Headline

more.gifホット!

Vol.6 アジア最速女性? 世界を駆ける主婦レーサー井原慶子さんの巻(後編)

取材協力:CAFE TROIS CHIENS(カフェ トロアシアン)

[ PR ] 趣味を仕事に変える! そんなの無理だと思っていませんか?

DSC_0033.jpg今回の犬好き:元レースクイーン。天性の運動神経と負けん気の強さで、レーシングドライバーに転身。1999年26歳で「フェラーリ・チャレンジ」にてレースデビュー。翌年から舞台を世界に移し、イギリスの「フォーミュラ・ルノー」シリーズ、「フランスF3」、「アジアンフォーミュラー2000」、「フォーミュラ・BMWアジア」、「イギリスF3」と着実にステップアップ。表彰台も数多くゲットし、美貌と速さを備えた、アジア最速の女性レーシングドライバーとなる。2008年に結婚し、主婦レーシングドライバーとして今度も活動を続けてゆく。

 

DSC_0064.jpgマーキング済の(笑)旦那さまのパジェロと共に…DSC_0013.jpgDSC_0132.jpgDSC_0236.jpg

ワンコの就寝時間につき、門限9時半!

由美 さてさて、ワンコが退屈してるみたいなので(笑)
慶子 ルークを飼い始めたのって、私がレースをはじめてから10年間ぐらい海外に出てた途中だったのね。その頃、前の年のレース結果が良かったのにスポンサーが付かないな…って悩んでいたこともあって、そんなときにはルークに癒されたな。
由美 
慶子 レーシングドライバーはオフが大切。だから動物飼ったり、自然に触れたりする人が多い。レースは極度に集中しなきゃならないから。
由美 確かに。レースの集中力はスゴイもんね。私も慶ちゃんがイギリスF3に参戦するときの初戦、イギリスに取材でお邪魔したけど、スタート前なんか話しかけられない感じだったもん。
慶子 そりゃそうだよ〜。勝ちたいもん(笑)。
由美 だよね〜(笑)失礼しました!じゃあ、飼い始めたきっかけは、慶ちゃんのリラックスのためだったのかな?
慶子 違うの。ママが飼うって言い出して、調布のペットショップで買ってきたの。井原家は、完璧にママが主導権握ってるから…(笑)。クルマもそうだしね(笑)。
由美 じゃあ、シーズにしたのも?
慶子 もちろんママがシーズ好きだから。ゴールドブラウンのシーズを探してたら、ちょうど調布のペットショップにいて、ママがお店に見に行った時に「飼ってくれ〜!」って(笑)。しかも偶然にも誕生日もママと同じ。
由美 運命だね〜。そのときルークはどれぐらい?
慶子 3ヶ月ぐらいかな?そのときは体重も1.2〜1.3kgぐらいでポーチぐらいの大きさだった。今じゃ信じられないけど(笑)。クルマで家に連れて帰るときにはブルブル震えてて、でも家に連れてきたら大丈夫になった。ママはそのとき出かけてたけど、ママが家に帰ってきたら、ルークが落ち着いたの。3月の寒い日だったけど、とにかく家の中をホットにして、まさに大歓迎っていう感じ。
由美 車酔いとかは大丈夫?
慶子 ぜ〜んぜん(笑)。とにかくルークは車好き。‘車’っていうキーワードを出すと反応するから。お出かけ好きも私にそっくり!そしてなぜか、男のコとか男の人が好き。その頃、パパは単身赴任中だったんだけどね(笑)。ルークが来てからはもう、ウチの家族は特に両親はルーク中心。
由美 あらら…でもそうなっちゃうよね。ウチもだけど。
慶子 でも、それが極端なの。遅くなったら、実家に泊めてもらえないもん。
由美 ??
慶子 いやね、ルークが21時半に寝るの。だから21時半以降は、ルークに迷惑がかかるから、って家に泊めてもらえない。
由美 徹底してるね〜(笑)。となると、慶ちゃんの旦那サマとルークの関係ってどうなの?
慶子 それが、旦那ちゃんのことは最初からすごく気に入ってねー。おととしの夏ぐらい、初対面なのに1時間ぐらいペロペロ舐めて、熱烈歓迎って感じ。そうすると、旦那ちゃんは舐めるのを止められないからされるがままに…(笑)。
由美 ルークが認めたお相手だったのね〜。
慶子 でもルークったら、そのすぐ後に、旦那ちゃんのパジェロミニに早速おしっこしっちゃって…。今でも乗るときは、2回に1回はファブリーズしてるよ。
由美 あらら…マーキングされちゃったのね(笑)。ルークなりに二人の後押しをしたかったのかもね〜。

 

DSC_0257.jpgDSC_0217.jpg野望は内に秘めて進むタイプなんです

主婦レーサーとして、今後の夢を語る!!

由美 では、慶ちゃんの今後について聞こうかな。目標とか、ある?
慶子 フェラーリ・チャレンジの初戦の時に「国際F3&F3に出る」って目標を立てて、それは達成したのね。実はその時のインタビューでは、「目標は日本のF3出場です」って控えめに言ってたけど、心の中では国際F3に出る!って決めてた。
由美 へー!案外計画的なのね!ビックリ!!
慶子 意外と、不言実行型なの。有言は好きじゃない。期限は設けないけど、達成するまで言わないし。でも夢は別だよ。
由美 どんな夢?
慶子 いくつかあるかな。まずは、ヨーロッパで10年間活動してたから、エコや環境に関して社会が進んでいるって実感したし、経験した。その経験を活かして環境新興国のアジアに向けて活動したい。それから、レースとは対極だけど、インテリアとか、ガーデニングとかを通じて、自分の中でのONとOFFを切り替えることで、仕事の成果が上がったから、社会の中で個人ができる、心を豊にするためのものを作りたいかな。
由美 レースは続けるの?
慶子 やるよ。昨年末もアストン・マーティンアジアカップシリーズの最終戦にゲスト参加するために、中国の珠海サーキットに行ってきたの。今回はチャリティだけど。アジアも好きだから走りたいな。でもドライバーの運転技量を競う、っていうより、エコの車の開発をして、将来はル・マン24時間などで証明できればいいな、と思ってる。そして、これまでは自分の目標達成のためにがんばってきたけど、そこまで行くのに助けてもらった人たちに還元できればと思うから。
由美 そう考えるようになったのは、やっぱり結婚がきっかけなのかな?
慶子 結婚してから気持ちに余裕ができたのは確か。レースは常にひとりだから。レースはいくら安全といっても、危険だし、緊張もする。レースをやってるときはレースに集中するけど、結婚したらパートナーに心配させないようにしないとね。だからフォーミュラのレースはもうやらないかも。正直、F1は乗ってみたかったけど、その夢は叶わなかったな。
由美 私も、すごく期待してたんだけどさ。
慶子 運命とか、時代背景なんていうのもそこには絡んでくるから。でもF1は最先端の技術が搭載されていて、スピードも高い。Gもかかるし、体力もいる。人間の進化より、車の進化のほうがずっと早いんだよね。正直、女性がF1に乗るのは難しいよ。日々のそういった進化もそうだけど、女性っていうこともあるし、体力、筋力、年齢もね。イギリスに住んでると、F1やF1のに乗る話もチラホラあったりしたけど…。
由美 それだけ大変な世界だっていうことだね。でも環境とレース、2つの対極にあるものにあえて挑戦、なんて素敵だよね。お互い、自動車業界盛り上げるためにがんばろっ!!!

 というわけで、これからも世界を股にかける井原慶子さんの活躍は、個人ブログ「井原慶子のすっぴん世界転戦記」でチェックしてくださいねっ!

 

DSC_00006.jpg住宅街の居心地のいいカフェです♪DSC_0321.JPGランチはボリュームがあっておいしい!

今回のお店情報〜!

 では最後に、今回お世話になったドッグカフェ「トロアシアン」のご紹介です!府中の杜公園にほど近い住宅街の中にある、小さなカフェ。テラスつきの店内では、ワンコ達が自由に歩き回っています。
 ワンコメニュー、ドリンクの他に、ランチも充実!けっこうボリュームがありましたよ〜。住宅街だけに、ご近所のワンコ情報はほとんどご存知(笑)のオーナー夫妻と看板犬ノワが、あたたかく出迎えてくれます。地元にこんな店があったら、ぜったい通っちゃう!府中の杜公園のお散歩後にもどーぞ!

ドッグカフェトロアシアンcafe TROIS CHIENS
東京都府中市緑町1-31-4【地図】
Tel:042-405-1064
最寄り駅:京王線 府中駅 徒歩10分
営業時間:日〜水 11:30〜21:00、金・土 11:30〜21:00
定休日:11:30〜21:00
駐車場:あり(1台)
わんこメニュー:あり

 

writersFace.gif