file1278
vivid_mark_s
driveimpre298メルセデスベンツ ML500
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |
vividsearch2
search_car2
search_article2
tab_star2006/03/11tab_end悪路もへっちゃら SUV
決着 The VS ! 【ポルシェ カイエンターボ & メルセデスベンツ ML500 編】
高性能プレミアム SUV 対決
今回はスポーツカーブランド対プレミアムブランド、真正面からの対決です。価格差もありパワー差もあるけれど、クルマとしてみたらどちらが勝利するのでしょうかね。クルマはパワーがある方が勝ち ! というわけでは有りませんからね。

3/25更新:お待たせいたしました ! 読者の皆様から頂いた判定総数は 263 件 ! その中からいくつかコメントを掲載させていただきました。沢山のご投稿本当にありがとうございました。【コチラをクリック !】

文 =柴田康年(VividCar.com)
写真=まつばらあつし
    柴田康年(VividCar.com)

tab_face
1202_sicon_home柴田康年
[VividCar元編集員]
最近、アナログ事が好きになってきました。
ポルシェ カイエン ターボ
SUV フォルムになってもポルシェと分かるその姿(やっぱり顔 ?)
PORSCHE Cayenne turbo

輸入車 SUV 市場が賑やかになってきたのは 2002 年ぐらいからだったかな、新型の導入やモデルチェンジが盛んに行われ、400 万円台から 1000 万円台までの幅広い価格レンジの中にかなりの数の SUV がラインナップされたのを思い出す。

そんな時に、スポーツカーブランドの代表であるポルシェがこのカイエンを発表し発売を開始したのをよーく覚えている。あのポルシェが「やっちゃった〜 !?」と、そのエクステリア、特にフロントマスクにがどこから見てもポルシェの顔をしていることに、まだ新米で、クルマ好きだった私にとっては衝撃的だった。

その後のいろいろな雑誌等でかなり高い評価を得ていたカイエン。SUV 好きの私としては是非機会があれば乗ってみたい 1 台だった。それが今回実現したのだ。(とはいえ、かなり短い時間だったのが残念)

今回試乗したのはカイエンでも特にグレードの高いターボモデルだ。V8 4.5L ツインターボで 450ps という強靱な心臓を持ったカイエンターボは、最高速度 266km/h、0-100km/h 加速 5.6 秒というとんでもない SUV だ。だからといってオンロードしか走れないなんちゃって SUV ではない。渡河可能な深さは 555mm で、最低地上高はサスペンションをハイレベルまで上げれば 273mm を確保するという本格的オフロードも得意な天才オールラウンダーだ。

このカイエンのエクステリアは、好みによって大きく好き嫌いが分かれると思うが、私はなんかカエルっぽくて大好きだ。ポルシェと言われなくてもすぐにそれだと分かる個性的なエクステリアに仕上げた点には、個人的に拍手を贈りたい。

メルセデスベンツ ML500
正当派 SUV かつ洗練された都会的なその姿(新型になってぐっとクオリティもアップ)
Mercedes-Benz ML500

続いて、輸入車ブランドとしては認知度 NO.1 のメルセデスベンツが誇る元祖プレミアム SUV、M クラス !

初めてこの M クラスが発表されたのは 1997 年で、あまり知られていないが、当時の SUV の世界に新しい価値観をもたらした 1 台だ。今回試乗した M クラスは 2005 年 10 月 11 日にフルモデルチェンジし、 M クラスとしては第 2 世代となる最新のモデル。

都会的なインテリアは、見ていても安心できる流石メルセデスの仕事と言える。高級感もあり SUV らしさも備わっている。しかし、最近の国産 SUV のスタイルに似ている点がちょっと気にになる。まあ、どちらが真似しているとかいうこともあるが、流行に合わせてデザインを突き詰めていくと似てしまうのでしょうかね。グリルに収まった大径エンブレムでそれと分かるが、もう少しメルセデスとしての個性が欲しいなぁと思うのが正直な印象だ。

この ML500 もカイエン同様、オンロードだけでなくオフロード走行もきっちりとカバーしている。ランドローバーお得意の急な下り坂でも車速を自動でコントロールする HDC と同じような DSR(ダウンヒル・スピード・レギュレーション)と呼ばれる機能も備わっている点から、オフロード走行もちゃんと視野に入れていることがわかる。

ポルシェ カイエン ターボ vs メルセデスベンツ ML500
とにかく開口部だらけのカイエン(左)と、巨大なスリーポインテッドスターがにらみを利かす ML500(右)。それでもインパクト勝負ならカイエンの圧勝。
ポルシェ カイエン ターボ vs メルセデスベンツ ML500
どちらも初めて乗った状態なら無茶苦茶速いクルマ。あえて乗り比べると、カイエンの方がさらに上手であることが確認できたが、ちょっとやりすぎたかも。
ファーストインプレッション対決

まずは、カイエンターボ。乗る前の期待(と不安)が大きすぎたのか、あまりに快適で静かで、気が付くとかなりのスピードが出てしまっているという感じ。ポルシェというからには、もう少しスポーツカーらしい、ポルシェらしいフィーリングとサウンドを期待していたのでちょっと拍子抜けした。らしさと言えば、グリップがちょっと堅く細いステアリングが印象的で、あっポルシェだ、と思った。

ターボの効き具合もマナー良くマイルド。一度アクセルを踏み込めば、静かにスムーズにある意味ポルシェらしくなく加速していく。今まで多くの SUV に試乗しているが、カイエンターボほど静かにスムーズにそしてクルマとは思えないような次元での加速は初体験だった。本当に静かで速いのだ。

そして、ML500。450ps のカイエンに乗った後だけに、約 150ps も少ない 306ps(といっても十分な力持ちだけど)の ML500 の評価は、ちょっと頭をリセットしないとまともに出来ない状態だった。少し走った時点では圧倒的にカイエンターボが勝っていると感じていたが、しばらく走っていると ML500 の快適さにホッとしてきた。カイエンターボも快適だが、人間の感覚には ML500 の快適さの方が自然に感じる。アクセルも踏めばそれなりにエンジン音も聞こえてきて、風の音もしてくる。

と言うことでファーストインプレッションは、人間の感覚に近い真面目な SUV ということで、ML500 の勝ちっ !

ポルシェ カイエン ターボ vs メルセデスベンツ ML500
左:カイエンターボ/特に印象的ではないが、ベージュを基本色としたインテリアは明るくて質感も高い
右:ML500/ブラックとグレーの配色にシルバーパーツでアクセント加えたまじめーなインテリア
ポルシェ カイエン ターボ vs メルセデスベンツ ML500
どちらのシートも座り心地、ホールド性ともに高く、申し分ない。さすが高級車。(左:カイエンターボ、右:ML500)
インテリア対決

実際に乗り込んでみよう。インテリアはいずれも高いクオリティでの対決だ。

13,440,000 円 という、 SUV としてはと言うよりもクルマとしてもかなり高価なカイエンターボ。私を含む一般的なサラリーマンには(おそらく)決して所有することの出来ない SUV だが、その室内は意外とシンプルだった。高級感を上げるための演出的なパーツもあまりなく、ウッドやアルミ素材を使った飾りはほとんどされていない。それだけに逆に革を丁寧に使い仕上げたインパネ周りなどが古典的な高級感を感じさせ、むしろポルシェらしいと言えるかもしれない。

一方、クールなグレートーンを基本色とした ML500 のインテリアは清潔感のあるスタイリッシュで現代的な印象。価格もカイエンターボに比べれば安いが、とは言っても 9,450,00 円也。これぐらいの価格帯のクルマになると、インテリアはほとんど文句の付けようのないぐらいクオリティも高く、使い勝手も良い。あとはどの内装色にするかという点だけで印象が大きく変わる。

カラーの影響も大きかったけど、同じレベルのクオリティながらその方向性がまったく逆というのは面白い。ということで、インテリア対決は引き分けだね。

ポルシェ カイエン ターボ vs メルセデスベンツ ML500
どちらも地上から床面までの高さがそれなりにあるので、あまり出し入れはしやすくないが、深くスクエアで容量は文句なし。トノカバーや 2 列目ヘッドレストがスマートに格納される ML500 の方が設計の新しさを感じる。(左:カイエンターボ、右:ML500)
ラゲッジスペース対決

どちらも 3 列目シートは無いため、ラゲッジスペースはそれなりに広く、フロアもフラットでそこそこ使いやすいと思われる。開口部の広さも、形状は違えどさほど変わりはない。

数値的にみると、カイエンターボが 540 〜 1,770 リッター、ML500 が 551 〜 1,830 リッターだ。僅差ではあるが ML500 の方が若干奥行きと高さがあり、左右の収納スペースも広い。ということで、ここは単純に数値で決定 ! ML500 の僅差勝ち!!

ポルシェ カイエン ターボ vs メルセデスベンツ ML500
左:カイエンターボ/ 450ps/6,000rpm、620Nm[63.2kgm]/2,250-4,750rpm
  4.5L V8 ツインターボ 6 速ティプトロニック S
右:ML500/306ps/5,600rpm、460Nm[46.9kgm]/2,700-4,250rpm
  5L V8 電子制御 7 速 A/T
エンジンフィーリング対決

スポーツカーでもないので、フィーリングはあまり気にならない方も多いかもしれないが、でも、最近の SUV はスポーツ思考も高まり、スポーツシフトまで付いている状況でもちろんエンジンもとっても高性能。

今回の両車、乗らなければカイエンターボの方がスポーツ感のあるフィーリングだと想像しちゃう。だけど、これが実は逆で、ML500 に比べるとカイエンターボの方が静かでスポーツカー的な荒々しさとか盛り上がり感といったフィーリングが無い。これにはちょっと拍子抜けだった。もちろん 450ps なのでその加速感といったら、そりゃもうすごくてあっという間にメーターがかなりのところを指してしまうんだけど、ドライバーの体感速度的にはそんなに出している感じがしない。いろんな意味で危ないぞ、カイエンターボ !

ML500 もそれなりの ? 306ps なので、重たい SUV でも十分にスポーツな走りを見せる。エンジンフィーリングは、とてもメカニカルで高性能なエンジンがアクセルの入力に対して正確に反応してくれるので、とっても気持ちイイ。速さやパワー、加速感で言えばもちろんカイエンターボの勝ちだけど、フィーリングって言う点においては ML500 の方がいいなぁ〜。てなわけで、この勝負は意外にも ML500 の勝ち !

ポルシェ カイエン ターボ
加速、ハンドリング、サスペンション今まで経験したクルマの中では最高レベルにあること間違いなし。もう、クルマとは言えない次元かも。
カイエンターボの走りは ?

ちょっと、コイツからはクルマとは思えない普段味わうことのない加速と走行性能を感じ、思わずドライビングしながら、正直笑っちゃいました。「なんじゃこりゃ」と。もちろんイイ意味でね。価格もさることながらその価格に負けていない走りのレベルの高さには、流石ポルシェが作っただけのことはある、と。

はっきり言って、これ以上何をクルマという乗り物に求めるのか ? オンロードもスポーツカー顔負けの走りで、オフロードも本格的にこなしてしまうというカイエンターボは正に走る高級スイートルームって感じ(あとは空を飛ぶか水の上を走るか ? )。ポルシェもスポーツカーを作ってきて、初めての 4 ドアをセダンやワゴンではなくよりハードルの高い SUV で作ってきたところに、クルマ作りへの強いこだわりと飽くなき探求心とも言うべきブランドの意地が感じられる。

今回初めて試乗したんだけど、今まで街中で見かけていたカイエンのドライバー達はなんと贅沢きわまりない”おクルマ”にお乗りになっていたのか・・・と絶句してしまいました。

Cayenne という言葉を調べてみると「唐辛子、カイエンペッパー、唐辛子の実」という意味も。んーなるほどっ !!

メルセデスベンツ ML500
快適かつ、気楽に安全に長距離ドライブが出来る走りは全くもって優等生のような存在。
ML500 の走りは ?

さて、カイエンターボの異次元の走りから目を覚まして、 ML500 です。まぁ、ちょっと対決するには相手が悪かったね。本当なら AMG モデルをひきあいに出すべきだったかも。現時点でカイエンターボの相手が務まるのは、親戚にあたるフォルクスワーゲン トゥアレグ W12 ぐらいだからね。でも、そんな相手でもエンジンフィーリングやラゲッジスペースでは勝ちを収めてきたワケなんだけど、やっぱり総合評価となると流石に苦戦。

しかし、しかし、流石メルセデスベンツ ! カイエンターボとは違った真面目なドライビングフィーリングにとてもとても安心感を感じる。初めに感じたとってもラグジュアリーな乗り心地は、履いていたスタッドレスタイヤのせいかとも思っていたけど・・・サスペンションの設定をひとたびスポーツモードに切り替えると、ビシッと様変わり。スポーツドライビングもイケマスというフィーリングになったのはちょっと感動 ! スポーツモードにし忘れていたら評価はグッと下がったままだったかもしれない。

さて、価格差で約 400 万円、パワー差で 150ps あるからちょっと苦しい対決ではあったけど、ML500 の健闘が光ったので、この対決は引き分けとしたい。絶対的パフォーマンスはいうまでもなくカイエンターボだけど、トータルで考えてみると ML500 も結構良い線いってます。いやホント。

◆◇◆

第 2 弾からお待たせしました ! さぁて、皆さんでしたらこの対決、どっちの勝ちだと思いますか ? 編集部全員の意見は「そんなの凄すぎてわかんなーい」という意見が大半を占めてしまいました。それでもあえて勝ち負けを問いただしたところ、3:2 でカイエンターボの勝ち。「どうせここまでスゴイぞ対決なら、とことん行ったモン勝ち ! 」なんだそうです。それにしても、ドイツ人ってどうしてこういうスゴイものを作れるんでしょうねぇ。

てなわけで、今回も読者の皆さんの判定を聞かせていただきたいと思います。方法はこれまでと同じです。下のボタンをクリックして、是非その判定結果と理由をお寄せください。頂いた内容は第 4 弾公開直前に追加して発表させていただきます。





ポルシェ カイエン ターボ
読者の皆さんの判定。

●カイエンターボの勝ち!

「形がかっこいいし、街中で目立つ。」

「スーパーカーブームのときからずーっとポルシェが好き ! いつかはポルシェ・・・いつのことやら・・・」

「このクラスは周りに対して威張れるクルマでなくっちゃ。となればカイエンに適うものはいないでしょう。もちろんレンジローバーも敵ではありません。」

「迫力 !」

メルセデスベンツ ML500
● ML500 の勝ち!

「やはりカイエンはやりすぎだと思う。そんな能力要らないでしょ。もっとも私は重い車は良くないと思っているので、ML500 もどうかと思うが。」

「カイエンは試乗したが、あまりにも速すぎる。常に、ステルス取り締まり機を気にしなければならない。やっぱり顔つきで、評価が分かれると思うがジェントルな落ち着きでMLの方が好きである。」

「車としての性能、あり方、とことん突き抜けているといった点で、カイエンにはとても「スゲェ」と思わされるところがあり、好感がもてます。一方、ML500は、どこをとっても「メルセデスだね」という感じです。しかし ! カイエンのエクステリアが、私はどうしても許せません ! なんかのっぺりした「うなぎ犬」みたいで、かっこ悪いことこの上なし。全体の印象も、うすらでっかく、ボンヤリとしていて、これに 13,440,000 円の対価を支払う気にはとてもなりません(支払う能力もありませんが・・・)。よって、ML500の勝ちとします。」

「カイエンはスタイリングに難があると思うしインプレッションを読み限りまじめなのはメルセデスであるため。いい車はまじめであるべき。」

気になる最終結果は ?

さぁて、気になる最終結果は・・・

 152 票 vs 107 票

ポルシェ カイエンターボ が貫禄の勝利 !!

前回までの対決と比べるとぐっと投票数が減った今回の対決。ちょっと高額過ぎた&雲の上の存在過ぎたでしょうか ?

それでも頂いた皆さんのコメントをじっくり考査してみると、スタイルに対する好みやブランドへのイメージが先行していたようです。また、投票数ではカイエンの方が多かったのですが、1 件あたりのコメントのボリュームや濃さは ML500 の方が上でした。感性で判断されるポルシェと、理性で判断されるベンツといったところでしょうか。ちなみに平均年齢層は若干高めの 40 歳代の方が最も多い 45 %。このあたりにも車のポジションが透けて見えてきそうですね。

環境問題がクローズアップされる中でも絢爛豪華なスーパー SUV。道路事情などもあって決して日本ではメジャープレイヤーにはなれませんが、心の隅にちょっとひっかかるクルマとしてこの先も話題を提供してくれそうです。

さぁて、この対決シリーズも残すところあと 2 回。第 4 弾は掟破りの異種格闘技対決 ! 似て非なる 2 台を取り上げています。お楽しみに !!

ポルシェ カイエン ターボ
tab_cars_b
PORSCHE_Cayenne Turbo_M
data
PORSCHE Cayenne Turbo
Mercedes-Bebz_ML500-M.jpg
data
MERCEDES BENZ ML500
新型 M クラスのトップクラス
tab_links_b
ポルシェジャパン.jpg
Porsche Japan kk
http://www.porsche.co.j...
MB_HP.jpg
ダイムラー・クライスラー日本株式会社(メルセデス・ベンツ)
http://www.mercedes-ben...
tab_boomlink
VividWelfare
Enjoy W-Car(Vivid Welfare)
http://welfare.vividcar...
recommend
Alfaromeo Alfa 159 vs Volkswagen Jetta
決着 The VS ! 【アルファロメオ Alfa 159 & フォルクスワーゲン Jetta 編】
新型はどちらもチョイ悪顔となったサルーン対決。先代から名前も変えて舞台に上がった両者。はてさて勝利の美酒に酔うのはいずれか !?
BMW 130i vs MINI Cooper S
決着 The VS ! 【 BMW 130i M-Sport & MINI Cooper S JCW 編】
どちらも BMW の走りの魂(スピリット)を持つホットハッチ対決。さぁさぁ果たして軍配はどちらに上がるのか !?
thumb1.jpg
成功者の証 ! レンジローバースポーツ
洗練されたオンロード・パフォーマンスと幅広い性能を誇るランドローバー 5 番目のモデル、それが「レンジローバースポーツ」だ。
w12_thumb.jpg
正に新世代スポーツカーだ!Touareg W12 スポーツ
フォルクスワーゲンの最高峰にあたるTouareg W12 スポーツに試乗、V6 を二機V型に組み合わせたとんでもないエンジンにどうしても乗ってみたかったのだ・・・。
thumb.jpg
The VS ! 【 VOLVO V70R & PEUGEOT 407SW 編】
頑固で真面目なブランドイメージのボルボとファミリーブランドでかつ個性的なプジョーの対決です。
マセラティ グランスポーツ vs クライスラー 300c
The VS ! 【クライスラー 300C & マセラティ グランスポーツ 編】
ちょっとエッチな香りのする大人向けのライトヘヴィ級対決。4 ドアセダンと 2 ドアクーペという違いはあるものの、運転してみると実はデートカー ? と思わせるこの 2 台。異種格闘技戦の勝者はどっち !?

Copyright (C) 2001-2007 VividCar.com. All rights reserved.
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |