file1450
vivid_mark_s
記事ヘッダバナー.gif記事バナー2.jpg
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
vividsearch2
search_car2
search_article2
tab_star2008/01/21tab_end小沢コージの4コマ写真インプレッション!!
鮮烈!! TSIショック再び…の巻
VWパサートTSIコンフォートinヨコハマ!
小沢コージが長年温めてきた写真+キャプションで構成する画期的新車リポート『4コマ写真インプレッション』! 第3弾は年始、密かに追加バージョンということで発売されたVWパサートTSIコンフォートライン。基本ボディは確かに変わらないがその新作1・8リッターTSIエンジンに、小沢は衝撃を受けた!!
文と写真:小沢コージ&クライマックス
P1040204small.jpg
ヨコハマでサラリとした試乗会が

 年始1月、サラリとした試乗会が行われました。VWの追加ラインナップ試乗会で場所は都内からほど近いヨコハマみなとみらいのパシフィコ横浜! コース的にはそこから街中をちょっととせいぜい大黒ふ頭を往復するぐらいのチョイ乗りで、お気軽っちゃお気軽なプログラムなんだけど、俺的にはかなり大きな発見がありました。その名もVWパサートTSIコンフォート!
 もっと見た目でハデで、去年小沢がドイツで乗ったばかりの500台限定の新型『クロスゴルフ』や1・4リッターTSIエンジンをお買い得な中級グレードに載せた『ゴルフTSIコンフォートライン』ってのもあったけど、やっぱ"ツウ”な注目はパサートTSIっしょ。そ、この右側の白い奴よ。
P1040237small.jpg
なぜ1・8リッターTSIに注目なのか?

 なぜかっていうとキモは新作1・8リッターTSIエンジンにある。
 VWのTSIエンジンってのはね。クルマ好きなら知ってる人も多いはずだけど、昨年日本でも発売された新コンセプトの過給器付きエンジンで、ミソはその燃費性能&環境性能の高さとハイパワーさにある。
 第1弾は既にゴルフ等に搭載されて大人気の1・4リッターTSIエンジンで、コイツはまさに衝撃的だった。なんせスーパーチャージャーとターボが両方搭載されてて、排気量たった1・4リッターの直4ながら170馬力を発揮! それだけじゃない。2000回転以下の超低回転からトルクがモリモリ発揮されて、扱いやすいだけでなく燃費も超よかったのだ。
 実際、いまやゴルフに搭載される約半分がTSIエンジンだそうだし、トゥーランやゴルフプラスでも人気だから、まさしく”TSIさまさま状態”。特に日本はその傾向が強く、ついでにユーロ高だからVWジャパンとしてはホントに助け船だと思う。TSIエンジンは利益率高そうだからね。
 さて、なんでここまで日本で受けたのかって勝手に考えるとパワーと燃費の両立もさることながらツインチャージャーっていうハイテク感ではないだろうか。そういうの日本人、大好きでしょ。
 で、そんな状況の中、この新作1・8リッターTSIは第1弾の1・4リッター版に続くようなイメージで登場してるわけだからギョーカイ人としては注目せざるをえないのだ。
P1040186small.jpg
一応3作目だけど事実上の2代目?

 ただしここで難しいのがVWのTSIエンジンの定義で最初はツインチャージャーで出ちゃったから、てっきり2種の過給器付きを”TSI”っていうんだとばかり思ってたけど、その後、VWは既にあった2リッター直噴ターボもTSIって名前にしたから「VWが作る"直噴”&”過給器付きエンジン」はすべてTSIという名称に統合されることになった。ちなみにディーゼルはTDIで統合。
 実際、コンセプト的には過給器がターボだけでもTSI効果は十分に得られるらしい。ただね。既にあった2リッターターボは個人的には言うほど低回転トルクもなく、実感は薄い。
 その点、この新作1・8リッターターボはシングル過給器タイプとはいえ、最初っからバリバリにTSIコンセプトで作られているから、非常に魅力的なユニットに仕上がってるはずなのだ。たぶんね。
P1040225small.jpg
こりゃ完璧にお買い得でしょう!

 ってなわけで早速乗ってみたんだけど…もう、最高ですコレ! とにかく低速トルクが異様に太いから1・8リッターながら、乗った感じは3リッターV6もかくや! って感じ。もちろんブン回すとV6ほどの滑らかさは感じられないんだけど、普通に乗ってたらそこまで回すに済むし、なによりも運転がラクで楽しい。
 俺的にはこれぞまさに1・4リッターTSIの上級者版ユニットだと思ったなぁ。っていうかある意味、1・4リッターユニットよりもTSIっぽい。こりゃ間違いなく売れると。
P1040192small.jpg
普通にDレンジで走ってるとまず2000回転を超えない

 実際すごいんだよ。なんせ超トルクの塊で、しかも付いてる6速ATが頭いいから、加速中にポンポンシフトアップしてくれて、エンジン回転数は2000rpmをまず超えない。実はTSIの省燃費の理由ってのは、根本的な燃焼効率の良さもさることながら、低回転からトルクを発揮してエンジンを回さずフリクションを抑えることが効いてるから、まさしく理念通りに使えるのだ。
 実際、写真を見てもらえれば分かると思うけど、100キロでちょうど2000回転。ほぼずっとこんな調子で、こうやってフリクションやそのほかロスを極端なまでに抑えることができる。
P1040221small.jpg
メルセデス、BMWもびっくりの商品力

 それからさ。このTSIエンジンとボディの相性が良くって、元々のパサートの高級感、それもおっとりした高級感とトルク特性がばっちりあうんだよね。懐の深い乗り心地と上質で落ち着いた内装。マジ、このクオリティで329万円は安いと思いました。個人的に言っちゃえばベンツCクラス、BMW3シリーズ、アウディA4にも匹敵すると思う。つまり実質100万円は安いってことだよね。
P1040238small.jpg
8年連続輸入車ナンバーワン!

 というわけでVWの強さは今年も健在だと思ったなぁ。
 なぜならメルセデスにBMW、そしてアウディ…ライバルすべて確かに品質も走りも十分よかです。でも決定的なのはコストパフォーマンス、つまりお値段よ。
 昨今のユーロ高で軒並み高くなってる中、確かにVWも高くはなってるけど、こうやって事実上のお買い得高性能モデルを出してる。なんつーか、より高い技術で今までの低価格車、つまり1・8リッターターボに高性能を与えてるから事実上の値下げ!
 こりゃ強いよVW。このままじゃ来年9年連続行くかもねぇとおもっちゃいました。
tab_face
小沢コージ 40icon_home小沢コージ
[モータージャーナリスト]
愛とヒラメキに生きるモータージャーナリスト、小沢コージ。もしや全国各地に生息する“知られざるクルマバカ”を発見した場合、ぜひぜひ小沢ホームページ、http://www.koji-ozawa.com/をご確認の上、メールにてご紹介ください!! もしや謝礼も???
recommend
111.jpg
日産GT−Rイン、スパ西浦モーターパーク!!
小沢コージが長年温めてきた写真+キャプションで構成する画期的新車リポート『4コマ写真インプレッション』! というかとにかく個人的にやってみたかった企画なんですけど、4コマじゃなくって、ほとんど20コマインプレだったりと細かい問題はありますが、とにもかくにも試乗会経由&出来たてホヤホヤ情報をお楽しみくださいっ!!
P1040029smallsmall.jpg
スバル・フォレスター、イン河口湖ハイランド!
小沢コージが長年温めてきた写真+キャプションで構成する画期的新車リポート『4コマ写真インプレッション』! 第2弾は年末に発表され、年始から本格的に販売を開始しているスバルのSUV、新型フォレスター。今回で3代目に当たるモデルだが、今までとは違いかなり「ど真ん中」の開発コンセプト。果たして”スバルらしさ”は今どうなっているのか?
サマリー情報_サムネール
本当にお金持ちに見えるクルマベスト 10
年輪を重ねなければ分からない
P1070720smallsmall.jpg
アウディA4、その究極の“FF黄金律”とは? の巻
バラエティ自動車ジャーナリスト、小沢コージがお届けする画期的新車リポート、全然4コマじゃない『4コマ写真インプレッション』! 第9弾はある意味、FF車、そしてFFベースのオンロード4WDの革命とも言える新型アウディA4だ。今回はいつもの試乗会ではなく、たまたまあった個人的なサッカー試合ドライブインプレ(!?) だが、果たして「ある意味、FF、FRの壁を超えたかも?」と小沢が唱えるその“黄金律”とはなんなのか?
P1060442smallsmall.jpg
スマートはなぜ2代目が作られたのか? の巻
バラエティ自動車ジャーナリスト、小沢コージが生々しくお届けする新車リポート、全然4コマじゃない『4コマ写真インプレッション』! 第8弾は7年ぶりに2代目が登場した、世界で最もチャレンジングで崇高なコンパクトカーのひとつ、スマート・フォーツー。年間9万台も売れてて苦労していたオール新設計のクルマの未来は果たして…
P1060070smallsmall.jpg
日本のクラウンよ、どこへゆく〜の巻
バラエティ自動車ジャーナリスト、小沢コージが生々しくお届けする新車リポート、全然4コマじゃない『4コマ写真インプレッション』! 第7弾は今や世界記録ともなった長寿モデル、13代目トヨタ・クラウン。果たして知事で話題の宮崎県で行われた試乗会では…
Copyright (C) 2001-2007 VividCar.com. All rights reserved.
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back