file1221
vivid_mark_s
e_showroom298eshow_212.jpg
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |
vividsearch2
search_car2
search_article2
tab_star2005/11/18tab_endBrand New Focus
Vivid ユーザーが見た新型フォーカスの魅力
先ごろ行われた、 VividGarage の洗車オフ会の特別ゲストとして新型フォーカスが登場。クルマ好き Vivid ユーザー達も初めて触れるフォーカスに興味津々。早速わいわいがやがや評論会が始まりました。フォーカスに接する機会の多かった私にも見つけることのできなかった、フォーカスの魅力をいくつかご紹介しましょう。

まとめ=山中航史(VividCar.com)
写 真=西山真由美(VividCar.com)
   =山中航史(VividCar.com)

tab_face
山中航史 icon_home山中航史
[WEBディレクター]
S2000とMINIコンバーチブルという、こよなくオープンカーを愛するおっさんです。そろそろお腹と白髪が気になりだす年頃。でも「Always Open!」
Focus/フォーカス
第 2 回 VividGarage オフ会に新型フォーカス見参 !
Focus/フォーカス
Focus/フォーカス
参加者はエンジンルームからドアのつくり、足回りの様子などいたるところをチェック !
洗車オフに飛び込み参加 !

VividCar.com では、これまで様々な角度から新型フォーカスの魅力をお伝えしてきました。編集スタッフによる試乗会レポートからは旧型の持つ走りの良さをさらにブラッシュアップさせつつ、より品質感を高めた内外装をご紹介しました。また、モータージャーナリストによる詳細な分析からは、旧型と比較しつつそれらをより具体的なポイントとして浮き彫りにしてきました。

しかし、実際に所有することになるような一般ユーザーの方達はズバリ「自分の価値観やライフスタイルにどれだけマッチするのか」という視点で対象となるクルマを評価します。さらに、それら価値基準は一人一人異なるため、新型フォーカスの新しい魅力が彼らとマッチするのかどうかは実際に聞いてみなければわかりません。

それじゃあ実際に聞いてみましょう ! というわけで、第 2 回 VividGarage オフ会(詳しくは右のリンクからどうぞ)にお集まりいただいた 7 台の(元も含む)輸入車オーナーの方々に新型フォーカスをご紹介し、実際に乗って触れてみていただきました。はじめは遠巻きに車を見ていた皆さんでしたが、さすがはクルマ好きな Vivid ユーザー。ボンネットを開けてエンジンルームを覗き込んだり、入れ替わり立ち替わり運転席や後部座席に座ってみたり。実は、皆さん全員が新型フォーカスを見るのも触るのも今回が初めてとのことでした。こちらはセールスマンになったような感じで皆さんからのご質問に答えていたのですが、逆に「ああ、そんなことも気にされるんだ」という新しい発見に驚かされることも少なくありませんでした。

その中から代表して 2 名の参加者の方のご意見をご紹介いたしましょう。

Focus/フォーカス
「外から見ると顔つきがよりヨーロッパ車ぽくなったと思います。室内も高級感が増してますね。」
Focus/フォーカス
「リアシートもしっかりしてますね。フォールダウンした背もたれのがっしり感でわかります。」
Focus/フォーカス
「この車検証入れは非常に高品質な感じがして Good ! 」

「細かいところまで高められた品質感がいいですね」

現在は国産スポーツカーにお乗りの T さん。ご家族のための足となるようなクルマの増車を現在検討中とのこと。今回のフォーカスはそういう点ではちょっと気になる存在になったようです。

以前はランドローバーや MG にも乗っていたという根っからのクルマ好き。しかもそのクルマのスペックだけでなく、生い立ちやヒストリー、雰囲気も非常に気にされるとのこと。

車外から新型フォーカスを見ていた T さん。タイヤが小さく見えるなぁとポツリ。スポーツカー乗りとして、外観にもちょっとしたこだわりがあるようです。

ぐるりと外から見た後はいよいよドアを開けて車内へ。ところが意外にも最初にチェックしたのはリアシート。ご家族が主に乗ることになるであろう後席の広さをチェックされていました。格納時にすっきり収まり、使用時にはしっかりと伸びるヘッドレストに感心されると、次はそしておもむろに背もたれを何度か倒したり起こしたり。荷室が広がるハッチバックタイプは使い勝手に優れますが、リアシートの作りが安っぽいと事故の際に荷物が車内に飛び込んできて非常に危険です。新型フォーカスではその心配も全くない位がっしりしていて安心されたとのことです。なるほど、実際の使用をイメージしてのチェック、恐れ入りました。

続いて運転席に移動してシートの着座感や各操作系のフィーリングをチェック。外から見た印象と中から見た印象にブレがなく、欧州車としての高級感や安心感を感じるとのことでした。新型フォーカス最大のポイントはどうやら伝わったようです。今回は時間や場所の都合で試乗とまではいきませんでしたが、実際に運転したら走りの面でもブレがないことをきっとご確認いただけたことと思いますよ。

最後に助手席のグローブボックスを開けて彼が私に見せてくれたのが、左の写真の車検証入れ。これはなかなかイイ ! とその高級感にご満足のようでした。確かに車検証入れは盲点でしたねとこちらもビックリしました。こういう細かいところの煮詰めや気配りが、最後の最後にユーザーのハートをくすぐるんでしょうね。

Focus/フォーカス
「車内は凄く広いですね。」
Focus/フォーカス
「トランクルームは外から見る以上に広くて使いやすそうです。」
Focus/フォーカス
「この場所に発炎筒があるのは初めて見ました。」

「使い勝手の良さが印象的です」

実は今回のオフ会が初参加という I さん。実はオフ会の場で VividGarage に登録していただき、その場で初日記も書いていただきました。そんな I さんは 6 台ものクルマを次々と乗り継いできた大のクルマ好き。現在は英国製のスポーツカーで走る、止まる、曲がることの楽しさを再認識されたとのことです。

そんな走りの楽しさなら負けていない新型フォーカスでしたが、今回は試乗はなしということで、主に車内や荷室をチェックされていました。

運転席では広々とした室内に感心。電動シートにもびっくりされていました。このクラスで電動シートというのは確かに珍しいですよね。電動シートだと自分にぴったりのポジションを作りやすいので便利、とのこと。次にブラックパネルが美しいオーディオに注目。整然と並べられたスイッチや、左右独立調整式のエアコンの操作部も気になっていたようです。

次にトランクルームをチェック。リアホイールの出っ張りのない、深い荷室にびっくり。外から見たクーペスタイルとは裏腹の大きさ、深さ、スクエアさは予想をいい意味で裏切ってくれたようです。

最後に再び運転席へ。そこで何度かドアを開け閉めしていたときにふと指差して教えてくれたのが、ドアポケットの前に固定されていた発炎筒。「普通は助手席のマットの後端とか助手席側の A ピラーの根元にありますよね。でも、それだといざ使いたいときに手が届かないし、そもそもどこにあるのか気がつかない人もいるんじゃないですか。ここならさっと手にとって外へ出られます。素晴らしいですね。」

うーん、そこまで気がつかれるとは・・・脱帽です。

その他にいただいたご意見も一部ご紹介いたしましょう。

「 3 ドアが出たらちょっと気になる」
ひょっとして ST のことですか ?

「オートマが 5 速ならもっと良かったかなぁ」
いやいや、むやみに多段化しても重くなったり高価になるだけですよ。

「 200 万円前半ならセカンドカーにいいかも」
今回ご紹介した 2.0 は 270 万円ですが、もうすぐ出る 1.6 なら 220 万円ですよ !

「(給油口からタンクへと続く)フィラーパイプがしっかりコストがかかっているようで感心した」
通常よりもクオリティを上げているんだそうです。いやー、そんなところまでチェックされちゃったとは・・・

今回の皆さんの評価を伺って強く感じるのは、具体的な利用シーンをしっかりとイメージされているということ。クルマ好きというと単なるスペックや見た目のデザインで評価しがちかな、と思ってしまいそうですが、限られたご自身のお金を使って様々なクルマに乗っているだけに、リアリズムに徹した厳しい視点をお持ちです。そんな彼らからしっかりと合格点を獲得した新型フォーカス。さぁ、次に評価するのはアナタです !

Focus/フォーカス
貴重なご意見をご提供くださいました皆さんと。ありがとうございました。
tab_cars_b
FORD_Focus-M.jpg
data
FORD Focus
tab_links_b
フォードジャパンリミテッド
フォード ジャパン リミテッド
http://www.ford.co.jp/
ニューフォーカスの詳しい情報はこちらから
フォーカス_007.jpg
FocuStyle
http://www.focustyle.jp...
recommend
フォーカス_000.jpg
本物への飽くなき追求「フォーカス 2.0」で走る
新型フォーカスの発表から約1ヶ月。ようやく新型フォーカスへ乗ることができた。今回はその模様をリポート。
フォーカス
日下部保雄が語るフォーカスの魅力
新型フォーカスの魅力とは一体何なのか。新旧フォーカスを乗りつくしたモータージャーナリスト、日下部保雄氏のオフィスを尋ね、詳しく話しを伺った。
フォーカス_ユーロプラス_000.jpg
バイヤーズガイドを利用してフォーカスを買った美香さんご夫婦の場合
今回は、ちょっと変わった質問をしてきた美香さんご夫婦のバイヤーズガイドの使い方をご紹介したい。
サマリー情報_サムネール
VividCar.com 読者の方が感じたフォーカスは
VividCar.com 初の読者参加企画、サーキットでのフォーカスの試乗会の模様をレポートします。
focus_試乗_001.jpg
フォーカス 03モデル 読者試乗会 前編
抽選で選ばれた読者の方 3 名にフォーカスを乗り比べてもらいました。まずは前編、試乗の模様をお送りします。
フォーカス座談会s.jpg
フォーカス 03モデル 読者試乗会 後編
抽選で選ばれた読者の方 3 名にフォーカスを乗り比べてもらいました。続いて後編、座談会の模様をお送りします。
vg-S.jpg
第 2 回 V-Garage & VividGarage オフ会報告
8 月に引き続きまして VividGarage 第 2 回オフ会を開催しました。今回のテーマは『愛車への愛情表現、それは洗車!』さてさて、その顛末のほどは・・・
洗車QQ隊
カーライフの強い味方「洗車 QQ 隊」
プロの技、サービスを宅配ピザ感覚で提供してもらえる、カーライフの強い見方「洗車 QQ 隊」をご紹介 !!
Copyright (C) 2001-2007 VividCar.com. All rights reserved.
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |