file1108
vivid_mark_s
renault_banner_left.jpgreanult_banner_right.jpg
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |
vividsearch2
search_car2
search_article2
tab_star2005/02/04tab_end編集部より
ルノーの広場 VOL.3
オーナーのマル、そしてバツ
ルノー・オーナーがホンネや思いの丈を吐露するこの企画。甘口・辛口、さまざまなコメントが続々と寄せられました。投稿してくださったみなさま、ありがとうございました。ラスト 2 回となったユーザー・ボイスです。
文のまとめ=ヤマダマサノリ(VividCar.com)


tab_face
myamada_S.jpgicon_homeヤマダマサノリ
[VividCar元編集員]
編集稼業はハッキリいって報われにくいことも多々ある仕事なのだが、やればやるほど楽しい職業だったりもする。
trading.gif
VividCarが安心サポート付きでご紹介する
新しいタイプの「売ります買います」コミュニティ!
ごもっともです

気がつけば 3 回目となる「ルノーの広場」。ほのぼのとした、思わずニンマリなご意見が多数を占めるなか、オーナーゆえのキビシイご意見・ご指摘もシッカリ届いています。セニック乗りのはやかわさんからは、オートマとパワーウインドーのトラブルについてコメントがあり、「ジャーナリズムはルノーをもっと咎めるべきです」とのご指摘が。

これは、実際にオーナーとなって長期間乗ることのないワタクシたちではわかり得ない部分であり、こうした生の声でようやく知ることができるものです。マルの部分ばかりでなく、バツの部分に関してどのように発信していくのかが課題なのはいうまでもありません。で、現場レベルのひとたちからも、じつはバツの部分に関する苦労が多いと聞いています。このあたりのことについては現在、いろいろと調査をしていますので、最終回となる VOL.4 で何かしらの情報を発信できればと思っています。

それでは、VOL.3 の始まりです。

renault_ov_001.jpg

「ココロの葛藤?」

1999年式 セニック・カレード
東京都のはやかわさん(40代・男性)


コーナーリングの味は保守的なアンダー強めながら楽しめる味つけ。厚めのシートとルーミーなパッケージ。愛すべきクルマなのですが、ネガティブな面も。

ルノー全般でいえることで、壊れるに違いない AT。本当によく壊れており、私のクルマも 6 万キロで載せ替えています。関連の掲示板でも壊れる AT の発言が後を絶たず、泣き寝入りで手放した方の発言などは悲惨です。リセールが望めないフランス車にウン万からの修理代…。オーナーはほとんどが日本製 AT を使うように願っています。

パワーウインドーの窓落ちトラブル。日本車では使わなくなったような不出来な設計のパワーウインドーは、プラスチックの爪が折れて部品代と工賃で 5 万円強の出費。たかが大衆車、納得できません。ユーザーは泣かされています。ジャーナリズムはルノーをもっと咎めるべきです。

フランス車に乗っているのだから、という声が聞こえてきそうですが、わたしは 90 年頃からフランス車に乗っていますし、もう「ラテン車だから」なんて言い訳できない時代です。とすれば、日本製部品を使ったクルマ作りをするべきでは? そういうことを強くアピールしないと、フランス人には通じそうにありません。

renault_ov_000.jpg

「きっかけはトゥインゴ」

2002年式 ルーテシア RXT
静岡県のスギヤマさん(30歳・男性)


妻のマーチを輸入車ショーで一目惚れしたトゥインゴに買い換えてから、すべて始まりました。「クルマ」に対する考え方が変わりました。
renault_ov_03.jpg

「すこぶる快調」

2004年式 メガーヌ 2.0
宮城県の宮武さん(40代・男性)


楽しいメガーヌ・ライフを送ってます。
2004 年 5 月に納車以来、東北 6 県をはじめ、北海道、新潟、東京、静岡を疾走し、6 か月で 3 万キロに達しました。そのおかげでか、メガーヌはすこぶる快調です。昨年 10 月には、(主に)メガーヌ|| オーナーのためのクラブ、「メガニスト・ジャポン」を発足させました。オープンでフレンドリーなクラブを目指しています。

renault_ov_000.jpg

「変な顔でも・・・」

?年式 ルーテシア 1.2
東京都の平岡さん(38歳・男性)


「顔が変」といわれても、慣れれば可愛く見えてくる。近距離、遠距離とも乗っていて楽しいクルマです。モディファイなどはしてませんが、内装を本革にしてみました。
renault_ov_05.jpg

「3台目」

2003年式 メガーヌ・ワゴン 1.6
京都府の新谷さん(35歳・男性)


ルノー 3 台目です!ちょうどいいサイズがマル!
renault_ov_06.jpg

「3年保証」

?年式 ルーテシアRS F1リミテッド
神奈川県のハルヤマさん(28歳・男性)


買ってすぐベルトテンショナーから異音が出ましたが、ハンドリングとしっとりサスは最高です! 3 年保障は心強いですね。
renault_ov_07.jpg
MEGANISTE.com のサイトは【コチラ】から。
「カタチより走り!?」

2004年式 メガーヌ 2.0 6MT
福岡県の弓場さん(30歳・男性)


デザインが注目されているメガーヌですが、いちばん気に入っているのは走りに関する部分です。荒れた道でも乗り心地がよく、とても安定しており、安心して走る(飛ばす?)ことができます。私は、MEGANISTE.com というクラブのスタッフをやっています。去る 12 月 19 日にオフ会を行いました。写真はそのときのものです。これだけのメガーヌが並ぶのは壮観でした。

renault_ov_08.jpg

「初めてのマイカー」

1990年式 シュペール 5
神奈川県の内堀さん(25歳・男性)


中学の頃、先生が乗っていた真っ白のシュペール・サンクに憧れ、いまから 1 年ほど前に初めて自分で買ったクルマです。

10 年ぶりに見るサンクは、ひと言で可愛いともカッコイイともいえぬ絶妙な控えめさと、アンティークベージュ色のアンニュイさに再び惹かれてしまいました。免許を取り立てだったため、購入初日にフェンダーを無惨にもぶつけてしまいました。

昨年の初夏、実家へ帰省する際に父の運転で高速道路を 1200km 、何のトラブルもなく走ってくれました。古くからのルノー乗りの方たちにお話しすると、とても驚かれました。その後、レッカー車のおじちゃんに覚えられてしまうほど、いろいろと故障してくれるサンクですが、疲れたときにも、ちょこんと停まっているサンクを眺めている瞬間が至福の時間です。

renault_ov_09.jpg

「変幻自在」

2003年式 ルーテシア・クイックシフト5
千葉県のナガノさん(41歳・男性)


本当に乗っていて楽しい、いつまでも乗っていたいと思わせるクルマです。クイックシフトは大変気に入っています。一瞬でマニュアルモードに切り替わるのですが、ほとんどオートマモードで乗っていますね。それでも何速で走っているのか常に意識するので、このへんが MT 車乗っている感覚なのかな?

シフトアップ時はそこまで引っ張らないでもっと早く次のギアに入れてもいいんじゃないって思うけど(アクセルの踏み方にもコツがあります)、シフトダウンはまったく違和感がありません。マニュアルモードで運転していてもシフトダウンは勝手にやってもらっています。オートマモードの時のクルマと会話している感じが楽しいのかな?

自分の思うところでシフトアップしてくれた時にはいいぞと思うし、1 速とか 2 速を引っ張ってしまったら、もっと早く変えなきゃダメだよとか思って運転しているのも楽しいみたいですね。普段はとろいんだけど、MT で速く走ろうと思えば走れるし、しっかり曲がるし、高速での安定感もあります。変幻自在っていうか気分に合った運転ができるところは魅力です。先日初めてこのクルマで首都高を走ったのですが、狭くてクネクネしていて運転するのが嫌な道でも、このクルマだと安心して走れますね。

何よりこのクルマのいいところ(?)は他に見かけないところ、希少性でかすね。前の顔は何度か目撃していますが、いまの顔は一度も見たことがありません。土日のスーパーの大型駐車場にプジョー 206 は必ずあるのに、ルノーは見ないですね。もっと売れてもいいと思うのですが・・・。

tab_data_b
MEGANE_Touring_Wagon-s.jpgRENAULT MEGANE Touring Wagon
REN03002_s.jpgRENAULT MEGANE
RENAULT_Lutecia Renault Sport_SRENAULT Lutecia Renault Sport 2.0
RENAULT_Lutecia_SRENAULT Lutecia
tab_links_b
renault_jp_hp.jpg
ルノー・ジャポン オフィシャルサイト
http://renault.jp/
recommend
renault_ov_00.jpg
ルノーの広場 VOL.1
ルノー・オーナーから寄せられた甘くて辛いコメントの数々。予想以上の反響にビックリしつつ VOL.1 の始まりです。
renault_mori00.jpg
できれば、ちょっと遠くまで
ルノーを愛車にもつギョーカイのオトコが、玄人オーナーの目線でルノーの魅力を改めて説いてみる。
tr_kan_shibuya00.jpg
トーキョー・ルノー VOL.1
あのとき、あの場所で見かけた、あのクルマ。そんな瞬間を写し出すシリーズの第1弾です。
Copyright (C) 2001-2007 VividCar.com. All rights reserved.
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |