file1250
vivid_mark_s
ve_con298.jpgve_con212.jpg
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/2 |bu_next
vividsearch2
search_car2
search_article2
tab_star2006/01/14tab_endVividAudio
夢のオーディオショップ
Refino & Anhelo(レフィーノ&アネーロ)
スペイン語の「上質」と「憧れ」の名を持つ、Refino & Anhelo。この店は、ヤマギワ本店の高級オーディオ部門を長年マネージメントしてきた佐藤昌之氏と石丸電気社長石丸俊之氏の二人の情熱から誕生した。秋葉原という電気街、量販がコンセプトの世界に突如と出現した、ありあまるスペースの中に宝石のようなオーディオが常にスタンバイ状態でオーディオファンを待ち受けている。
文・写真:永山辰巳
協力:Refino & Anhelo ゼネラルマネージャー 佐藤 昌之氏

tab_index
Refino & Anhelo(レフィーノ&アネーロ)page1佐藤昌之
果てしない音の魅力page2R&A
tab_face
永山辰巳icon_home永山辰巳
[VividCar 元編集長]
2006年、VividCarはプロフェッショナルなブロガーを目指します。創刊以来5年を迎え、ちまたのブログサイトとは一線を画するVividCarは、ネットワーク知識編纂をビジョンに確実にコンテンツを増やしながら未来のWebBookメディアを開発してきました。私たちはこれをWebフォトジャーナルシステム呼びます。生涯にわたり記録し続け知識を編纂する楽しみをごいっしょに。
R&A
石丸電気株式会社
Refino & Anhelo(レフィーノ&アネーロ)
〒113-0034
東京都文京区湯島1-1-8
TEL:03-3251-1500
コンセプト作り

 秋葉原の中心街を神田明神通りを湯島へと歩けば、人々の混雑も消えて徐々に東京の下町が現れる。神田明神を訪れたことがある人ならば、あの辺りに「夢のオーディオショップ」が出来るとは想像し難いだろうが、堂々とした外観を持つRefino & Anhelo(レフィーノ&アネーロ)が完成した。(オープンは2005年10月1日)

 この素晴らしいコンセプトのオーディオショップは、昨年春、ヤマギワ本店が閉店したことをきっかけに、長年高級オーディオショップをマネージメントしてきた佐藤氏と、日本におけるの高級オーディオショップとは何か?を問いかけるビジネスを決意した石丸電気現社長、石丸俊之氏の二人の想いが実現した、他に類を見ないスペースとコンセプトを持つ。

 私は、10年以上佐藤さんの顧客として、その時々に大好きな音楽を再生する装置を購入してきた。昨年、横浜に引っ越したのだが、20畳近い長方形の空間、高い天井、頑丈なフローリングのリビングを得ることができて、それまで愛用してきた、ディナオーディオとジェフローランドのアンプが、まったく別物のように優雅に鳴りだした。この部屋があれば、長年憧れていたJBLの43シリーズを鳴らすことができるかもしれないと購入することを決意し、佐藤さんを再び訪ねたのだ。

 久しぶりにヤマギワに佐藤さんを訪ねると、店は閉店し数年後に新装開店するが、その間、オーディオ専門店を開くので楽しみにして欲しいとその構想を明かしてくれた。彼は、英国を中心に世界のオーディオショップを研究していて、高級とは?上質とは?憧れとは?をお店というハードウエアに与えようとしていたのである。
佐藤昌之
Refino & Anhelo 
ゼネラルマネージャー 佐藤 昌之氏
オーディオの世界観

 私はオーディオ評論家でもなければ、音楽評論家でもなく一介の音楽ファンである。ただ、トランペットを吹くことが出来るのと、ジャズとクラシックが大好きでLP時代からのオーディオファンである。輸入車もそうだが、大体において経済的合理性のない嗜好品の販売の世界は、往々にして人についていくものである。極論であるが、日本製のオーディオが衰退した原因は、59,800円の量販オーディオ品を少しでも安く売ろうとしたお店とその販売方法にあったであろう。

 佐藤さんと出合ったのは、たぶん、ディナオーディオのスピーカを聴きにヤマギワを訪ねた時だろう。当時ヤマギワ本店の輸入オーディオ部門を統括していた佐藤さんは、私の試聴希望に対して、笑顔と物腰の柔らかさを持って、自らが汗を流しながらセットアップしてくれた。その時の記憶として、この人はモノを売る人ではなく、お客様の満足を得る人だと確信した。いろいろ試聴させて貰い、結局、ディナオーディオのスピーカとジェフローランドのアンプの組み合わせで購入させて貰った。

 その後も彼とのお付き合いは続き、CDプレイヤ、オフィス用のB&Wやダイヤトーン最後のスピーカとなったDS-20000Bなど彼と相談しながら楽しく終わりのないオーディオライフを歩むことになった。
LINN
商品ディスプレイのコンセプトを熱く語る佐藤氏。
そこには、売るのではなく魅せるコンセプトが溢れている。
佐藤さんの目指す夢のオーディオショップとは

 団塊の世代の皆さんがもう一度憧れを持ってオーディオを楽しむ世界、音の世界に終わりはなく、人生を楽しめるようなそんなお店を目指すのだという。言うは易しいがそれをRefino & Anheloは実現している。もちろん、佐藤さんの構想を事業として成り立たせるという石丸俊之氏と優秀なスタッフが彼をバックアップしている。

 秋葉原のショールームは所狭しと並べられる量感豊かなディスプレイによる消費購買欲を煽る売ろうかなという販売ありきの世界だ。しかし、Refino & Anheloのディスプレイは、世界の選りすぐりの珠玉のオーディオ製品を信じられない豊かなスペースでプレミアムプレイ状態で迎えてくれる。彼とスタッフが一セットづつ組み上げて本物の音をディスプレイしているのだ。その数、実に100セットはあるだろうか。個性豊かな輸入オーディオの世界を彼らは、夢のオーディオを楽しんでくださいという言わんばかりに。それは取材中も訪れるお客様の表情を見ればすぐに分かる。お客様の表情は自然と喜びと驚きを持って、オーディオの世界に魅了されていく。
ゴールドムント
ゴールドムントのハイエンドスピーカを前に、この商品をお客様に買っていただけた時の話を嬉しそうに語ってくれた。
高級とは何か?

 佐藤さんは、VividCarコンセプト、輸入自動車を楽しむための高級感についてを比喩して、面白い話をしてくれた。「輸入車の素晴らしさを伝えるためには、外装や内装、類い希な個性を表現するためのディスプレイや接客がありますよね。では、輸入オーディオの世界では?いままではそんなお店なかったでしょ?オーディオの世界の高級感を伝えるためには、本物の音を魅せていかなくてはいけないんです」

 彼が目指すのは、お客様と一体となるような商品の魅力を訴えることができる「夢のオーディオショップ」なのである。

 
アクセサリ
試行錯誤の末完成した、アクセサリのディスプレイ。
アクセサリはまるでジュエリーショップのように

 お店作りで一番苦労したのは実は照明だという。特にヨーロッパの雰囲気を目指すことで、間接照明を取り入れたり、ケーブルやアナログオーディオの小物をどれだけ魅力的にディスプレイするかである。一階の奥まった空間は、照明を落としガラスショーケースにまるで宝石を見せるかのように、陳列されている。女性達が憧れをもって宝石を見つめるのと同じように、おおよそ女性には理解できない男性達の憧れを表現している。

 その空間には煉瓦作りの柱、木材をふんだんに使いこんな空間でオーディオを楽しみたいという、モノへの憧れを、いつかはこんな書斎で音楽を楽しむんだという心を揺さぶる夢へ誘ってくれる。
tab_cars_b
JAG02003-m.jpg
data
JAGUAR XJ
スペインのクルマではないが上質、憧れと言えば、私にとってはジャガーである。
tab_links_b
refino
レフィーノショッピングサイト
http://refino.jp/
石丸電気の提案する新しいショッピングサイト
recommend
サマリー情報_サムネール
ラ・パヴォーニのエスプレッソマシン
日進月歩の家電の領域で、驚異のロングセラーを誇るエスプレッソマシン界の革命児、ユーロピコラ
サマリー情報_サムネール
ケメックスのコーヒーメーカー
化学者シュラムボームが実験器具をヒントにリ・デザインした
コーヒーメーカーは、アメリカの有名美術館御墨付き

サマリー情報_サムネール
ライヨールのソムリエナイフ
出稼ぎ街道を上り、花の都パリを目指した男達の護身道具から生まれたニュースタンダード
lunor_s.jpg
ルノア スウィングホーン
誇り高きドイツ眼鏡の復興とホーンフレーム再評価を考えた。
サマリー情報_サムネール
ジャガー X-TYPE と 6 台のライバル
 英国ヘイマーケット社の「AUTOCAR」から、X-TYPE のライバル 6 台との比較を行った X club seven というタイトルの記事を日本語化。
レクストン
ジャズを撮るカメラマン
もし、あなたがカメラが好きで、ジャズが好きで、さらにアナログレコードのファンなら、このDVDは絶対にお薦めだ。さらにさらに、スティーブ・マックイーンが大好きなら、...そういう人はもう所有していますよね。
tab_note
VividCarにおけるオーディオ編集員の募集 :
いっしょにオーディオの楽しみを伝えていける編集員、ライターを募集します。詳しくは永山までご連絡下さい。
Copyright (C) 2001-2007 VividCar.com. All rights reserved.
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/2 |bu_next