Headline

more.gifホット!

全然違うジャン! 新旧メルセデスCクラスフォト比較

[ PR ] 趣味を仕事に変える! そんなの無理だと思っていませんか?

07年デビュー当時の写真を引っ張り出して比べてみる

P1010456small.jpg一番驚いたのが旧型のインテリア。オヤジ臭い4スポークステアリングといい、ゾウの皮のようなインパネ樹脂といい、今と全然違う!

 

IMG_7624smallsmall.jpg新型。コチラの方が全然いいですね。490_9021small.jpg初期のアバンギャルド顔。どことなく地味目だが、よく見るとライト類がかなり違う。IMG_7605smallsmall.jpgこちらが新型。色が赤なことも大きいが、バンパー左右のポジションランプのデザインも全く異なるP1010447small.jpgもはやほとんど作られないエレガンス顔。世界的にその傾向だという。IMG_7644small.jpgリアコンビネーションランプはデコボコがなくなり、ツルっとしたものに。P1010450small.jpgバンパーの造形も少し異なる。IMG_7611small.jpg

ネットならではのフォト企画

 先週ふと、ビッグマイナーチェンジを受けたばかりのメルセデス・ベンツCクラスの記事を書きながらvividcar編集は考えた。資料と思って引っ張り出した07年のデビュー当時の写真だが、本当にマイナーチェンジ後と全然違うのだ。へたに原稿にするより、このまま出した方が分かり易いかも? というわけで急遽比べてみることにします。

 まずは驚きのインテリアから。わかりやすいステアリングホイールデザインの変更もさることながら、樹脂の質感の変化に驚き。あわせるとフルモデルチェンジと言っていいほど変わっている。特にメーターのヒサシとも言うべき日よけ部分が、ナビモニターまで延長され、造形は大幅に違う。

 それから外観だ。今回からグリルの中央に大きなスリーポインテッドスターがインテグレートされた“アヴァンギャルド顔”に中心になっているが、旧型と比べると、そのほかディテールもかなり異なっているのがわかる。ヘッドライトからパンパーまで新型の方がアグレッシヴ。

 リアビューは比較的違いが少ないが、コンビネーションランプがよりツルっと表面のデコボコが無くなり、モダン化している。

 そしてエンジンだ。これは見た目の違いより何より、メインが完璧に直4になったことが大きい。無論、今回新作の3.5リッターV6を載せたが、中心は1.8リッター直4ターボ。この傾向は、今後もますます続くだろう。

 質がアップして、排気量ダウンしてエコ化。まさにそういうビッグマイナーチェンジなのである。