file1182
vivid_mark_s
myfave298ノーブル
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |
vividsearch2
search_car2
search_article2
tab_star2005/09/16tab_endくらしっくミニとのくらしの手帖
くらしっくミニとのくらしの手帖 第 3 話「チョイ乗りインプレッションズ」
くらしっくミニとのくらしの手帖
ちょつと旧いミニとの生活をレポートしてゆく「くらっしっくミニとのくらしの手帖」も 3 回目。少し間が開いてしまって申し訳ないが、実はメーター直したりウォーターポンプ交換したりと、なんだかチョコチョコと入院していたのである。が、修理も完了。とりあえず元気になったミニは、真夏の街を元気よく走り廻っている。

文 =まつばらあつし
写真=まつばらあつし

取材協力=「 GARAGE MORRIS 」株式会社ジーエム

tab_face
まつばらあつしSicon_homeまつばらあつし
[vividcar エグゼクティブディレクター]
VividCamera も少しづつコンテンツが増えてゆくのでお楽しみに。
また、クルマ関係の記事や、バイクとかいろんなものにも焦点を当てて行きたいと思うので、そちらの方もどうぞご期待を。人間としてはオートフォーカスじゃなくて、決めたものにフォーカスを合わせるマニュアルなタイプかも。
チョイ乗りインプレッションズ・part1

現時点で「問題がない」という程度まで手を入れた我々のくらっしっくミニはスコブル元気。真夏の都会を走っても大丈夫なクーラーの効きも頼もしい。オイル漏れも修理したので現時点では目立ったところも無いし、ウォーターポンプを取り換えたおかげで、乗る度にラジエーターの水を気にすることが無くなったのは精神的に安心する。

というわけで、さっそく本題。
今回は「チョイ乗りインプレッションズ」と題して、友人や知り合いに、我々のミニにチョイ乗りしてもらい、その感想を忌憚なく訊いてみようと言う企画だ。
今回は三人の方々にチョイ乗りをしてもらい、いろいろとお話を訊いて観た。初めてミニに乗る人もいれば、久しぶりに乗る人もいる。はたしてどうなることやら・・・・。

ミニ_3_002.jpg

山崎修さん、チョイ乗る

名前:山崎修
職業:編集プロダクション経営
所有車:ニッサンセレナ
天候:曇

編集プロダクションを経営している山崎さんは、男性誌やクルマ関係のムックで様々なクルマと付きあってきたことがあるベテランだ。もちろんミニのステアリングを握ったことも何回かある。とりあえずキーを渡してチョイ乗りドライブに出発していただいた。そのインプレッションは・・・

「久しぶりに乗るけれど、低速時の操舵力は、現代のクルマに慣れているとやはり半端じゃない重さ。衰える一方の体力を維持するには有効な道具かも・・・」
と、ほとんど健康器具状態(笑)のくらっしっくミニ。慣れてくるに従ってペースは上がり、皇居周辺の走っていて気持ちの良い並木道を流してゆく。

「センターマフラーにしてある排気音は結構イイ感じ。近所の人にはちと申し訳ないけど(笑)・・・。でも、この音を聴いているとなんか元気が出てくるような気がする。それに、こうしてステアリング握って、ミニの車内から見る風景が、どことなく優しい感じ。「性能」とか「効率」「経済性」などに縛られないで、世の中と付きあって行けるような気がするな」
と、台詞だけはマジメに言ってはいるものの、走ってる最中はデッカイおもちゃで遊んでいるデッカイ子供のように、顔が笑いっぱなし。もっとも、ミニはクソ真面目な顔して運転するより、ニコニコしながら運転してたほうが似合うクルマではないかと思う。だから正解。図体のデカイオトコが二人、真っ昼間の東京をニコニコしながら小さなクルマで走り抜ける。

「こうして乗ってるとミニは楽しいね。デキの良過ぎる国産車やドイツのクルマでは、何年経っても成し遂げられない魅力がある」と、ほとんどべた褒め。そこで「ミニどうですか、一台?」と訊いてみたところ、ちょっと悩んで「駐車場所があれば・・・」と。
結構ココロが動いていたようで・・・・

ミニ_3_001.jpg



サブリンさん、チョイ乗る

名前:サブリン
職業:クリエイター
所有車:ホンダ シビック Type R
天候:雨

超メジャーで有名なゲーム関連のWebサイト作成などで活躍中のサブリンさんは、実はライセンス保有のレーシングドライバーでもある。所有のシビック Type Rをファミリーカーだと言い張る剛腕だ。

雨の中のチョイ乗りドライブだったので、あまりガンガン走らせることは出来なかったサブリンさんだが、乗り始めて最初に気がついたのがブレーキフィール。ちょいユル目の感触がどうも気になるようだ。

「ステアリングの重さは気にならない。レスポンスが思ったよりイイので全然オッケー。ドライビングポジションも、オフセットしてあるハンドルのおかげで、ちょっとレースっぽい(笑)」と、Type R 乗りらしく、操作系の重さは全然苦にして無い様子。前が空いたらフル加速、フルブレーキングを何回か繰り返していろいろチェックをはじめたが・・・

「うわっ、この 4 速 AT あたま悪っ。何年か前にオフクロが乗ってたカローラ II だかコルサの AT みたい。でも、ハンドルを含めたダイレクトな感触はいい。街乗りできるレンタルカートと言う感じ。ミニならカートよりも 3 人ほど余分に乗れるし」
と、やっぱりデッカイおもちゃで遊ぶデッカイ子供のように、ニコニコしながら走り回る。

「なんか、いろんな意味で懐かしい感じがしますね。路面ダイレクトな足回りなんかも好き。こういうの全然アリでしょ。乗り心地だって悪くないし。自分で持つなら、まずブレーキを何とかする。それ以外は問題ないかな。それにこのデザインは女の子にウケがよさそう(笑)」と、こちらもかなりベタ褒め状態。

「エアコン入れると目に見えてパワーダウンするのと、雨の日は視界がちょっと悪いけど、そんなのどうでもいいや。楽しいですコレ」

ミニ_3_003.jpg

西塔カオルさん、チョイ乗る

名前:西塔カオル
職業:グラフィックデザイナー
所有車:スバル レガシイ
天候:晴

西塔さんは「あまり運転するのが好きじゃない」と言っている、フリーのグラフィックデザイナー。普段は近所への買い物や週末のドライブでハンドルを握る程度とか。ミニのステアリングを握るのは今回が全くの初めて。

最初に動き出したときのハンドルの重さはかなりの衝撃だったらしく
「最初はロック掛かってるのかと思った」というほど。しかし動き出して、慣れてきたら「なんとか大丈夫」だそうです。
「なんか自分で「運転してる」という実感のあるクルマですね。曲がりたい方向に曲がり、前に進む、後ろに下がる。自分の意志を伝えて、クルマが応えると言うか」と、いいながら、一生懸命ハンドルを切る(笑)。

「見た目もスゴク可愛いけど、乗ってからの動きもなんだか可愛いですよ、コレ。小さいから近所の足と言うか、自転車感覚。レガシイみたいな大きめのクルマより、街の中で乗るには現実的かもしれない。思ったよりスピードでないから、裏路地でも安心だし」と、結構冷静に判断しているようだ。

「たとえば軽自動車って、申し訳ないけど欲しくないと言うか、なんか所有する気にならないけど、ミニなら買いたいと思いますね。これなら一緒にどこかに行こうと言う気になるし。ファッションの一部というか、普段使うカバンと言うか、身に付けるもの的な感覚で「欲しい」と思わせる、その演出とかデザインが秀逸」西塔さんはデザイナーだけあって、メカニカルな面ではなく、ソフトウエアとしてのミニをいろいろ感じ取っているようだ。

「外国車だから故障が心配だけど、うーん、これならイイかな。レトロっぽい筐体もイイ感じだし、運転が面白いって思える気がします」
レトロっぽいと言うか、旧いクルマなので(笑)。しかも筐体って家電かパソコンみたいに表現するあたりがスゴイ。

でも、ミニは「運転するのが面白い」と、思わせてくれるキャラクターを持っているのが、どうやらハッキリしてたようだ。「いや、結構楽しかったです」と、帰りに缶ジュースをいただいちゃいました。どうもごちそうさまです。こんどレガシイと交換しちゃいますか?

みんなタノシイ

さて、チョイ乗りインプレッションズの一回目。
おおむね「タノシイ」という意見でまとまったようだが、もちろんクルマの安全面でのリスクや経済性、利便性など、重箱の隅をつつけばイロイロと問題点もあるだろうくらっしっくミニ。でも、そういうマイナス面を押しのけるほどの楽しさを味合わせてくれるのが、コイツのスゴさかもしれないと、改めて思った次第。だって、運転してるとき、みんな本当に楽しそうな顔をしているのだから。

ミニ_3_004.jpg



onSubmit="popUp('','EnqPage')" target="EnqPage">



tab_links_b
ガレージモーリス.jpg
「GARAGE MORRIS」株式会社ジーエム
http://www.garage-morri...
本社:東京都目黒区八雲3-26-9
03-3723-2458

WEST店:横浜市都筑区東山田106-1
045-594-2658
悠々社_リンク.jpg
悠々社
http://www.yuyusha.co.j...
山崎修さんの会社のサイト
サブリコム_リンク.jpg
サブリコム
http://www.saburi.com/v...
サブリンさんのサイト
西塔カオル_リンク.jpg
Kaoru's Design Resort
http://www.ks-design.jp...
西塔カオルさんのサイト
recommend
ミニ_1_000.jpg
くらしっくミニとのくらしの手帖 「はじまり」
ひょんな事から我々の手元に来た、ちょっと旧い「ミニ」。BMW 社製で最近人気の「ニューミニ」に対して「くらしっくミニ」と呼ぶ、小さくて愛嬌のある顔つきのアレ。そんなミニと、これからしばらく暮らして行こうと思う。
ミニ_2_000.jpg
くらしっくミニとのくらしの手帖 第 2 話「いろいろあるけど元気です」
ひょんな事から我々の手元に来た、ちょっと旧い「ミニ」。BMW 社製で最近人気の「ニューミニ」に対して「くらしっくミニ」と呼ぶ、小さくて愛嬌のある顔つきのアレ。そんなミニと、これからしばらく暮らして行こうと思う。
サマリー情報_サムネール
なんっちゃってオリジナルミニ
オリジナルモデルは欲しいけれど毎日使うクルマだから雰囲気と実用性を両方欲しい。となるとこういう選択もあるかも知れない。
サマリー情報_サムネール
MINI OLD vs NEW
旧ミニとの比較なくして、新型ミニを正当に評価することはできない。
サマリー情報_サムネール
新10年10万キロストーリー vol.03
東京西麻布で建築設計事務所を主宰している安部さんが 11 年前に購入した 1989 年型「99 X」
サマリー情報_サムネール
14th Coca-Cola MINI JAMBOREE
今年で 14 回目を迎えるミニのお祭り。ミニで来たお客様が全員でコースをパレード。
000.jpg
くらしっくミニとのくらしの手帖 第 5 話「ミニのNGポイント」
我々のミニにとってのNGポイント、すなわち「ココに行ったらヤバイ」とか、「これはちとマズイのではないか」と気をつけなければならない点を今回はピックアップ。
000.jpg
第 35 回湘南ヒストリックカークラブ in 大磯
ありとあらゆるヒストリックカーが集う湘南ヒストリックカークラブのイベントもついに 第 35 回。今回もなかなか面白い車が集まったようです。
mini04-S.jpg
くらしっくミニとのくらしの手帖 第 4 話「フツーのミニと、ちょっと違うところがある」
今回は、このミニのちょっとフツーのミニと違うところをいろいろご紹介してみよう。
Copyright (C) 2001-2007 VividCar.com. All rights reserved.
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |