file1102
vivid_mark_s
e_showroom298eshow_212.jpg
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |
vividsearch2
search_car2
search_article2
tab_star2005/01/26tab_endFord Europe Car Line
あの モンデオ ST220 が日本上陸!?
「フィエスタ ST の情報をお届けします」と前回の記事で予告していましたが、モンデオ ST220 が日本に上陸するらしいとの非常に気になる噂が飛び込んできたため、今回は急遽内容を変更してお届けします。
文のまとめ=河津秀昭(VividCar.com)
写真=FORD MOTOR COMPANY


tab_face
河津秀昭_プロフィール_写真Sicon_home河津秀昭
[VividCar元編集員]
最近かなり真剣にクルマを探しています。欲しくなるクルマは、実際買えないものばかり・・・次のクルマは何にしようかな?
ford_mondeo_st220_1.jpg

緊急ニュース!

欧州フォードが誇る高性能派生モデルのラインナップ、ハイパフォーマンスライン。前回はそのフラッグシップ、モンデオ ST220 に関する情報をお届けしました。そして今回は前回の予告どおり、最新モデルのフィエスタ ST を紹介しようとさまざまな資料を集めていたわけですが、そこにものすごい情報が飛び込んできたのです。

その情報はというと、ズバリ「モンデオ ST220 が近いうちに日本に導入されるらしい」というもの。実は編集部では、導入の噂は前々からキャッチしていたのですが、まさかこんなに早いタイミングで導入されるとは思っていなかったのが正直なところ。そこで今回は、急遽内容を変更してお送りしたいと思います。もちろん、フィエスタ ST についての情報も後日お届けする予定ですのでご安心を。

というわけで、モータージャーナリストの萩原秀輝さんに改めて連絡をとり、モンデオ ST220 についてより詳しいお話を聞かせてもらいつつ、なかでも個人的にとくに気になっていた「走り」をメインに解説をしてもらいました。

萩原さんのお話に移る前に、前回の記事をまだ読んでいないという方は、右側のリンク「ハイパフォーマンスセダン、モンデオ ST220」を先にチェックしてみてください!

ford_mondeo_st220_2.jpg
派手さはないが中身を徹底的にチューニング。知るひとぞ知るクロウト好みの 1 台だ。
セダンとは思えない走り

海外でメジャーなモーターショーが開催されるたびに、欧州フォードのハイパフォーマンスラインのクルマが自動車ジャーナリストの間では話題になる。最近の欧州フォード車は走りの性能の向上ぶりが目覚ましいが、ハイパフォーマンスラインはそうした特徴を際立たせる役割を果たしているだけに見逃せない存在となるわけだ。それでいて、一般的にいうとあまり知られていない。つまり、いい意味で知るひとぞ知る存在なのだ。そのため、日本でたまにフォーカス ST170 を見かけると、ドライバーに対して「クルマのことが本当にわかっているひとだな」といった目を向けたくなる。いわば高性能派生モデルであり特別な 1 台と呼べるような価値を備えている。だが、派手なエアロパーツで過激な演出をするといったことはない。むしろ、エアロパーツは機能を優先しデザイン的にも控えめだ。そこがかえって、クロウト好みの魅力となる。

エンジン性能にしても同様だ。たとえば、フォーカス ST170 は 2 リッターの直列 4 気筒エンジンを搭載し 173ps(127kW)を発揮。モンデオ ST220 は、3 リッターの V 型 6 気筒エンジンを搭載し 226ps(166kW)を発揮する。この数値だけを見ると、特別な 1 台といった印象は抱きにくい。なので、カタログを飾る数値だけを気にするようなひとは「日本車の方がずっとパワフルだ」と興味を示さないかもしれない。なので、逆にいえば知るひとぞ知る存在としての位置づけが保たれるわけだ。実際には、そのエンジンは、まさに特別なのだ。専用開発のピストンやコネクティングロッドを採用し、カムシャフトや吸排気系もノーマルエンジンとは異なる。しかも、電子ディバイスにはほとんど頼っていない。あたかもレース用のエンジンを組み上げるように中身を徹底してチューニングしている。

その結果、アクセル操作に対する応答性は鋭さを増し「なるほど欧州フォードの走りに一層の磨きがかけられている」といった感覚が得られる。南フランスでモンデオ ST220 を試乗したときには、有名なモンテカルロラリーの舞台にもなる山岳路を駈け上ったが、コーナーを立ち上がるたびにアクセルを床まで踏み続けたくなる衝動にかられたもの。期待どおりにエンジンは鋭い反応を示し、7000 回転に迫る勢いで高回転域まで一気に吹き上がる。吹き上がり感そのものも、爆発エネルギーを高めることによってピストンを強引に押し下げるのではなく、エンジン自体が回りたがっているような滑らかさが確かめられる。なおかつ、大径のツインエキゾーストパイプからは、歯切れのいい排気サウンドが響く。こうした快感は、単に数値上の性能を向上させたエンジンでは確かめようがない。

モンデオ ST220 は、シャシーの洗練度も高かった。ステアリング操作に対する応答性はセダンとは思えないほど小気味よく、ヘアピンカーブが連続する山岳路でもボディの大きさを持て余さない。それでいて、中高速コーナーでは、ボディのロールを抑えつつ 4 輪がしたたかに路面をつかむ感覚が伝わってくるので、ハンドリングの小気味よさの代償としてスタビリティが損なわれるといった、ありがちな結果にはならない。それこそ、ステアリングシャフトの剛性まで専用で設定するといった、カタログで誇らしく語るような内容ではないがこだわりのあるチューニングをしている。マイナーチェンジ後のモデルも試乗するのが楽しみだ。


【文=萩原秀輝】


ford_mondeo_st220_3.jpg
イギリスでの販売価格は 23,880 ポンド。日本円に換算するとおよそ 460 万円となる。チューニングの度合いを考えれば納得のプライスだ。

試乗する日が待ち遠しい

萩原さんのお話を聞く限り、同じくハイパフォーマンスラインの一翼を担うフォーカス ST170 のような高レベルの走りを期待して間違いなさそうだ。ノーマル比 56ps アップのエンジン、6 速 MT、チューニングされた足回りなど、気になるポイントは数多い。早く試乗してみたいという気持ちがますます強くなった。

欧州フォードを追い続けている VividCar としては、モンデオ ST220 が発表された暁にはすぐにその情報をお届けしようと思っていますので、楽しみにお待ちください!

tab_data_b
FORD_mondeo_s.jpgFORD MONDEO
focusST170_s.jpgFORD focus ST170
FORD_Fiesta-s.jpgFORD Fiesta
tab_links_b
フォードジャパンリミテッド
フォード ジャパン リミテッド
http://www.ford.co.jp/
recommend
ford_mondeo_st220_s.jpg
ハイパフォーマンスセダン、モンデオ ST220
今回は欧州フォード「ハイパフォーマンスライン」のひとつ、モンデオ ST220 についての解説をお届けしたい。
ford_fiesta_st_s.jpg
「フィエスタ ST」が欧州でデビュー!?
欧州フォード車のスポーツグレードに冠される ST の文字。この ST の名を冠するクルマたちはどのようなコンセプトで作られているのだろうか?
FORD_MONDEO_s.jpg
ヨーロッパカーラインのトップモデル モンデオに試乗
フォーカスと血統を同じくするモンデオははたしてどんなクルマなのか?
モンデオ_ST220_000.jpg
「3本の指に !?」モンデオ ST220 で大島を走る
東京は大島にて行われた試乗会で、モンデオ ST220 に乗ることができた。
mondeoST220_000.jpg
「日本導入発表」モンデオとフィエスタの ST シリーズ
あのモンデオとフィエスタの ST シリーズの日本導入発表が行われた。今回は VividCar 編集部の第一印象と各モデルの概要をお届けする。
Copyright (C) 2001-2007 VividCar.com. All rights reserved.
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |