file1358
vivid_mark_s
ve_con298.jpgve_con212.jpg
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |
vividsearch2
search_car2
search_article2
tab_star2006/08/20tab_endVividAudio
Wilson MAXX2
ど迫力、そしてすごい解像力
 オーディオファイルの皆様でしたら、Wilson Audioの名前はどこかで聞いているでしょう。レコーディングスタジオなどで信頼されているブランドですが、この度日本に最初に輸入されたMAXX2は、私がこれまで聞いたどのスピーカよりもJAZZを恐ろしいほどのリアリティーで演奏してくれました。
文・写真:永山辰巳
協力:Refino & Anhelo 竹中章雄氏

tab_face
永山辰巳icon_home永山辰巳
[VividCar 元編集長]
2006年、VividCarはプロフェッショナルなブロガーを目指します。創刊以来5年を迎え、ちまたのブログサイトとは一線を画するVividCarは、ネットワーク知識編纂をビジョンに確実にコンテンツを増やしながら未来のWebBookメディアを開発してきました。私たちはこれをWebフォトジャーナルシステム呼びます。生涯にわたり記録し続け知識を編纂する楽しみをごいっしょに。
Wilson MAXX2
石丸電気株式会社/Refino & Anhelo 試聴室
〒113-0034
東京都文京区湯島1-1-8
TEL:03-3251-1500
 
Wilson MAXX2
キャビネットはセパレートされており、上部は数段階で上下の角度を調整できる
Wilson MAXX2
低域専用のキャビネット背面には巨大なバスレフ?のポートが...。
Wilson Audio MAXX2

 佐藤店長が、「ついに来ましたよ、ウイルソンのマックス。どうですか、聴いてみてください」自信満面の笑みで挨拶してくれた。日本にまだ一台しかないWilson AudioのMAXX2。早速、試聴室に案内されて、アートペッパーで出迎えてくれた。

 マックスの放つ音の絶対的エネルギーと精密に分解されたひとつひとつの音像のリアリティーに、しばし言葉を失ってしまった。これは、いままで聴いたどのスピーカよりもジャズが生き生きしている!、アートペッパーの古い録音にもかかわらず、まるで現代のスタジオで聴いているようなまるで生きているようなリアリティー。

 トールボーイというより、高く聳えるキャビネットからは、高域が降り注がんばかりの勢い、一方低域は、セパレートされた低域専用のキャビネットから、唸るようなベースとドラムスのサウンドを叩きだしてくれる。このサウンドは、これまで聴いたどのスピーカよりも分解能が高く、楽器の持つリアルな音色を再現してくれていると感じた。

Specifications

ドライバーユニット:2.5cm チタントゥイーター
         :17cm ミッドレンジ × 2
         :25cm ウーファー
         :30cm ウーファー
能率:92dB(2.83v at 1m)
インピーダンス:8Ω
周波数帯域:20Hz〜21kHz (-3dB)
アンプ最小出力:7W/ch
寸法:H1600×W432×D559mm
重量:180kg
AVID ACUTUS
AVID ACUTUS:¥1,470,000(税込み)
トーンアームはSME309、カートリッジはベンツマイクロルビーを搭載
アナログプレイヤー

 MAXX2の守備範囲の広さというか、ソースの古い新しいに限らず、生々しく演奏してくれることだと佐藤店長。アンプは、FMアコースティック社、CDはオラクルで試聴できる。さらに、AVID社のACUTUSでLPも聴ける。このサウンドにも脱帽。

 MAXX2は、ソースを選ばないどころか、どれを聴いても楽しく聴けそうだ。ペアー税込み価格7,413,000円は、この次元のサウンドを手に入れるには踏み切らないといけない壁のようである。しかし、R&Aの試聴室で、4時間近くセッティングで格闘した結果、音響をやり直すことを決意した佐藤店長であるが、このMAXX2を家庭で聴くには、相応の投資を自室にかけないといけなくなりそうだ。
 しかし、それなりの空間と音響を持てたら...、MAXX2は、陶酔の世界へと誘うでしょう、間違いなく。
tab_cars_b
JAGUAR_XK-M.jpg
data
JAGUAR XK
Beautiful Fast Cars
tab_links_b
refino
レフィーノショッピングサイト
http://refino.jp/
石丸電気の提案する新しいショッピングサイト
大場商事
大場商事
http://www.ohbashoji.co...
ウイルソンオーディオの輸入元。ジェフローランドのアンプも扱う。
recommend
グラスマスターSD-2
アナログの時代
未だにLPを3000枚ほど所有している。引っ越しの度に、どうしようかと悩みはするが、捨てる気は毛頭なく、大事にしている。もちろん、自宅のシステムにはレコードプレイヤーは2台あり、年に何回は、夜通しLPをまさぐりだしてあの頃を楽しむ。CDに取って代わった後の世代には、単なる懐古趣味にしか思えないだろうが、オーディオとして、音楽としてLPは、未だに燦然と輝く、テクノロジーの勝利なのである。
オクターブ
最高の素材、真空管を生かしたアンプ造り
前回、ルーメンホワイトを聴かせていただいたとき、このスピーカは真空管のアンプならどんな音色を出すのだろうか?と興味を持った。佐藤店長が、すかさず、オクターブで聴いて貰いましょうと推薦いただき、現代最高の真空管アンプとの誉れ高き、ドイツはオクターブの音色をお届けします。
第6回
ルーメンホワイトとFMアコースティック
 第6回を向かえた「夢のオーディオ」は、スタッフ竹中氏の憧れの構成となりました。
R&Aでは、世界中の「憧れの音」を奏でるオーディオ達が競演している。数ある中でも、竹中氏の憧れは、ルーメンホワイトとFMアコースティックなのだ。竹中氏曰く、「このスピーカの音は一度聴くと耳から離れなくなってしまうほど、強烈な印象が残るスピーカです」。

ORACLE_サムネール1
オラクルの CD ドライブ/CD プレイヤー
あまりにも潔い、無駄を一切削ぎ取ったデザイン。素っ気ないほどのシンプルなディスプレイ。
tab_note
VividCarにおけるオーディオ編集員の募集 :
いっしょにオーディオの楽しみを伝えていける編集員、ライターを募集します。詳しくは永山までご連絡下さい。
Copyright (C) 2001-2007 VividCar.com. All rights reserved.
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |