file1109
vivid_mark_s
e_showroom298eshow_212.jpg
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |
vividsearch2
search_car2
search_article2
tab_star2005/02/07tab_endFord Europe Car Line
「日本導入発表」モンデオとフィエスタの ST シリーズ
あのモンデオとフィエスタの ST シリーズの日本導入発表が行われた。今回は VividCar 編集部の第一印象と各モデルの概要を紹介しよう。
報告=斉藤 敦(VividCar.com)


tab_face
sakanouesicon_homeサカノウエ アガル
[-]
イタリア車が大好きなワタクシ。がしかし、最近、欲しいと思うイタリア車は1,000万円級のものばかり。うーむ、どうしたものか。しかし、ランチアの日本再上陸のニュースなど、ここ最近は再び息を吹き返してきたイタリア車には要注目ですぞ。
mondeoST220_002.jpg
■フォード・モンデオ ST220
車両重量= 1510 kg エンジン= 2967cc 水冷 V 型 6 気筒 DOHC 24 バルブ
最高出力= 226 ps / 6150 rpm 最大トルク=28.6 kgm / 4900 rpm
価格=430.5万円

初お披露目

前回まで 3 回に渡って、モータージャーナリストの萩原秀輝さんに欧州フォードの ST シリーズがどういったものなのか説明していただき、みなさんも ST シリーズのコンセプトを理解していただけたと思う。

そして今回、日本で初めてお披露目され、正式に日本導入のアナウンスがされたモンデオ ST220 とフィエスタ ST を間近で見ることができたので、その模様をお届けしたい。

2005 年 3 月 1 日(火)から発売されることが発表されたモンデオ ST220 は、パフォーマンスブルーメタリックのボディカラーとブラックのインテリアカラーをまとって登場。226 馬力を発する 3 リッター V6 エンジンと、ゲトラグ社と共同開発されたこのクラスでは希少な 6MT という組み合わせで、430.5 万円(消費税込み)のプライスタグがつけられた。

そして、この手の輸入車としてはめずらしく、右ハンドル化されての導入となる。ここはうれしいポイント。この手のクルマは少数の輸入となるため、コスト的に右ハンドル化されず導入されることが多いのだが、やはり日本では右ハンドルの方が断然運転しやすい。日本と同じ左側通行のイギリスでも多くのシェアをもつ欧州フォードだからこそ実現できた、といえるのではないだろうか。

さて、実車を見ての第一印象はといえば、フォードが「このフォルムから”ラグジュアリー・パフォーマンス・セダンであることを感じて欲しい”」というように、ベースモデルとは一線を画したスタイリングとなっており、控えめだけれどかたまり感のあるエアロパーツと 18 インチの大径アルミホイールがその存在を主張。ST シリーズの象徴であるブラックアウトされたメッシュと相まって、いかにも走りが良さそうな雰囲気を放っていた。写真ではその雰囲気がなかなか伝わりにくいと思うので、興味がある方は発売後にぜひ実車で確認して欲しい。なお、導入されるのは限定 20 台。決断はスピーディに行いたいものだ。

mondeoST220_003.jpg
ハイパフォーマンスの薫りが漂うインテリア。初期モデルと比べて室内の質感は大幅に向上。最近のフォード車のクオリティアップは目覚ましい。

ドイツ車らしいインテリア

インテリアに目を移すと、フォーカス ST170 でおなじみのレカロが専用開発したシートが鎮座する。フォーカス ST170 に装着されていたものとはもちろん違い、コンフォートに振った 8 ウェイのパワーシートである。形状・座り心地等は、次回、お届けする予定の試乗記までしばしお待ちいただきたい。

ドイツ車らしくブラックを基調としたインテリアには、随所にシルバーのアクセントが用いられ、スポーティでいてラグジュアリーな雰囲気といえる。チルト&スライド電動サンルーフ、インダッシュ 6 連奏 CD プレーヤーなどの快適装備も充実。ラグジュアリー・パフォーマンス・セダンの名に恥じない室内空間となっている。

さて、この手のクルマのポイントといえば、その走りと質感だろう。走りに関していえば、ベースグレードでも高い次元でまとめられており、そのハンドリングの評価は非常に高い。それをベースにチューニングされたのがこの ST220 なのだから、不安要素はないのだが、どのレベルまでパフォーマンスが引き上げられているか、というところが注目のポイントだろう。

さて、ST220 の発表と同時に、じつはベースグレードも若干変更された。主にカラーバリエーションやホイールサイズの拡大、助手席へのパワーシート装着といったエクステリアとインテリアのリファインがメイン。より充実したベースグレードにも再注目したいところだ。こちらも発売は、3 月 1 日からとなる。
fiestaST_002.jpg

fiestaST_001.jpg
■フォード・フィエスタ ST
車両重量= 1130 kg 
エンジン= 1998cc 水冷直列 4 気筒 DOHC 16 バルブ
最高出力= 150 ps / 6000 rpm 最大トルク=19.4 kgm / 4500 rpm
価格=未定





フィエスタ ST も導入決定

モンデオ ST220 日本導入のアナウンスとともに、本国デビューしたばかりのフィエスタ ST の日本導入がアナウンスされた。

導入は今年の上半期とのこと。VividCar 編集部では勝手に 6 〜 7 月頃と予想したい。モンデオ同様、ベースグレードの素性の良さは、並みいるライバルたちより上ということは明らか。それをベースに 2 リッターのトルクフルなエンジンを搭載するのだから、そのできを期待するなという方が難しい。きっと素晴らしいパフォーマンスを示すホットハッチに仕上がっていることだろう。

エクステリアを見てみれば、フォーカス ST170 より若干アグレッシブなエアロバンパーが装着されていたりとスポーツマインドを刺激する。3 ドアのプロモーションもかたまり感がありとてもスポーティ。4つのタイアがボディのすみでしっかりと踏ん張り、クラス以上の存在感を感じることができた。

◆◇◆◇

今回の発表により、我が国でもヨーロッパカーライン全車に ST グレードがラインナップされたことになる。

ST シリーズは「量産モデルの資質を高次元なレベルまで高めたパフォーマンス・ロード・カーのモデルライン」とフォードは謳う。フォーカス ST170 はこの言葉を地でいくようなクルマだったから、モンデオ、フォーカスの ST もきっと我々の期待を裏切らないことであろう。VividCar 編集部は今後も ST シリーズの動向を追っていく予定なので、次回のモンデオ ST220 の試乗記を楽しみにして欲しい。

mondeoST220_001.jpg
●フォードお客様相談室:0120-125-175(フリーダイヤル)
tab_data_b
ford_mondeo_st220-s.jpgFORD MONDEO ST220
focusST170_s.jpgFORD focus ST170
FORD_Fiesta-s.jpgFORD Fiesta
tab_links_b
フォードジャパンリミテッド
フォード ジャパン リミテッド
http://www.ford.co.jp/
STspecial.jpg
ST Special Contents
http://www.vividcar.com...
recommend
ford_mondeo_st220_s.jpg
あの モンデオ ST220 が日本上陸!?
日本上陸の噂をキャッチした編集部は、モンデオ ST220 の気になる走りについて情報を集めてみた。
ford_mondeo_st220_s.jpg
ハイパフォーマンスセダン、モンデオ ST220
今回は欧州フォード「ハイパフォーマンスライン」のひとつ、モンデオ ST220 についての解説をお届けしたい。
ford_fiesta_st_s.jpg
「フィエスタ ST」が欧州でデビュー!?
欧州フォード車のスポーツグレードに冠される ST の文字。この ST の名を冠するクルマたちはどのようなコンセプトで作られているのだろうか?
FORD_MONDEO_s.jpg
ヨーロッパカーラインのトップモデル モンデオに試乗
フォーカスと血統を同じくするモンデオははたしてどんなクルマなのか?
フォード サーキット エクスペリエンス
ワクワク・ドキドキ「フォード サーキット エクスペリエンス」
あいにくの雨模様にも関わらず、大勢のフォード・ファンが集まった今回のイベント。こんなにも沢山のフォード車を見て、触れて、味わうことができる楽しい機会を 1 回こっきりにしてしまうのは惜しい!
フィエスタST試乗記_000.jpg
「ホットハッチの真打ち登場」フィエスタ ST に乗った !
個人的にも楽しみにしていた フィエスタ ST の試乗が実現。今回は、フィエスタ ST の魅力を徹底解剖したい。
フォエスタ_ST_インタ_000.jpg
導入間近 !? 「フィエスタ ST」のヒミツを探る
今回はフォード・ジャパン・リミテッド プロダクトマーケティング部 マネージャー 木下 洋さんにフィエスタ ST のヒミツを伺った。

Copyright (C) 2001-2007 VividCar.com. All rights reserved.
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |