとします。sized_P1050173.JPGペットフードブランド、ペディグリーチャムのマスコットカー、その名も「ペディグリーバス」。60年代のVWタイプ2バスがベース。ファミリーに大人気。次回このバスに迫る予定!

子供も大人も大満足!2年に一度のVW秋祭り

秋も深まりをみせはじめた、さる10月19日、富士スピードウエイで恒例のVWオーナーの集い、VWフェスタ2009が開かれた。
VWフェスタは2年おきに会さされるVWオーナーのためのイベント。このイベントの特徴はなんといってもファミリーでの参加が多いところ。小さな子供連れの若いファミリーも多ければ、白髪交じりのカップルもいて、コミュニケーションが希薄気味のご時勢にあって、なんだかとてもホッするようなイベントに感じた。

肝心のクルマはパサートVR36やTIGWANといったモダンVWの新車をはじめ、初期型ゴルフなど新旧モデルが多数参加して、こちらもVWが勢ぞろい。ファミリー感がばっちり。エコドライブにスポーツドライビングなど体験走行などのプログラムのほか、TIGWANの性能を知るオフロード特設コースの「スチールジャングル」などVWの持ち味を体感できるメニューに加え、ペディグリーチャムなどペットフードブランドとのコラボ、スキーやスノーボードメーカーのHEAD(なんと雪山が登場)とのコラボなど、ユニークなプログラムが目白押しで参加者もずいぶん楽しんでいた印象。


 

sized_P1050280.JPG欧州仕様では全長×全幅×全高が4,799×1,855×1,417mm、ホイールベース2,711mm。パサートよりも全高で70mmも低く、ロー&ロングのスタイリッシュなフォルムが特徴だ。sized_P1050272.JPGVWジャパンのゲラシモス・ドリザス社長が自らステアリングを握って舞台に登場。スポーティでプレミアムな、新世代のVWを予感させるパサートCCをVWオーナーに日本語でプレゼンテーション。

VWファミリーの前で、堂々の国内発表!スタイリッシュな上級セダン「パサートCC」

中でも、今年の目玉はNEWモデルのパサートCCの披露だろう。VWジャパンの代表取締役社長ゲラシモス・ドリザス氏が自らステアリングを握って舞台に登場。最新モデルの発表とあって、VWオーナーたちも興味深々。派手な登場とともに、日本導入カラーをまとったパサートCCがずらりと揃った。

すでに欧州で導入されているモデルだが、この日、具体的な発売日や価格、スペックなどは公表されなかった。展示されたパサートCCは、最上級グレードと思われ、ウッドパネルとレザーシートをおごったゴージャスな内装で、現行パサートより70mmも低く、後部座席は2座の完全セパレートタイプで、スポーティかつエレガントな装い。おそらく、3.6リッターFSIV6エンジンを搭載したトップモデルの「VR6 4Motion」らしい。

スポーティでプレミアム。そんなあらたなVW世代の到来を感じさせる象徴的なモデルのように感じた。


フォルクスワーゲングループジャパン株式会社


Volkswagen Fest 2008