Headline

more.gifエコ!

納車1年待ち? 新型プリウスα驚異のパフォーマンス

[ PR ] 趣味を仕事に変える! そんなの無理だと思っていませんか?

この実用性で実燃費リッター20km!

IMG_6488small.jpg

 

IMG_6485small.jpg空力に気を使ったフォルム。ディテールにもこだわっているIMG_6522small.jpgインパネは一新し、実用的なモノにIMG_6549small.jpgエアコン操作はワンダイヤルで非常に簡単。IMG_6456small.jpg床下だけで容量は60リッターほどあり、使い勝手はいいIMG_6558small.jpg2列目はシートスライドし、大きな人でも余裕で座れる。オマケにノーマルプリウスより静か!IMG_6582small.jpg3列ミニバンの荷室。この状態で200リッターもあるIMG_6580small.jpg2列ワゴンの荷室。こちらは525リッター。ワゴンとして十分!

圧倒的な使い勝手と燃費性能

 震災で販売が伸び、未だかつて無いほど注目を浴びていた実用エコカー、新型プリウスαの公道試乗会がやっと行われ、早速編集部がチェックにいった。
 気になるのはその実用性。まずは3列シートのミニバン仕様の方だが、2列目の居住性は申し分ない。なにしろノーマルプリウスと比べてシートスライドするだけでなく、足元が高くなり、その分、ルーフも高くなっているので視界も開放感も共に良好。ノーマルに比べ、静粛性も確実に上がっている。
 3列目だが、もちろん大型ミニバンよりは広くないが、足元の入れやすさも上がり、身体の小さな子供や短距離の移動ならば十分だ。しかもその状態でラゲッジ容量は200リッターあり、床下収納を上手に使えば大型トランクも1つは載る。対した物だ。
 気になる燃費に関しては、いろんな人がテストした状態で車載メーターでリッター20km弱。これはハッキリいって驚異的だ。普通の方が使ったら、20km以上はいくだろう。 

 一方、2列シートのステーションワゴン版。こちらは欧米向けかと思いきや、そうでもない。まず大人が5人2列に座った状態でラゲッジ容量525リッター。これは国産ワゴン、最高峰の広さだ。

 さらに決定的なのはお値段で、3列ミニバンがリチウムイオン電池仕様のため、震災の影響もあって最高グレードの「G」しか作られず、ほぼ300万円スタートなのに対し、従来通りにニッケル水素電池仕様の2列ワゴンは、ベーシックグレードの「S」もあり、235万円スタート。
 この違いは大きい。

 気になる納車状況だが、5月13日にリリースされた時点でバックオーダー2万5000台。5月末で3万9000台を超え、現在ヘタすると1年以上も待たされそうだが、
「今のところ一年待ちですが、生産の方が急回復してるんで早くなる可能性はあります」(担当エンジニア)
 とのこと。まずはディーラーに行って相談してみては?