Headline

more.gifホット!

ひっそりと熱く…スバルBRZ発表!

[ PR ] 趣味を仕事に変える! そんなの無理だと思っていませんか?

専用の発表会は行わず、スバルビルにて

P1000171small.jpg

 

P1000237smallsmall.jpg

本番はこれから

 2月3日、久々の国産FRスポーツ、スバルBRZが発表された。ご存じの方も多いと思われるが、これはトヨタ86の兄弟車で、トヨタとスバルが共同開発したもの。
 アイデアとデザインはトヨタ、実際の開発と生産はスバルと役割分担がなされ、いままでにないコラボレーション。トヨタ86の方は既にトヨタ社長の豊田章男氏が直々に発表を行ったが、スバルはひっそりと東京で行われた。スバルの決算発表で、社長により発表されたのと、東京事務所がある新宿のスバルビル1Fに実車が展示されたのだ。
 編集部は新宿に行ってみたが、当日は驚くほどの賑わい。特に会社が終わる5時過ぎはなかなかのもので、注目度の高さを伺わせた。
 ネーミングは「ボクサーエンジン」「リアドライブ」「究極」の英語の頭文字を組み合わせたもの。開発テーマは「Pure Handling Delight」いわば、歓喜のハンドリングで、最大のポイントは純粋にスポーツカー向けに開発されたスバル独自のフラット4エンジンを、これまた量産車としては限りなく低く搭載したこと。これにより、驚くべきハンドリング性能が得られたという。
 当然エコロジーにも配慮され、トヨタの直噴技術「D-4S」を組み合わせ、パワーと燃費の両立がなされ、2リッター200ps、つまり1リッターあたり100psを発揮し、JC08モード燃費は13.0km/l。実に日本車らしい、多方面の都合を配慮したスポーツカー。こういうのが売れたら日本の自動車産業も安泰なのだが

 価格は205万8000円スタート。3月28日から発売される予定だ。