file1406
vivid_mark_s
exhibition298Exhibi_212.jpg
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/2 |bu_next
vividsearch2
search_car2
search_article2
tab_star2007/11/04tab_end東京モーターショー 2007
東京モーターショー 〜 新特派員デビューレポート 1
モーターショーで感じたこと
新生VividCarからの呼びかけに、たくさんのプロ、アマチュアの方が参加を申し出てくれています。早速応募していただいたアマチュアライターの方 3 人に、東京モーターショーの取材をお願いしました。まずはスーパーカーが大好きという北川昌寛さんのデビューレポートです。北川さんには今後も引き続き Vivid 特派員として活躍していただきます。

文・写真 = 北川昌寛 (AT-1 カートレーダー)
tab_index
モーターショーで感じたことpage1
北川昌寛が選ぶ 2007 東京モーターショー BEST 5page2
tab_face
北川昌寛Sicon_home北川昌寛
[カートレーダー]
マニア最高!オタク最高!車最高!&音響系最高!

モーターショウを開催するという意味

毎年の東京モーターショウにはいろいろな意味があるはずだ。そしてその年々に意味合いは違うはずだ。まぁ売上向上の為というのはどの年でもどの自動車メーカーでも同じであるだろうが、やはりもっと大きい視野もあるはずだ。その大きな期待のある視野を抱いている自動車メーカーの中に入られる事は車好きの私にとっては幸せなことだ。この幸せの中で小粒の私個人が、自動車メーカーに負けないくらいの大きな期待を持って東京モーターショウに乗り込んだ!

BMW
BMW 1 Series Tii
1シリーズクーペのコンセプトカー。カップカーみたいな感じであった。
VW
VW Space UP
説明文 旧ビートルのように前にラッゲージボックス、リアエンジンというコンセプトカー。
原点回帰

 最近の輸入車には原点回帰がブームなようだ。BMW「1Series Coupe」は「2002」、VWコンセプトカーの「スペースUP」の基本コンセプトは旧型の「ビートル」だと言うし、アルファロメオ「アルファ8Cコンペティチオーネ」はFR時代のアルファを感じるし、アメ車でもフォードの「マスタング」なんかは「Mach1」や「BOSS」などの60年代後半から70年代前半のモデルとそっくりだしこれだけじゃなく挙げていくと結構ある。やはりアイデンティティがもろにある時代のモデルにはこれからの時代には特に重要になってくるのであろう。私からすると大変楽しみである。なんたってヒストリックカーは大好きで、特に昔のレーシングカーのスタイリングなんかは最高だと思う。色なんかもグッとくる。「昔のデザインを今っぽくして出したら絶対売れるだろう」なんて思った人は結構いるのではないかと思う。でも本当にやってくれるとは!今思えば「ニュービートル」が出たあたりからそんな傾向があるのかな?私は21世紀といえば今のコンセプトカーが街で走っているのが当たり前の時代だとてっきり思っていたが、文化の変化は人間が思っているほど速くなかったのかそんな世の中にはまだなっていなかった(乗り物文化に至っては)。それどころかデザインは前に戻ろうとしている。分からないものだ。時代は繰り返されるというが、これもまたその事に当てはまるのだろうか。デザイン、う〜んやはり形には過去も未来もないのであろう。だから古臭い形というのはこの世にはないとみた!みなさんも自分の追求するスタイル、デザインを追い求めようではないか。そして自分のアイデンティティをしっかり持ち世界の唯一になりましょう。モーターショウで人間も学べてしまった。深い!!!

エコとスポーツ

 今回のモーターショウでの輸入車の自動車メーカーのイメージは「エコ、小さい、広い」という印象だ。逆に日本の自動車メーカーのイメージは「スポーツする車」といった印象を受けた。もちろんフェラーリやランボルギーニのようなスーパースポーツカーや、ロールスロイス、ベントレーなどから「エコ」は感じないし、日本車勢だって結構エコカーを出してはいた。あくまで私が今回のモーターショウの中にいてなんとなく感じたことである。ただ、なんとなく感じる中には沢山のヒントがあるだろし、理由もあると思う。言葉では説明し難い何かがあるのである。

 エコも大事だし、スポーツする車は楽しむ車なので私にはとても大事だ。目的地で楽しくする車はエコカー、目的地に行くまでを楽しもうとする車をスポーツする車という感じになる。最近日本では車を欲しいと思ったり憧れたりすることがあまり無くなってきているという。車に対する考え方も単なる「足」という考え方だ。これは私にとってはとても危険な方向に向かっている。スポーツカーが売れない→車好きが少なくなる→車が売れない→自動車メーカーが潰れる→私が車に乗れなくなる、という単純ではあるがこのような可能性が濃厚になってくるからだ。やはりスポーツカーに憧れを持たない若者が増えるのは危険であり、今後の自動車未来は今人気低迷中のスポーツカーが鍵を握っているといっても過言ではないのだ。私は今 20 代であるが好きな車は戦う車である。クロスカントリー車でオフロードを走るのも好きだし、スポーツカーでぶっ飛ばすの大好きである。しかし、同い年で話の合う人間はほとんどおらず、話が合うのはスーパーカー世代のおじさん達や、車関係の仕事をしている方々くらいで凄く少ない。同い年の子達は 1 ボックスカーや VIP カー、もしくは何でもいいという子の方が圧倒的に多い。そんな中でも私は大学時代から布教活動の如く私に関わる人に「車は楽しい、仲間になろう」と洗脳活動に勤しんでいた。そうすると、興味がなかったのに意外に食いついてきた人もいたのである。ということは、私のような人間に出来るのであれば、自動車メーカーのようなモンスター級の力をもってすれば何かしら変化を起こすことは難しくないはずであると私は考える。今売れる車を造るのではなく、これからの若い人達に車好きになってもらう為の車「スポーツする車」を造る事にも力を入れて欲しいと思う。実際、自動車メーカーさんの中に「今売れる車を造っているが、これは我が社の首を絞める事になるのではないか?」と言っておられた方もいるのだから、この気持ちをもっと強く持ちつつ自動車創りをして頂きたく思う。何卒、自動車のエンスージアストを増やす活動に協力して頂きたいと願う。

lambo
ランボルギーニ レヴェントン
つや消しの戦闘機のようである。
BENT
ブルックランズ
豪華絢爛なベントレーのフラッグシップ。
中流層は本当に少ない?

 自動車は全体として売れなくなってきている。それは上記にも述べたが自動車に興味のない若者が増えている事が一つの理由と言えると思う。自動車よりも貯金らしい。若者には車はただの足にすぎないということか。したがって、自動車メーカーさんも足に最適な「エコ、小さい、広い」というコンセプトがやっぱりしっくりくるのであろう。しかし、売れているジャンルもあった。スーパースポーツカー、超豪華な VIP カーなどの超高級車である。フェラーリ、ベントレー、ランボルギーニ、ポルシェなどの超高級自動車メーカーのプレスブリーフィングを聴いていると、みな「売上増」と言っていた。やはり勝ち組とされる人達が確実にいるという事であろう。しかし、極端にそのような人達がいるという事は、極端に負けている人達がいるという事であろう。という事は、その真ん中の層が減って上流層と下流層に割り振られたということであろうか?若者が車に興味を持たなくなったというのと、欲しくても買えなくなった人達が増えたのも自動車が売れなくなった要因であろう。良いような悪いような難しい問題であると思う。

911-430
(左) ポルシェ 911GT2・・・見た目は控えめだが、そのスペックは正にスーパー。
(右) フェラーリ F430スクーデリア・・・唯でさえ速いF430の軽量版。速いに決まっている。
sti
スバル インプレッサWRX
早くこのスタイルのWRCが観たい。
GTR
日産 GTR
ニュルではポルシェターボを越えたらしい
PORSCHECUP
ポルシェ GT3 Cup
最近つや消しが流行りなのか、このカップカーも。
輸入車と日本車

 私は輸入車 ( 特に欧州車 ) の流行が何年か遅れて日本車にもその流行が来るように感じている。例えば、ヨーロッパで NA ( 自然吸気 )エンジンがはやっていると、日本はターボエンジンが流行していた。今度ヨーロッパでターボが流行ると、日本は時間差の如く NA ( 自然吸気 ) が流行った。これはディーラーで試乗に行っていたときにこういう話になった。私「あれ、今回のこの車はライナップにターボモデルはないんですか?前のモデルまではあったのに。」
ディーラー「 いえ今回のモデルにはありません。今は、ヨーロッパでは NA( 自 然吸気 )が流行りなんですよ。」
と言っていた。おかしい。その頃ヨーロッパはまたターボエンジンが流行していた頃であったのにだ。こんな感じで私は日本車は時間差でヨーロッパ車の流行が来るように感じるのだ。今回の時間差はスポーツカーかな?少し前には輸入車勢はスーパースポーツやスポーツカーが結構モーターショウで発表していた。特にスーパースポーツカー。今回は日本車で特に注目されていた「 GT-R 」が日本を代表するスーパースポーツカーである。上記で述べた今回の日本車メーカーのイメージが「スポーツする車」と感じるのは、「 インプレッサ WRX 」や「ランサーエボリューション X 」など他にもまだあるが、やはり「 GT-R 」の存在でそう強く思うのであろう。それくらいインパクトがあった。
ヨーロッパのメーカーは自動車文化の歴史が日本よりも遥かにある。だから流行をリードしているのだと思う。日本が柔道が強いのと同じである。しかし日本は優れていると思う。ヨーロッパのメーカーが到達する時間より遥かに短期間で日本のメーカーは到達してきていると思う。特にホンダに至ってはもうヨーロッパメーカー級かそれを超えようとしているように思えた。スーパースポーツカー好きの私には今回のホンダのブースはあまり面白み的なものはないのだが、でもやはり他とは違う何かを感じた。
一つ思うのだが、自動車の基本は「 走る 」「 止まる 」「 曲がる 」であると思う。これの究極を求めるものが「 レース 」であると思う。ヨーロッパの自動車メーカーはこのレースを日本よりかなり前から真剣に取り組んできている。だからこの「 走る 」「 止まる 」「 曲がる 」のクオリティは必然的に上がるのであろう。私はこれがヨーロッパの自動車メーカーが流行をつくる、いや世界をリードしてきているのであろうと思う。現にホンダは日本の自動車メーカーの中でも「 レース 」ということではかなり昔から取り組んでいるメーカーだということも私が上記でホンダに感じた裏づけになるだろう。これからはこのように日本が世界の自動車を売上だけではなく、車文化を引っ張っていくかもしれない。トヨタも F1 、スバル、三菱は WRC 、スズキもラリーなどのようにレースシーンでも活躍している。フェラーリ、ポルシェみたいである。ポルシェは最近トヨタと仲が良いようで、生産コストを抑えてクオリティは下げないといった生産方法をトヨタに習っているようで、ポルシェ側からはレクサスのスポーツカーのアドバイスをしているようである。したがってポルシェは、売上が絶好調で特に高性能 SUV 「 カイエン 」が売れているらしく、次に出るであろうポルシェ初の 4 ドアセダン「 パナメーラ 」も成功するであろうとポルシェ AG は言っていたし、VW 傘下だがポルシェは VW 株の筆頭株主らしい。一方トヨタはレクサスブランドの車の出来はもの凄くドイツ的になったと聞いたことがある。たぶん高速走行時のフィーリングが良いという表現であると私は思う。
これから日本が熱いのかもしれない。

次のページでは、北川昌寛が選ぶ 2007 東京モーターショー BEST 5 をお送りします。
右下の「Next」をクリック
してください。





tab_links_b
tms07.gif
東京モーターショー2007のオフィシャルサイト
http://www.tokyo-motors...
ALFA ROMEO
ALFA ROMEO
http://www.alfaromeo-jp...
アルファロメオのオフィシャルサイトです
光岡自動車
光岡自動車
http://www.mitsuoka-mot...
光岡自動車のオフィシャルサイトです
nissan
日産自動車スカイラインGTR サイト
http://www2.nissan.co.j...
recommend
kangoosam.gif
東京モーターショー 〜 丸茂亜希子、ビーター・ライオン、津々見友彦が選ぶ TMS THE BEST
モータージャーナリスト、丸茂亜希子、ピーター・ライオン、津々見友彦が選ぶ 2007 東京モーターショーベストカーです。
twingo-sam
東京モーターショー 〜 ルノー トゥインゴ フォトギャラリー
佐々木純也の東京モーターショーフォトギャラリー。第 2 回は新型ルノー・トゥインゴです。

lotussam.gif
東京モーターショー 〜 桂伸一が選ぶ TMS Five Best
モータージャーナリスト、桂伸一が選ぶ 2007 東京モーターショーベスト5です。
RIMG0024.jpg
Nambara Style 〜 東京モーターショー
自動車好きの祭典?
gtrsam
東京モーターショー 〜 NISSAN GTR フォトギャラリー
普段サーキットでモータースポーツの撮影が多いフォトジャーナリスト佐々木純也さんに、VividCarから、「カタログ写真のようにすべてを伝えなくても良いので、佐々木さんの好きなように、格好良い写真を撮ってください。」と何台かのフォトギャラリーを依頼しました。

alfasam.jpg
東京モーターショー 〜 アルファロメオ 8C コンペティチオーネ フォトギャラリー
佐々木純也の東京モーターショーフォトギャラリー。

lotussam.jpg
東京モーターショー 〜 ロータス・エリーゼ フォトギャラリー
佐々木純也の東京モーターショーフォトギャラリー。第 5 回はロータス・エリーゼ です。

porsam.jpg
東京モーターショー 〜 ポルシェ 911 GT2 フォトギャラリー
佐々木純也の東京モーターショーフォトギャラリー。第 4 回はポルシェ 911 GT2 です。

Copyright (C) 2001-2007 VividCar.com. All rights reserved.
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/2 |bu_next