file1337
vivid_mark_s
driveimpre298Z4_M_ロードスター_企画_上.jpg
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |
vividsearch2
search_car2
search_article2
tab_star2006/06/23tab_end気分も爽快オープンカー
走り好きにはたまらない!『BMW Z4 M ロードスター』
標準モデルのマイナーチェンジに合わせてデビューした BMW Z4 M ロードスター。その本質はどこまでも硬派。トコトンまで走りを重視したその作りに脱帽した。

800 万円オーバーと価格も高いが走りの質も最高に高い、 Z4 M ロードスターに乗ってみた。

文と写真=斉藤 敦(VividCar.com)


tab_face
sakanouesicon_homeサカノウエ アガル
[-]
イタリア車が大好きなワタクシ。がしかし、最近、欲しいと思うイタリア車は1,000万円級のものばかり。うーむ、どうしたものか。しかし、ランチアの日本再上陸のニュースなど、ここ最近は再び息を吹き返してきたイタリア車には要注目ですぞ。
Z4_M_ロードスター_002.jpg



見た目はほとんど一緒なのです

週末の夜の麻布・青山界隈では、必ずと言っていいほどオシャレなカップルが乗る Z4 を目にする。悔しいことに、結構な確立でイイオトコとイイオンナの組み合わせだったりするのだ。ブランド、スタイリング、プライスなどを考えると、今一番のデートカー(死語..)なのかもしれない。

そんな、Z4 が先日マイナーチェンジをした。それと同時にデビューした、BMW Z4 M ロードスターを今回はご紹介したい。先代 M ロードスターと比べると、見た目のインパクトは正直少ない。エクステリアでいえば、ボンネットにパワーバジルが付いたり、前後のバンパー形状が標準モデル違ったりと、そんな程度なのである。

なので、
「やっぱり買うなら、最高グレードで」
とこのクルマをデートカー的な観点で選ぶのは、ちょっと危険かもしれない。見た目は標準モデルとほとんど一緒ではあるが、中身は全くの別物。走りにトコトンこだわり、M Gmbh が手がけた本物のスポーツカーなのである。それゆえに街乗り等の快適性は、幾分犠牲にされている。助手席にイイオンナをの乗せるというよりは、一人で、エンジンの鼓動と走りを思いっきり楽しむためのクルマだといえよう。

Z4_M_ロードスター_005.jpg
BMW Z4 M Roadster
全長×全幅×全高=4,120×1,780×1,300mm
ホイールベース=2,495mm
車重=1,430kg
駆動方式=FR
エンジン=3.2リッター直6DOHC24バルブ(343ps/7900rpm、37.2kgm/4900rpm)
価格=829万(消費税込み)
最高のエンジン

Z4 M ロードスターに搭載されるエンジンは、現行 M3 にも搭載される、3.2リッター直列 6 気筒 DOHC エンジン。気持ちよい回転フィールは、レッドゾーンの8,000 回転まで息切れすることなく続く。343 ps / 37.2 kgm という怒濤のパワーとトルクでグイグイと加速し、レスポンスもサウンドも最高と何もかもすばらしいの一言につきる。

5年連続で「エンジン・オブ・ザ・イヤー」を受賞したのも納得なのである。そして、オープンカーであるから故に、そのサウンドやエンジンの鼓動をダイレクトに楽しめる。エンジンをかけ、オープンにした瞬間から、迫力のあるアイドリングサウンドに気分は高揚してくる。
それはまるで、クルマに

「さぁ、走りに行こう」

と誘われているような気分だ。
このエンジンと組み合わされるトランスミッションは、オトコの 6 速マニュアルのみ。回転をしっかりと合わせると”カチッ”と決まるフィールはスポーツカーに乗っているということを実感させてくれて嬉しい。クラッチはちょっと重いが、ミートポイントが分かりやすく、慣れてしまえば、この手のクルマのユーザーならば問題にならないだろう。撮影当日は渋滞の 134 号を約 1 時間走ることになってしまったのだが、特に違和感もなく走ることができた。

Z4_M_ロードスター_004.jpg

ダイレクトな”フィール”

標準モデルの電動パワーステアリングを油圧アシスト式に”あえて”変更し、ランフットタイヤを廃止し、フロント 225 / 45 ZR 18、リア255 / 40 ZR 18 というワイドな扁平タイヤを装着。その結果、ステアリングからはダイレクトにフィールが伝わり、ちょっとした路面の状況も手に取るように分かる。

新設計され、徹底的に軽量化されたフロントサスペンションと M3 のリアサスペンションを引き継いだサスペンションは、街中では突き上げ感が強く、あまりよろしいとは言えない。これは前述したステアリングフィールもそうで、ダイレクトな分、ちょっとした段差や轍までもフィードバックしてくる。よって、街乗りでは、”ちょっと疲れる”というのが本音のところだ。

しかし、それは清い割り切りであり、ワインディングに入ると、全てが良い方向に働く。リアタイヤのムズムズ感もしっかりと知らせてくれるし、路面状況、タイヤの状態を分かりやすく教えてくれるその走りは"ハイパワーな FR を安心してとばせる"本当に気持ちよいものなのだ。日常の使い勝手には多少目をつむり、走りを追求したその姿は、チューニングカーの本来の姿と言える。

Z4_M_ロードスター_006.jpg
さて、続いてインテリアを見てみよう。
300 km / h のスピードメーターや随所にみられる M の文字をあしらった数々のパーツ達がドライバーを出迎える。カーボン調のレザートリムに囲まれたコックピットに収まると、標準モデルのオシャレな雰囲気は陰を潜める。

ここで、唯一このクルマでワタクシが違和感を憶えたところをお知らせしたい。それは、ステアリングの太さである。M の文字が光り輝くそのステアリングは、見た目のかっこよさはいいのだが、握り心地がなんとも.....ここは社外品に変えたいところだが、エアバックや各種リモコンが設置されているので、安全・機能面から考えても、そう簡単ではないは確か。いつも手に触れるところだから何とかしてもらいたいというのが正直な感想である。

◆◇◆◇◆


さて、そろそろ総括しよう。
見た目には、標準モデルの Z4 とほぼ変わらない Z4 M ロードスターであるが、中身は全くの別物。そして、走りが好きな BMW ファンにはぴったりなクルマである。日常のアシに、というわけではなく、たまの休みの早朝にワインディングに走りに行くことがこの上なくシアワセ、と思える方に是非乗ってもらいたい。

そして、次期 M3 が V8 エンジンを搭載するという声を聞くので、この最高な M の血が通った直列 6 気筒エンジンを新車から味わえるのはもう少しの間だけかもしれない。買うなら今、と言えるだろう。


Z4_M_ロードスター_011.jpg
【左上】これぞ名機。なんと、0-100 km/h の加速は 5.0 秒
【右上】2 つのクローム・デュアル・テールパイプが奏でるサウンドは迫力抜群。
【左下】カーボン調のレザートリムの質感は高い。
【右下】もちろん、カップホルダーは標準装備。



onSubmit="popUp('','EnqPage')" target="EnqPage">



Z4_M_ロードスター_003.jpg
tab_cars_b
BMW_M5-M.jpg
data
BMW M Model
tab_links_b
BMW.jpg
BMW Japan
http://www.bmw.co.jp/
tab_boomlink
VividWelfare
Enjoy W-Car(Vivid Welfare)
http://welfare.vividcar...
recommend
BMW_S01.jpg
新車発表会〜 BMW Z4 Roadster、Z4 Coupe
BMW Z4 の発表会にお邪魔した。場所は東京都現代美術館。私事で恐縮だが、僕にオープンカーの楽しみを教えてくれたのが、BMW の Z シリーズなのだ。
bmw_z4_s.jpg
BMW Z4 3.0i SMG に試乗
大ヒットとなった BMW のロードスター「Z3」の跡を引き継ぐ「Z4」に試乗。そのデザイン故に最初は少し敬遠してしまったが、実車を見るとその思いは一変した。
bmw507_00.jpg
幻のロードスター、BMW 507
11/12(金)、大雨の明けた浜松に私はいた。大き目のシャッターを前に少しだけ心は弾んでいる。この向こうには、白い宝石が納めてあるのだ。
BMW_M3_s.jpg
歴代 M3 一斉試乗!
歴代の 3 モデルの違いとは?どのモデルがベストな選択となり得るのか?
BMW_645Ci_s.jpg
「真のラグジュアリークーペ」BMW 645Ci
斬新なデザインを身に纏い、14 年ぶりに復活した 6 シリーズ。BMW 自慢のハイテクを満載した 645Ci に試乗した。
Copyright (C) 2001-2007 VividCar.com. All rights reserved.
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |