Headline

more.gifホット!

GTを見に鈴鹿まで行ってきちゃいました、1人で(苦笑)…の巻

vividcarが前々から注目していたナゾのクルマ好き美少女、松田れいちゃんの連載が遂にスタート! いわゆる職業的な自動車ジャーナリストとは違い、女のコでありながら本当に“純粋クルマ好き”なれいちゃん。そんなちょっと不思議でキュートオタクな彼女が巻き起こす、例外的カーマニア珍道中。ひとつ、のぞいてみませんか?

[ PR ] 趣味を仕事に変える! そんなの無理だと思っていませんか?

自腹で、しかもクルマと新幹線で!!

37988830_orgsmall.jpg

 

47068204_orgsmall.jpg写真も自分で撮るんです。結構上手いでしょ!

好きなものはクルマと歌劇と奈良時代!?

 みなさん初めまして。私の名前は松田れい。といっても本名じゃなくて、昔、マツダのスポーツカーが大好きだったので、思わず付けちゃっただけなんですけど、すっかり浸透してしまって…うれしいけど、ちょっと戸惑っています。

 でも本当の話、私、クルマが大好きなんです。理由を問われても上手く言えませんが、4才の時に初めて買ったオモチャがケンメリGT−Rのミニカーで、小1の時に初代ロードスターにひと目惚れして「絶対買う」と決めてからは“ロードスター貯金”もして、社会人になってから見事ロードスターとデミオをGET! 他にも歌劇と歴史も大好きで、ちょっとオタク体質(涙)なのかもしれませんが、別にいいですよね?

 今はサイフの都合もあって、前から気になっていた軽ロードスターのコペンに乗っていますが、心底楽しんでます! 運転が上手だとか、サーキットのタイムが速いと言えないのが悔しい(笑)ですが、普通に街中を走っているだけで楽しい。単に、コンビニに行くだけで楽しいんです。こんな私、ちょっとヘンでしょうか…

 

IMGP8073_Rsmall.jpgこれなんか自信作! でしょうか(笑)34826599_org_v1277910740_Rsmall.jpgギリギリ! もの凄い迫力です!

夏は隅田川じゃなくって絶対鈴鹿ですよ!!

 先日もさる8月21〜22日、鈴鹿サーキットで開催された、『SuperGT Round6 インターナショナルPokkaGT サマースペシャル』を観戦してきました。しかも基本1人、行きは朝4時に知り合いに乗せて貰い、帰りは大阪で1泊して新幹線で。苦節ン時間…お金もかかりましたが、全然気になりませんでした。

 残念ながら決勝は仕事と重なり、土曜日の日帰りでしたが、
「こんなにクルマとレースが好きなのに夏の祭典に行かないなんてあり得ない!」
「予選だけでも絶対に観に行きたい!」と迷わず往復しました。昨年は、予選・決勝ともに観戦出来たので、今年も絶対行きたいと思い、1年かけてスケジュール調整したのですが、う〜ん本当に残念! 直前になって決勝日に仕事が入ってしまったんです。

 というか予選のみ観戦は、5月のSuperGTに続いて2回目で、「予選だけでも十分、SuperGTを楽しめる!」というのが自称“ギャルズクルマオタク”松田れいの持論なんです。

 だって、サーキット独特の雰囲気、レース前の緊張感の中で繰り広げられる、たった1つのポールポジションを巡る各チームの熱い争い!
 短い時間の中で「0.001秒でも早いタイムを!」と争われる予選は、決勝とはまた違う、気迫ある走りを観ることが出来ますから。

 特に普段は見ることの出来ないナイトセッション、レース後に打ち上げられる花火は感涙モノです。

 やっぱり、夏の風物詩と言えば、8耐”こと『鈴鹿8時間耐久ロードレース』と『インターナショナルPokkaGT』ですよね? 海の家や隅田川の花火大会なんてより全然いい! なんてと思っちゃう私、やっぱりズレてるんですかねぇ…

 でも、鈴鹿GTの公式予選、たった2時間! それだけを観るために横浜から鈴鹿まで往復しても全く苦にならないんです。

 女ひとり旅です。今回も。

 ピンクの一眼レフに望遠レンズを付け、紫外線対策をきっちりと施した女がひとり、真夏の鈴鹿サーキットで、レース観戦・写真撮影に熱くなっているんです。特に夏の鈴鹿は“お祭り”ムード満載なので、他のレースとは全く違います。
 
 帰りの新幹線、ビールも飲めないのでジュースで「やっぱレースいい!」「鈴鹿サイコー!!」
 と独りごちてました。

 でも本当にクルマって素晴らしいと思うんです。乗って楽しく、便利なだけでなく、走りを見ているだけでも人がシアワセになる。こんなにいいものないといつも思うんですが…

 私、やっぱりヘンでしょうか??

 

writersFace.gif