file1093
vivid_mark_s
VividCamera_バナーLVividCamera_ヘッダグラフィック
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |
vividsearch2
search_car2
search_article2
tab_star2005/01/17tab_endエプソン R-D1
「結婚式を写そう」エプソン R-D1
快挙!ライカの膨大なレンズが使えるデジタルカメラの誕生
知人の結婚式に招待された。そうカメラの出番である。だがその知人はプロのカメラマンときている。気後れしそうな感がないわけではないが、ここはひとつ出たとこ勝負。エプソン R-D1 を片手に結婚式へ参加してきた。
文と写真=永山辰巳(VividCar.com)
協力=エプソン販売株式会社


tab_face
永山辰巳icon_home永山辰巳
[VividCar 元編集長]
2006年、VividCarはプロフェッショナルなブロガーを目指します。創刊以来5年を迎え、ちまたのブログサイトとは一線を画するVividCarは、ネットワーク知識編纂をビジョンに確実にコンテンツを増やしながら未来のWebBookメディアを開発してきました。私たちはこれをWebフォトジャーナルシステム呼びます。生涯にわたり記録し続け知識を編纂する楽しみをごいっしょに。
ライカCL
ライカ CL の標準レンズとして開発されたズミクロン 40mm とエルマー 90mm

ライカCLの標準レンズ

結婚式での撮影は、被写体に寄ってみたり引いてみたりと忙しい。となると、複数のレンズを持ち込むか、広角系のズームレンズが必要となる。エプソン R-D1 はご存知のとおりライカレンズ互換であり、その点ではなかなか手頃なズームレンズがないといえる。いろいろ考えた末に手持ちのレンズから選んだのは、ライカ CL 用のズミクロン 40mm とエルマー 90mm だ。

エルマー 90mm は席からの距離を考えて、ズミクロン 40mm は手持ちのライカのレンズでは一番明るい f=2 であり、フラッシュをたかない撮影を思うとやはり明るい方がいいと思ったからだ。

まず式が始まる前に、式場のライティングや開放でのピント合わせを練習してみることにした。フィルムと違ってデジタルは、撮影後のデータをフォトショップなどで簡単にカラーバランスを変えて調整することができる。とはいえ、ホワイトバランスや複数の異なる光源下の撮影では、やはりテスト撮影を行ってあがりをチェックしておく方が無難だろう。開放での微妙な癖とか、どこまで低速度のシャッターが使えるかなども事前に知っておくといざというとき役に立つからだ。

すでにこのカメラを使って四ヶ月になるが、ファインダーについては要改善と伝えなければならない。なぜなら、二重ピント像が見難く、暗い場面では勘に頼らないと駄目な時があるからだ。さらにいえば、インジケータの表示が視線を移動させないと見えないのが少々残念。たとえば絞り優先で使うのであれば、シャッター速度の確認に視線を移動させないといけないのだ。

クリスマスツリー
ズミクロン 40mm f=2
絞り開放、1/52 sec、ISO=400
ご覧のとおり開放でのピントとぼけ味はすばらしい

ライカ CL は 1973〜1976 年に生産された M 型ライカの派生機種で、メカニズム的にはライカ M5 をベースに設計された。製造は当時のミノルタだった。40mm という画角は特殊な位置づけであり、CL というコンセプトに広角系と標準の間を持ってきたことでこのカメラが短命に終わらずにすんだのはマーケティングの勝利といえるだろう。また、その後もこのレンズは独特の存在感をみせることになり、中古市場でも引き合いが強い。ズミクロンとは、ライカの中でももっとも明るいレンズに付与される名称であり、とても高価なのだが、このズミクロン 40mm ならなんとか手が届く範囲だ。

人生の門出
ズミクロン 40mm f=2
絞り開放、1/28 sec、ISO=400

やっぱりツーショットでしょうか

日頃カメラを向ける仕事の彼にとって、もしかしたらこれほどカメラを向けられたのは初めてかもしれない…などと思いつつシャッターを切る。結婚式はシャッターチャンスがありそうでないものだ。ベストポジションをとるのは難しく、出たとこ勝負になってしまう。ケーキカットでの撮影は失敗に終わったが、キャンドルへの点火では正面に陣取ることができ、お二人がこちらへ視線を流すのをじっと待った。連写が利かないから一発勝負だ。

キャンドル
ズミクロン 40mm f=2
絞り開放、1/30 sec、ISO=400
もうひとりの主役はキャンドル

結婚式の照明といえば、カクテル光線でもスポットライトでもない。それはキャンドルである。これがなかなか難しい。キャンドルという被写体がもつ暖かさというか温度感のようなものをうまく表現しにくいのだ。まわりとの距離感も含めてひっそりと撮りたいものだが…。

お二人にもキャンドルのような優しい火が灯りますように….。




onSubmit="popUp('','EnqPage')" target="EnqPage">



tab_links_b
R-D1
R-D1オフィシャルサイト
http://www.i-love-epson...
R-D1 の最新情報はこちらから。
ライカ社
ライカ社
http://www.leica-camera...
ライカ社のオフィシャルサイト。
CL
Leica CL with C lenses
http://www.leicapages.c...
個人のサイトですが出来はなかなか。ただし英語です。
recommend
ロッコール
「夜の街を写し出す」エプソン R-D1
突如現れたライカマウントのデジタルレンジファインダーカメラ「R-D1」。今回は実際に使ってみた感想を報告したい。
サムネール
BACS Cafe
六本木に登場した、BACS Cafe(バックスカフェ)。展示されているクルマを肴に、レースクイーンが運んでくれる美味しい料理が堪能できます。
BMW_E30&M1.jpg
BMW モータースポーツの軌跡
BMW のレース活動を担ってきたのが「BMW モータースポーツ」通称「M」社である。その歴史をご紹介しよう。
tab_note
ズミクロン C-40mm f=2 :
●焦点距離:40mm●絞り:F2.0 - F16 羽枚数12枚●最近接距離:0.8m●マウント:Mマウント●レンズ構成:4群6枚●フォーカシング:マニュアル●大きさ:φ51mm×19.5mm●重さ:132g(ラバーフード付き実測値)●フィルタ径φ40.5mm●フード:専用ラバー方式
Copyright (C) 2001-2007 VividCar.com. All rights reserved.
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |