file1205
vivid_mark_s
東京モーターショー2005東京モーターショー2005
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |
vividsearch2
search_car2
search_article2
tab_star2005/10/28tab_endTokyo Motor Show ア・ラ・カルト
トウキョウモーターショー 編集員の言いたい放題 柴田編「GM シークエル」
これからは地球に優しいクルマが必要
開発が困難とされていながらもこれからの地球環境を見据えた、燃料電池車の開発を進めているメーカーは社会的に見ても尊敬の念に値するのではないだろうか。今回モーターショーでは様々なクルマ達が発表されたが、その多くは所謂化石燃料のガソリンで走るというモノ、実用化はまだ少し先のようだが燃料電池車の展示もあった。
中でも気になったのが「GM シークエル」だ。

文と写真:柴田康年(VividCar.com)
写真:若林正幸

tab_face
1202_sicon_home柴田康年
[VividCar元編集員]
最近、アナログ事が好きになってきました。
01.jpg
存在感溢れるエクステリアデザイン。
かっこいいじゃん

忙しさにかまけて、なんの予習もしないで会場に入った私は、現在所有しているクルマが SUV なのでどうしてもそれらの新型車やコンセプトカーに目が行ってしまった。
で、初めに目に付いたのが、このクルマ「GM シークエル」だった。
エクステリア、インテリアとも私の好みに合っている。が、かなり未来的なフロントマスクを見ながらすぐに考えたことがあった「これでいつも行くオートキャンプ場なんかに行ったらかなり場違いだと」それぞれクルマの用途は違うにしてもあまり現実離れしたデザインのクルマは乗る服装まで気にしないとだめな気にさえなってくる。

02.jpg
マフラーはどこにも見あたらない
燃料電池車じゃん!

恥ずかしながら、このシークエルが燃料電池車だと気づくのは見始めて少し経ってからだった。なんか私のイメージの燃料電池車はもっともっと現実離れしたデザインか、現行車を使ったものだと言うイメージが強かったので、ほどよくコンセプトカーでほどよく現行車というか現実に近いデザインのシークエルには何の疑いも無かった。
で、これが燃料電池車だと気づいたときにはちょっと驚きましたね。「こんなに完成度も高く現実的な燃料電池車があるのだと」
まあ、遠い将来発売されるだろうけどきっと高額な値段だろうなと・・・やけに現実的な考えを巡らした。地球環境には優しいけどお財布にはかなり厳しいクルマだと。

03.jpg
シンプルで洗練されたインテリア
燃料電池車って

ここで、ちょっと簡単に燃料電池車について。皆さんどこまでしってますぅ。。
水の電気分解の逆の要領で、水素と大気中の酸素を化学反応させることにより電気を生み出しそして、モーターを回して走る。後に排出されるのは「水」だけ ! なんて地球環境に優しいんだろう。で、必要な燃料は、水素、つまり水素スタンドで、水素満タン ! ということになる。
枯渇する石油燃料に替わって開発がされているだけあって、水素の枯渇はほとんど心配しなくても良いようだ。というのも、水から、植物やバイオマス等の再生可能資源からの抽出が可能、もちろん、石油、天然ガス、石炭等の一般的な再生不可能資源からも抽出可能ということらしい。
車両もお値段も気になることだが、走りも気になる。このシークエルは燃料電池車の中では飛び抜けた性能を持つことが調べて分かった。水素を燃料として 300 マイルの走行(つまり 480 km ) 0 - 60 mph 加速は 10 秒未満(つまり 100km/h 出すのに 10 秒以下)と、正に現在使用しているクルマもしくはそれ以上の走行性能をもっていることが分かった。
実用化は目の前のような気もするが、問題はインフラ。ガソリンのようにどこでも給油というのか給水素が出来ないと・・・。地球環境を考えるには社会的規模での取組が必要のようだ。

04.jpg
燃料電池車を作るにあたり、それら設備を搭載するには SUV クラスの大きさがまずは必要となるようだ。だからまずは SUV から燃料電池車ができてくるんだろうと予想される。
実際に乗っていないので何も言えないが、現代の技術を集約して作られているのだから乗り心地やハンドリングはきっと良いのではないかと、あとはエンジンではない水素から発生させた電気で動くモーターのパワートレインのフィーリングがどうかといったところ。
0 - 100 km/h が約 10 秒と言うから結構期待できそう。機会があれば是非目の黒いうちに試乗してみたいモノだ。

05.jpg
参考までに

シークエルの前後重量配分は 50 対 50 で、重心も低い位置にあり安定した構造をしている。また、ABS とスタビリトラックに加えて、前後にトルク制御を備えた独自の全輪駆動装置を装備して車両の安定性と駆動力を高めている。
前軸は横軸に取り付けられた三位相式 60kW の電動モーター 1 機で駆動させ、後輪は三相 25kW の電気ホイール・ハブ・モーター 2 機を使用。最大出力は合わせて 110kW。

recommend
グランデプント_000.jpg
トウキョウモーターショー 編集員の言いたい放題 斉藤編「フィアット グランデプント」
イタリア車フェチの私、斉藤がトウキョウモーターショーでときめいてしまった一台、それが「グランデプント」なのであります。初恋のような淡い想いを抱かせてくれたこの「グランデプント」とは一体どんなクルマなのでしょうか ? ときめきながら綴ってみました。
Bugatti_Veylon.jpg
第 39 回東京モーターショー注目のクルマは !?
ついに 39 回を数えた東京モーターショーは、今年 50 周年という区切りの年を迎えました。VividCar では読者も参加できるコンテンツを企画しています。どうぞお見逃し無く。
F-Cells.jpg
燃料電池乗用車“F-Cell”が公道走行試験を開始
A クラスをベースとした燃料電池乗用車の大臣認定を取得。これを踏まえ、日本国内で公道走行試験を実施
GM HydroGen3
Fuel Cell, For Bright Future
公道走行可能な GM の燃料電池車、 HydroGen3(ハイドロジェン・スリー)に体験同乗してきました。未来のクルマはもうすぐそこまで来ています !
Copyright (C) 2001-2007 VividCar.com. All rights reserved.
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |