Headline

more.gifホット!

驚異のカーアクション!8月公開『トランスポーター3 アンリミテッド』緊急座談会

8月15日(土)公開のアクション映画「トランスポーター3」。天才運び屋にしてジェームスボンド並のタフ&クールガイ、フランクが、マルセイユ、ミュンヘン、ブダペスト、オデッサと、ヨーロッパを愛車アウディで縦横無尽に駆け抜ける。リュック・ベッソン脚本のド迫力カー&ファイトアクションによる話題のシリーズ最高傑作をいち早く編集部がチェーック!

文:Vividcar編集部
配給:アスミック・エース

[ PR ] 趣味を仕事に変える! そんなの無理だと思っていませんか?

まだまだ「クルマ」の魅力は終わらない…

top.jpg

 

P1010993.gif小沢コージ氏と編集部も、映画の好影響に期待!!TP3NUKI.0084.jpg"主役"のアウディA8は、S8のエンジンを積んでいるという設定。音もド迫力!TP3NUKI.0045.jpgオンロードもオフロードも爆走!サブ3.jpgこの腕輪が、今夏員「特別ルール」だ!

「トランスポーター3 アンリミテッド」…この疾走感は凄い!

小倉:いやー、面白かった!! いわゆる格闘シーン、アクションも確かに凄いけど、それ以上にここまでカーチェイスにこだわってる映画は今どき珍しいかもしれない。さすがはリュック・ベッソン脚本だけある。

コージ:一番のキモとなる「クルマから20m以上離れられない」ってのは多少ゴーインだけどいいよね。ホントにクルマ好きが撮ったって感じがする。

慶子:私はアウディ一台あればなんでもできる気がしてきちゃいました(笑)。最初から最後まで、一気に突っ走った、って感じ。個人的には服を使っての殺陣には、かなりときめきました!!

小倉:どんどん脱いでくストリップ・ファイトは、女性にはたまらないのかもね(笑)。やっぱりヨーロッパ、女性もセクシーなのよ。一方的な男性目線じゃない。ファッションにしても、007がトラッドなら、こっちはラテン系の自由なおしゃれでさ。腕時計気になったな…こだわってるよ。

コージ:根本的にはフランス映画なのに、まったく難解じゃないのがすごいと思う。単純に見て楽しめるって、エンターテインメントとして重要なことだよ。フランス映画っていうより、今はもう「ユーロの映画」って捕えた方がいいのかも知れないけど。

小倉:確かに。同じクルマを扱ったフランス映画でも「TAXI」と違うのは、そのへんのグローバルな感覚かもね。全編英語だし、出演者も世界中から集めてる。主役のクルマがアウディってのも、すごいリアルじゃない?

コージ:見事に世界の自動車業界のパワーバランスを描いてるよ。実際、フランスでも、今どきの金持ちはアウディとかベンツに乗ってるからね。プジョーやルノーじゃなく(笑)。

 

TP3NUKI.0112.jpg方輪走行シーンは、改造を加えた車で撮影されたTP3NUKI.0002.jpgフランス車は、プジョーが地元警察車両でちょっと出演…ルダコワ.jpg"リアルな女"ヴァレンティーなを演じるのは、新人のナターリア・ルダコワ。

キーワードは「リアル」…ヨーロッパはやっぱり大人だ!

慶子:ストーリーや内容はどうでしたか?

コージ:主人公の立場からして、善でも悪でもないのがいい。そこになんともいえない人間臭い魅力があってさ。ハリウッド映画にありがちな、「アメリカ的正義」とかじゃなく。

小倉:臭いものにフタをしてないのがすごいよね。ドラッグとかって、アメリカ映画じゃ絶対あんな風に出せないんじゃない?「イビサ」って言った時点で「もしや?」と思ったけど、あんなにストレートに見せるとは!

コージ:ネタバレになっちゃうからあまり言えないけど、まあ環境問題とかを取り上げているところとかはお利口さんな感じだけどさ、それ以外はけっこうきわどいことも平気で見せるのが、やっぱ大人な感じがする。

慶子:私は、ハリウッド映画とは違う、シブい派手さが好きでした。かっこいい!

小倉:たしかに、やたらとCGを使ったアクションではないよね。だから全然嘘くさくない。この辺はフランソワ・トリュフォーの流れを汲んでるのかも知れないけど。

コージ:そういや、あの女優もさ、ハリウッドの完璧美女とは違って、めちゃくちゃ生々しい女だよね。その辺にいそうだもん。っていうか実はあの子、リュック・ベッソンがニューヨークでナンパしたらしい(笑)

小倉:ホント!? やるなあ。さすが世界のリュック・ベッソン!

 

TP3NUKI.0046.jpg欧州自動車業界の均衡を今まさに破ろうとするアウディと、牙城を守るメルセデス・ベンツの闘いTP3NUKI.0057.jpg惜しげもなく飛ばします!TP3NUKI.0077.jpgそして惜しげもなく沈めます!危機一髪シーンの連続!

ヨーロッパを走れば、クルマ観が変わる!

コージ:それにしても、カーチェイスシーンのアウディVSメルセデス・ベンツって、業界的にリアルすぎるかも。まさに世界の販売動向が映し出されてる(笑)。

小倉:そうか、コージちゃんは毎月ドイツに走りにいってるんだっけ。

コージ:ドイツを中心にヨーロッパを走ってると、マジな話、クルマ観が全然違ってくるよ。

小倉:やっぱり道とか快適?

コージ:道ももちろんそうだけど、日本にいるとさ、もう自動車なんてなくなっちゃうんじゃないだろうか…って思えてこない? とにかくクルマにネガティブになってくる。でも、ヨーロッパにいると、そんなこと絶対思わない。ものすごく生活に根づいてる。クルマなしなんてあり得ない。この前、フランスのル・マン24時間耐久レースも見に行ったけど、出場台数とかほとんど変わってないんだよ。この経済不況にもかかわらず。

小倉:ヨーロッパは日本みたいに臭い物に蓋をしないからね。やりたいものはやる。それとリュック・ベッソンってホントにクルマ好きだし、カーアクションの凄さを本当に理解してるんだろうなぁ。

コージ:クルマそのものが魅力的で、カーアクションがひと目を惹くってってわかってるんだよ。改めて、クルマの魅力に気づかされた。まだまだこの業界は終わらないね。

慶子:リュック・ベッソンは、夏にもうひとつ来る「ゴー・ファースト 潜入捜査官」でもカーアクションがすごいらしいですよ。アウディやポルシェ、BMWとか、高級車のカーチェイスシーンがガッツリあるみたい。

コージ:あ、ちなみにそれオレも解説書いてます(笑)。けっこうすごいよ。こういうの見ると、またすぐあっちで走りたくなるよね。

小倉:いいなあ!俺はとりあえず、この夏は映画でイメトレするか…。

 

2.jpgこのド迫力&ドライヴ感を、ぜひ映画館で!

VividCar読者5組10名様を、試写会にご招待!!

「トランスポーター3 アンリミテッドの公開に先駆け、VividCar読者5組10名様を、試写会にご招待!!

■『トランスポーター3 アンリミテッド』一般試写会
日時:8月3日(月)18:00開場/18:30開映
場所:一ツ橋ホール(東京都千代田区一ツ橋2-6-2)
応募方法:一番下の応募フォーム<リンクから応募してください。当選者にメールでご連絡を差し上げ、改めてご住所等を確認させていただきます。
応募締切:7月15(水)18時まで



トランスポーター3 アンリミテッド
2009年8月15日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー!

公式サイトでも情報をチェック!

製作・脚本:リュック・ベッソン 
監督:オリヴィエ・メガトン、ロバート・マーク・ケイメン
武術指導:コーリー・ユン
出演:ジェイスン・ステイサム『トランスポーター』シリーズ
   ロバート・ネッパー「プリズン・ブレイク」
   フランソワ・ベルレアン『トランスポーター』シリーズ
   ナターリア・ルダコワ
日本語字幕:林完治
配給:アスミック・エース
2008年フランス/1時間43分

 


関連記事タブ

アル2_サブ1.jpg*2009/08/17マジ跳んでます!超絶アクション映画『アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ』で残暑を乗り切れ!

P1130816.jpg*2009/08/12映画館にGO!「トランスポータ−3」と郷ひろみの共通点は…?