file1078
vivid_mark_s
地球の走り方_バナーL地球の走り方_ヘッダグラフィック
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/2 |bu_next
vividsearch2
search_car2
search_article2
tab_star2004/12/18tab_end日本の走り方
クリスマスは MINI コンバチで
東京・クリスマスツアー
大晦日の前のビックイベントといえばクリスマス。どこの街もきれいなイルミネーションで彩られています。今年はナイスなカレンダーですが、まだ行き先を決めていないひと、一足早くクリスマス気分に浸りたいひとに「東京・クリスマスツアー」をプレゼントしましょう。
文と写真=斉藤 敦(VividCar.com)


tab_index
東京・クリスマスツアーpage1MINI_C005.jpg
東京・クリスマスツアーpage2MINI_C006.jpg
tab_face
sakanouesicon_homeサカノウエ アガル
[-]
イタリア車が大好きなワタクシ。がしかし、最近、欲しいと思うイタリア車は1,000万円級のものばかり。うーむ、どうしたものか。しかし、ランチアの日本再上陸のニュースなど、ここ最近は再び息を吹き返してきたイタリア車には要注目ですぞ。
クリスマス.jpg
クリスマスとコンバーチブル

時が経つのは本当に早いもので、今年も残り少なくなってきました。街へ繰り出せば、どこもかしこもクリスマスのイルミネーションばかり。これでは、いやがおうにもクリスマス気分にさせられます。

それだったらいっそ気分を盛り上げてみようということで、今回は大人でも楽しめる夜の東京・クリスマススポットをご紹介する「東京・クリスマスツアー」にご案内します。お近くの方は実際にイルミネーションを見て楽しんでいただき、さすがに遠くてそこまで行けないよ、という方はぜひ画面上で楽しんでみてください。

撮影のために選んだクルマは、私・斉藤がいま実際に購入できる価格帯のおしゃれで粋なクルマとしてイチオシするミニ・コンバーチブル。夜に映える、という点もふまえてみました。

発売から 2 年半以上経ったいまでも、月 1,000 台以上も売れ続けているハッチバックなミニは、とくに都市部では見かけない日はない人気ぶり。しかし、同じミニでもコンバーチブルは、魅力十分なんだけど、いざ購入となるとコンバーチブルという性質上ナカナカ手を出しにくい側面があります。それでも、たとえ数年経っても街で同じクルマに遭遇するような場面は、きっと少ないに違いありません。こういった希少性、私・斉藤が考えるおしゃれで粋なクルマには絶対必要条件だと思っています。というわけで、クリスマスはおしゃれで粋なものだと勝手に思い込んでいる私・斉藤としては、このクルマをなんの迷いもなく今回の主役に抜擢した次第です。

本題に入る前に、おしゃれで粋な(と私・斉藤が思っている)ミニ・コンバーチブルを簡単にご紹介しましょう。まずいちばんの売りといえば、ボタン一押し約 15 秒で全開閉する電動ソフトトップ。このソフトトップは一体型となった無段階調整式サンルーフを備えていえて、最大 40 cm まで開けることができます。フルオープンにするのはちょっと恥ずかしいけど、それでも外の空気を味わいときに重宝しますね。また、多彩なボディカラーとトリム・シートにより、自分だけのミニ・コンバーチブルを作りだせることも特長。ソフトトップのカラーはブラック・ダークブルー・ダークグリーンの 3 色から選べちゃいます。そして価格とラインナップは、クーパー:5MT/282.45万円、CVT/292.95万円、クーパーS:6MT/323.4万円、6AT/339.15万円となっています。4 シーターオープンのライバルたちを考えると、エントリーモデルが 300 万円を切る価格設定は高ポイントじゃないでしょうか。

さて、今回の「東京・クリスマスツアー」を案内してくれるミニ・コンバーチブルは、17 インチのホイールとタイヤ(ノーマルは 15 インチ)やボディ同色インテリア、コックピット・クロノ・パッケージ、クローム・ライン・エクステリアなど、書ききれない程のオプションを装着した、ホット・オレンジのボディカラーとダークブルーのソフトトップを組み合わせたクーパーの 5MT です。それでは、「東京・クリスマスツアー」に出発するとしましょう。

MINI_C004.jpg
■GEOGRAPHICA TEL:03-5773-1145 FAX:03-5773-1167
■CAFE IL LEVANTE TEL:03-5773-1127 FAX:03-5773-1128
〒153-0065 東京都目黒区中町1-25-20 ジェオグラフィカビル

東京・クリスマスツアー スタート

最初の目的地は、目黒区にある「GEOGRAPHICA」というアンティークショップとカフェ「IL LEVANTE」の2店。クリスマスはおしゃれで粋なものだと勝手に思い込んでいる私・斉藤としては、まずはアンティークショップを見て回って、ちょっとしたアンティークグッズをクリスマスプレゼントとして買ってあげたりするのが粋ではないかと。ミニ・コンバーチブルはリアシートもありますんで、多少大きな買い物をしても大丈夫です。

続いてショップ内に併設されているカフェレストランで、クリスマスディナー(要予約)を楽しむのもよし。おしゃれなレンタサイクルもありますんで、目黒通り沿いのショップ巡りをするとさらにいいかも。静かなクリスマスをしっぽりと過ごしたい方にオススメのスポットです。私・斉藤のオススメ度は 10 点満点の 9 点!

次の目的地は、定番中の定番たる六本木のけやき坂通り。時期が時期だけに、六本木ヒルズに近くなればなるほど道が混んでくるのは仕方ないので、それまでオープンクルージングを楽しんでみました。ゴーカートのようなハンドリングは、ハッチバックなミニのそれと同じ。オープン化のせいで車重が 130 kg 増えていますが、116 ps を絞り出す 1.6 リッターエンジンは十二分な仕事をしてくれます。ワインディングをカッ飛ばす系の方はパワー不足に感じるでしょうが、この手のクルマはのんびりゆったり走る方が個人的には似合うと思っています。

MINI_C002.jpg
「Artelligent Christmas 2004」
■66プラザ:21 本 のけやきに約3,1500 もの電飾が灯る【〜12/26 夕方 5:00 〜深夜 0:00 】
■けやき坂通り:約 400m 続くけやき坂に灯る。【〜1/31 夕方5:00 〜夜 11:00 】
■毛利庭園:ホワイトとゴールドの華やかなイルミネーションが広がる。【〜12/26 夕方 5:00 〜夜 11:00 】

けやき坂イルミネーション

けやき通りといえば六本木ヒルズなわけですが、2回目のクリスマスを迎えた今年も「Artelligent Christmas 2004」が開催されます(けやき坂のイルミネーションもこの一貫です。詳しくは右のリンクからどうぞ)。

66 プラザ、毛利庭園を加えた 3 エリアでイルミネーションが展開されるほかにも、けやき坂通りではスバル R2 の展示、毛利庭園ではトヨタ・マークX が展示されたていたりと、イルミネーションの中に光り輝くおニューなクルマたちを見れちゃったりします。

しかしこの六本木ヒルズ、街全体がクリスマスムード一色となりおしゃれではあるのですが、粋な感じに欠けるのが残念。マニュアル通りというか、定食屋の定番メニューのような気がなきにしもあらずです。けやき坂通りに限っては、2005 年の 1 月 31 日までイルミネーションが実施されているので、あえてクリスマスをハズして見に行くといいかもしれませんね。オススメ度はちょっと辛めの 5 点!

次の目的地は光り輝く東京タワー。見上げる位置になる芝公園へと移動します。六本木を抜けるとクルマの数も減り走りやすくなってきました。そのときに気になったのが足回りの硬さ。車重の増加に合わせてセテッィングを見直したのでしょうか。ハッチバックなミニに比べて硬く、乗り心地がよろしくないのであります。オプションで装着している 17 インチのタイヤがそれをより一層強調させているので、タイヤはノーマルの 15 インチの方がいいかもしれませんが、粋という意味では 17 インチで頑張ってみるのも悪くないでしょう。

tab_cars_b
MINI_CONVERTIBLE-m.jpg
data
MINI MINI CONVERTIBLE
tab_links_b
MINI.jpg
MINI.jp
http://www.mini.jp/
GEOGRAPHICA.jpg
GEOGRAPHICA
http://www.geographica....
ヒルズ.jpg
六本木ヒルズ
http://www.roppongihill...
recommend
ロッコール
「夜の街を写し出す」エプソン R-D1
突如現れたライカマウントのデジタルレンジファインダーカメラ「R-D1」。今回は実際に使ってみた感想を報告したい。
NEWMINI_007.jpg
MINI Cooper S はホットハッチか否か!!
このクルマ、ホットハッチと呼べるのか否か。検証しちゃいます。
mini_convertible_s.jpg
「ALWAYS OPEN.」 ミニ コンバーチブル発表!
ミニに 4 シーターオープンモデル「ミニ コンバーチブル」が追加。ちょっと変わった発表会の模様をリポートします。
サマリー情報_サムネール
MINI OLD vs NEW
旧ミニとの比較なくして、新型ミニを正当に評価することはできない。
000.jpg
Happy Xmas with レンジローバースポーツ
今年も素敵なカレンダーのおかげでドキドキ気分のクリスマス。クリスマス気分を満喫できる「 TOKYO ・クリスマスツアー 2 」のスタートです。
MINI
オープンカーのススメ (MINI コンバーチブル・ストーリー)
普通は「MINIだから」といって選ぶべきところを、その男は「オープンの開放感がダントツだから」といって決めてしまった。でも、今は「オープンの MINI だから」と断言できる。
C3プルリエル_000.jpg
五変化でノーブラ「シトロエン C3 プルリエル」
長らく日本導入が待たれた C3 プルリエルが日本上陸。遊び心満点なこのクルマに早速試乗してきた。
Copyright (C) 2001-2007 VividCar.com. All rights reserved.
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/2 |bu_next