file1451
vivid_mark_s
バナーLヘッダグラフィック
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |
vividsearch2
search_car2
search_article2
tab_star2008/01/23tab_endVividLife
前代未聞のパリダカ中止! その時、増岡浩はどう思った?
衝撃の電話インタビュー「ヒマになっちゃいました(苦笑)」
 1979年のイベント開始以来、初の全面中止という自体に陥った『パリダカ』ことパリダカールラリー。モータースポーツファンにとってはなんとも寂しい正月になったが、それ以上に苦しかったはずなのが出場予定のドライバー。特にパリダカの超ベテラン、実に87年から出続けている三菱のエース、増岡浩にとっては言葉にしがたい悔しさだったに違いない。編集部は電話で緊急直撃した!!
tab_face
VividCarロゴ丸.jpgicon_homeVividCar 新人編集部員
[VividCar 編集部員]
新キーワード、“NO CARS NO LIFE”を合言葉に取材に励むVividCar編集部。常に寝不足気味なので、タマにポカもやります。厳しくも愛のあるご意見を(笑)
0301_h01small.jpg
本番直前のカット。後列中央が増岡選手
告白するチャンスすらなかった…!?

Tel プルルル…プルルル…ガチャ

VC 突然すいません。きっとおつらいとは思うのですが、率直なご感想をいただけますでしょうか?
増岡 本当にあの、びっくりしましたね。12月24日、既にニジェールでフランス人一家がアクシデントに会ったと聞いて、ヤバいとは思っていたんですが…ヒマになっちゃいました(苦笑)
VC 結局、いつ中止が決まったんですか?
増岡 車検2日目のお昼です。
VC メチャクチャ悔しかったでしょう?
増岡 11ヶ月間準備してましたからね。今回はクルマも完璧、身体も完璧で、キモチは戦闘状態に入ってましたから。
VC 去年はクロカンのシリーズ戦にも出てなかったんですよね。
増岡 そうです。来年以降用のディーゼルのテストもありましたし、今回の本番一本にしぼってました。
VC まるでモスクワオリンピックをボイコットした時の柔道の山下選手みたいですよね。
増岡 近いかもしれません。あちらは4年間でもっと厳しいですけどね。
VC 物凄いキツイトレーニングをしてたと聞いてますが。
増岡 フランスのアルプスで4日間かけて160キロ移動するということをやってました。
VC いわゆる高地トレーニングですね。高橋尚子みたいな…
増岡 いやいや別に走り続けるわけじゃないですからね。でも厳しいですよ。
VC 失礼ですけど、今年おいくつに?
増岡 47(才)です。かなりキツイ。
VC 変な例えですけど、恋人に告白するチャンスすらなかったって感じですよね。
増岡 家の前のチャイムを鳴らしたぐらいかな(笑)

1712_h10smallsmall.jpg
最後のガソリンパジェロ!
ある意味、モスクワオリンピックボイコットにも匹敵?

VC 実際問題、今年はどれくらいイケるって思ってました?
増岡 レースは水物なので正直、わからないですが、かなりいい感触はありました。今年はパリダカに専念してただけでなく、来期用のテストでいつもより距離走ってましたから。
VC 今年、ガソリンエンジンは最後だったんですよね。有利だったんじゃ…
増岡 パジェロのアドバンテージは総合力です。パワー以上に低速から高速からすべてのステージにおいて走行能力が高い。ただ、エンジンだけで比べるとVWとかBMWのディーゼルの方がパワーはありました。ガソリンエンジンはリストラクター規制が厳しいですからね。
VC じゃ、パワーが同等になる来期の方が逆に有利じゃないですか!!
増岡 そうとも言い切れません。なにしろヨーロッパの方が長いディーゼルの歴史がありますから。実際やってみるとどうなるかはわからない。
VC そうか。信頼性の問題がありますからね。ちなみにディーゼルって何馬力ぐらいでるんですか?
増岡 ディーゼルターボでリッター100馬力以上ですから物凄いです。
VC そんなに出るんですか? レスポンスは?
増岡 レスポンスもいいです。しかもトルクが凄い。4リッターガソリンが42キロのところを、65キロとか出ちゃう。
VC 扱いにくくなる?
増岡 逆です。扱いやすくなる。それから燃費もよくなるからタンクが小さくて済む分、サス、ブレーキに対する負担がかなり減ります。トップスピードだけでも10キロは速いですよ。
VC じゃ、メチャクチャ有利じゃないですか
増岡 それが違うんです。
VC えっ?
cancel_h01small.jpg
つくづく残念…だが次もある!
やっぱり今年はチャンスだった!

増岡 まずはさっき言ったように信頼性の問題ですよね。こちらはいくらテストしてきたっていっても、ディーゼルでの本番は初めてですから、実際どうなるかわからない。あとは条件ですよ。開催地がアフリカになるのか、南米なのか、ユーラシア大陸なのか。
VC なんか南米のアルゼンチンが手を上げてるんですよね。
増岡 ああいうクロスカントリーイベントっていうのは、アフリカが一番難しいんですよ。条件が過酷な上に刻々と変わる。世界にサハラほど厳しい砂漠はないはずです。
VC つまり、スピードレースに替わってしまう可能性がある?
増岡 そう、WRC的なレースになるかもしれない。
VC 要するにパジェロのオールマイティな性能、信頼性が生かされない可能性があると。
増岡 わかりませんけどね。
VC なるほど。じゃ、やっぱり今年はチャンスだったじゃないですか
増岡 うーん、仕方ないですことですけどね。
VC やはり…。
増岡 でもヒマになったことだし、せいぜいトレーニングに精を出しますよ(笑)。
VC いや、もう凄い。マジで人生勉強になります。がんばってください。
増岡 はい。

 こんな具合にあくまでも前向きな増岡選手。今までのがんばり、不屈の闘志を改めて見せつけられた気分だが、でもやっぱり日本人ファンとしては、悔しい!!
 
recommend
30回目にして初! パリダカ中止
Copyright (C) 2001-2007 VividCar.com. All rights reserved.
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |