file1196
vivid_mark_s
myfave298ノーブル
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |
vividsearch2
search_car2
search_article2
tab_star2005/10/17tab_endくらしっくミニとのくらしの手帖
くらしっくミニとのくらしの手帖 第 4 話「フツーのミニと、ちょっと違うところがある」
くらしっくミニとのくらしの手帖
ちょつと旧いミニとの生活をレポートしてゆく「くらっしっくミニとのくらしの手帖」、その 4 回目。今回は、細かなところをいろいろご紹介してみよう。我々の手元にきた時から、その佇まいというか、ちょっとフツーのミニとは違う所があるなあ、とは思っていたのだが、調べると結構たくさんあるのだ。このミニは。

文 =まつばらあつし
写真=まつばらあつし /nassy

取材協力=「 GARAGE MORRIS 」株式会社ジーエム

tab_face
まつばらあつしSicon_homeまつばらあつし
[vividcar エグゼクティブディレクター]
VividCamera も少しづつコンテンツが増えてゆくのでお楽しみに。
また、クルマ関係の記事や、バイクとかいろんなものにも焦点を当てて行きたいと思うので、そちらの方もどうぞご期待を。人間としてはオートフォーカスじゃなくて、決めたものにフォーカスを合わせるマニュアルなタイプかも。
ノーマルで乗ってるヒトは少ない?

中古屋などでミニをみると解ると思うが、くらっしっくミニ、ノーマルで乗ってる人の方が少ないんじゃないかと思うくらい、どのクルマもいろいろ手が入っており、同じ年式、同じグレードでも細かな違いがあったりして、そこがオモシロイというか、皆さんそれぞれいろいろなこだわりや思い入れがあるものだなあと、改めて感心するのだが、さて、我々のミニはどうだったかというと、やっぱりノーマルではありませんでした。
車高を下げていたり、センターマフラーにしてみたり、眼に見えるエクステリアだけでもかなりのイジリ具合ではあるのだが、実はインテリアも、芸が細かいというか、いろんなところがイロイロと手を加えられていたりするのです。

mini04_001-.jpg
綺麗な造形のライトレバースイッチ。パーツを交換しただけだが、見かけも使い勝手もかなり向上。インパネまで手を伸ばさなくていいのも安全。

使い勝手のイイ面とワルイ面

まずはライトのスイッチ。
元々はインパネの同じ場所に並んでいる、ハザードやデフォッガのスイッチと同じ、プラスチックの安っぽい感じのものだったハズだが、レバー型のシンプルなものに替えられている。これは、見た目も使い勝手もかなり良好で、ノーマルの黒くて小さなヤツをカチカチいじるより、レバーをチョンと下げてあげるだけで非常に簡単。一段下げるとスモール、もう一段下げるとヘッドライトが点灯する。スイッチの節度もカチッとしており、スマートかつスピーディな操作が可能だ。
最近のクルマに多い、ハンドルポストから生えているコラムレバーをクルクル回すヤツよりもよほど好ましい感じがするし、何よりもその操作感が心地イイ。

mini04_002-.jpg
ノンパワーのウインドウは、例のクルクル。多くのクルマとは逆方向のクルクルなので、はじめて乗るヒトは少々面食らう。動作は軽快で、これも結構気持ちいい。

もう一つ、インテリアで目に付く変更点が、ドアの開閉レバーと、ウインドウの開閉ハンドル。どちらもクローム仕上げの、キレイなカタチをしたパーツなのだが、こちらは見た目とは裏腹に、少々使い勝手が低下している。
ウインドウの開閉ハンドルは、単に回す方向が多くのクルマと逆方向なだけですぐに慣れるが、ドアの開閉ハンドルは、取り付け位置の関係上、上に「押しあげる」と「開く」ようになっている。家などの普通のドアの場合、ハンドル式の場合は「押し下げて」「開く」というのが一般的だから、ミニのこいつは、なんか人間の感覚からすると逆動作のような気がする。この辺の感覚の違いはなかなか慣れないものだ。

mini04_003.jpg
削り出しのセレクタカバー。渋いクロームの光り具合が、ミニのインテリアとなかなか合っている。クロームパーツが多くても、下品にならないのがミニのすごい所かもしれない。

オートマチックのセレクタ表示部も、クロームパーツに交換されている。ヨクみるとコイツは「削り出し」?。うわあ、なんか高そう。しかし、内部はそのままなので、隙間からのぞくセレクタのカバーや、操作そのものは全くのノーマルで、正直安っぽい(笑)。
だいぶ慣れたつもりでも、相変わらずリバースの位置は節度感が乏しく解り難い。しかし普段は「D」ポジションにしておけばいいので、一番手前にレバーを押し込んでおけばいいから気楽なものだ。
他にもペダル類やインパネのあちこちにクロームパーツが使われていて、正直「結構金かかってる感じ」がする。

mini04_004.jpg
フェンダーミラーはコンパクトで、クラシカルなデザインも可愛い。ボディの曲面にマッチした、ミラーステーの微妙なカーブがイイ感じだ。

mini04_005.jpg
運転席からみるとこんな感じ。鏡面積が小さいので視野は狭い。雨の日はワイパーの拭き取り部分の外側になるので水滴で見えなくなるのは少々哀しい。


フェンダーミラーの功罪

くらっしっくミニはフェンダーミラーがよく似合う。ノーマルのドアミラーもモダンで悪くは無いけれど、ほんのちょっとだけ盛り上がったフェンダーの頂上に、ちょこんと小さなミラーが乗っかっているのはとても可愛い。マジ可愛い。多くのミニ・オーナーがフェンダーミラーを付けたくなる気持ちはよく解る。というわけで、我々のミニもフェンダーミラーだ。
フェンダーミラーのいい点は、まず第一にカッコいい。もちろんそれは「ミニ」だからではあるが、くどいようだがヨク似合う。
他にも、ドアミラーに比べると全幅が少しだけ少なくなるなどの、イイ点もあるが、もちろんフェンダーミラーならではのマイナス面もあったりする。
まず、離れた場所にあり、ミラーの表面積が小さいので視野が小さい。また、位置関係からフロントガラス越しにミラーを観る事になるのだが、雨が降った時はワイパーの拭き取り面の外側に位置しているので、殆ど役に立たなくなる。しかも水滴が付いても手が届かないので車内から拭く事もままならない。ミニのフェンダーミラーは、雨の日にはただの飾りになってしまうのだ(笑)。もちろんリモコン式ではないので、ミラーの微調整は、いちいち車から降りて調整しなければならない。一昔前までは、交差点で停まるとドライバーが素早く降りてきて、ささっとミラーを調整して、慌てて戻ったりする光景がよくみられたものだが、このくらっしっくミニでは、まだまだ、現役の行動なのである。

今月の「チョイ乗りインプレッション」

さて、今回もチョイ乗りインプレッションをご紹介。できれば毎回ひとりづつ掲載して、できるだけ多くの人にくらっしっくミニを体験していただき、その感想などを訊いて行こうと思う。

くらしっく ミニ

月島ツカサさん、チョイ乗る

名前:月島ツカサ
職業:Webクリエイター
所有車:フォルクスワーゲン ゴルフ III
天候:晴

Web クリエイターとして、あるいはライターとして活躍中の月島さん。普段はゴルフ III やヤマハ・マジェスティを仕事の足として、街中を駆け抜けている。メジャー系の 2 台を振り回すだけあって、慣れてないはずのミニも数分で手足のように操りだす。そのインプレッションは・・・

「ちっちぇー」と言うのが第一声。「すんげー小さいので、コレはどうかと思ったけど、乗ってみるとそうでも無いです、結構広い」。とにかく「見た目が可愛い」ので、とっても好印象?のご様子。
しばらく経てばまるで自分のクルマのように、スムーズに街中を駆け抜けて行く。「ハンドリングはシャープでバイクっぽい。で、排気音とか結構大きいし、目線が低いのですごく速く感じるけど、実はそんな速くないっていう感じも悪くないです。自分で運転して走ってると、気持ち良くて楽しいという感じにさせてくれるのは、いいなあ」と、結構気に入っていただけたようだが、じゃあゴルフと取り換えますか?と訊いたら「やだ」と即答されました。
「多少ガタガタしてるけど、乗り心地はまあオッケー。フェンダーミラーとか革張りのシートもイイ感じです。ミニってなんか運転する仕事というか、手足を出す順序を考えるのが結構楽しいクルマですね」とイイ所が連発。

しかし、しばらく乗っていると気になる所もいくつか見えてくるようだ。
「シートの位置関係が良くないというか、足に合わせると手が遠くて。位置合わせも難しいから、ちと減点。シフトレバーのクリック感が無いのも不安だし、まあ、大きさを考えるとしょうがないけれど、リアシートの乗り降りはパズルみたいで、ある意味楽しめそう」と、減点部分がいくつか。それでも運転している間は、結構ニコニコで楽しそう。使いにくい所もあるけれど許容範囲。基本的には可愛くて好きになりました、との言葉を戴けた。
さて、試乗の最後に東京駅前のコインパーキングに縦列駐車をする事になったのだが・・・「ハンドル死ぬほど重っ!」と最後の最後で最強の試練が待ち受けていた(笑)。ノンパワーのステアリング、パワステに慣れた方には少々キツイかもしれない。

そろそろモディファイ

というわけで、くらっしっくミニも我々の手元にきて半年がすぎた。大きなトラブルも無く、毎日快調に走り回っているが、この辺で少しづつ手を入れて行こうと考えている。インテリアやエクステリア、電装系(まずはオーディオを直したい)など、予算の都合もあるが、できるだけ快適で楽しいミニに仕上げて行きたいと思う。

mini04_007.jpg



onSubmit="popUp('','EnqPage')" target="EnqPage">



tab_links_b
ガレージモーリス.jpg
「GARAGE MORRIS」株式会社ジーエム
http://www.garage-morri...
本社:東京都目黒区八雲3-26-9
03-3723-2458

WEST店:横浜市都筑区東山田106-1
045-594-2658
recommend
ミニ_1_000.jpg
くらしっくミニとのくらしの手帖 「はじまり」
ひょんな事から我々の手元に来た、ちょっと旧い「ミニ」。BMW 社製で最近人気の「ニューミニ」に対して「くらしっくミニ」と呼ぶ、小さくて愛嬌のある顔つきのアレ。そんなミニと、これからしばらく暮らして行こうと思う。
ミニ_2_000.jpg
くらしっくミニとのくらしの手帖 第 2 話「いろいろあるけど元気です」
ひょんな事から我々の手元に来た、ちょっと旧い「ミニ」。BMW 社製で最近人気の「ニューミニ」に対して「くらしっくミニ」と呼ぶ、小さくて愛嬌のある顔つきのアレ。そんなミニと、これからしばらく暮らして行こうと思う。
ミニ_3_000.jpg
くらしっくミニとのくらしの手帖 第 3 話「チョイ乗りインプレッションズ」
今回は「チョイ乗りインプレッションズ」と題して、友人や知り合いに、我々のミニにチョイ乗りしてもらい、その感想を忌憚なく訊いてみようと言う企画だ。
サマリー情報_サムネール
なんっちゃってオリジナルミニ
オリジナルモデルは欲しいけれど毎日使うクルマだから雰囲気と実用性を両方欲しい。となるとこういう選択もあるかも知れない。
サマリー情報_サムネール
MINI OLD vs NEW
旧ミニとの比較なくして、新型ミニを正当に評価することはできない。
サマリー情報_サムネール
新10年10万キロストーリー vol.03
東京西麻布で建築設計事務所を主宰している安部さんが 11 年前に購入した 1989 年型「99 X」
サマリー情報_サムネール
14th Coca-Cola MINI JAMBOREE
今年で 14 回目を迎えるミニのお祭り。ミニで来たお客様が全員でコースをパレード。
000.jpg
くらしっくミニとのくらしの手帖 第 5 話「ミニのNGポイント」
我々のミニにとってのNGポイント、すなわち「ココに行ったらヤバイ」とか、「これはちとマズイのではないか」と気をつけなければならない点を今回はピックアップ。
Copyright (C) 2001-2007 VividCar.com. All rights reserved.
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |