file1468
vivid_mark_s
exhibition298Exhibi_212.jpg
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |
vividsearch2
search_car2
search_article2
tab_star2008/02/15tab_endJAIA2008
時代に翻弄されたフォルクスワーゲン史!
JAIAで聞く世界びっくりクルマ事情 ドイツ編その1
毎春恒例、“ガイシャ食べ放題の日”ことJAIAの試乗会。2月初旬、神奈川県の大磯プリンスホテルに、日本に正規輸入されているほとんどの輸入車ブランドが集まる巨大試乗会だが、そこで我がVividCarは「JAIAで聞く世界クルマびっくり事情」を企画した! そう、クルマはもとより、世界各地の事情に精通する広報マンにNOWでGLOBALな(古い?)ビックリ話を聞いちゃおうというわけだ。果たしてどんなオモシロ話が出てくるのやら…
語り=フォルクスワーゲン・ジャパン広報 ドロテア ガストナーさん、写真=奥村純一&VividCar編集部
tab_face
VividCarロゴ丸.jpgicon_homeVividCar 新人編集部員
[VividCar 編集部員]
新キーワード、“NO CARS NO LIFE”を合言葉に取材に励むVividCar編集部。常に寝不足気味なので、タマにポカもやります。厳しくも愛のあるご意見を(笑)
IMG_8744_thumb.jpg
インテリジェンス溢れる素敵なレディと、歴史のお勉強を…
04_thumb.jpg
「フォルクスワーゲン」はドイツ語で「国民の車」という意味。まさに国民車なのだ!
「フォルクスワーゲン法」って知ってる?

 JAIAで聞いた「世界びっくりクルマ事情」。第3回はフォルクスワーゲン・ジャパン広報、ドロテア ガストナーさん。オーストリア人なのですが、日本語ペラペラなので心配なし!(笑)フォルクスワーゲンのことならなんでもご存知の彼女に、編集部は以前より気になっていた「フォルクスワーゲン法」について尋ねてみることにした…。

編集部 「フォルクスワーゲン法」って、なんなんですか? ドイツにあるんですよね。
ガストナー これはニーダーザクセン州の法律で、内容としては「フォルクスワーゲンの株を20%以上取得しても、議決権は20%までしか与えない」という、株主の権限を制限していた法律なのですが、その意味を理解するには歴史を知らねばなりません。
編集部 ううう、歴史ですか…(汗)。たしか、いわゆるビートルと呼ばれるTYPE1って、ポルシェの大衆小型車構想が、ヒトラーの大衆政策と合致して量産されたんですよね?
ガストナー ええ、国民車として1938年から生産を始めたんですが、結局量産する前に戦争が始まってしまい、民間車は作れなくなり、キューベルワーゲンなどの軍用車生産や、飛行機の翼の修理をしていたそうです。
編集部 ヒトラーの政策に翻弄されてしまったんですね…。
ガストナー 戦争が終わった時、連合軍の各国がドイツ各地を占領下においたので、その地域の産業も占領国にゆだねられました。
編集部 その時に、技術が持って行かれてしまったわけですか?
ガストナー それは産業のあった土地によります。オペルなんかはロシアの占領下に置かれ、工場や資材のすべてをロシアに持って行かれました。
編集部 戦後、日本が飛行機を作れなくなったのと同じようなことがおきていたんですね…。
ガストナー ところが、フォルクスワーゲンのあったニーダーザクセン州はイギリスが占領したのですが、このときのイギリス軍将校Ivan Hirstという人は、「イギリスにはすでに自動車メーカーがある。ドイツ復興のためには、自動車産業が必要だ。」と、空襲で壊滅状態だった工場の建て直しを行ったのです。
編集部 なんと! さすが、イギリスはやっぱり大人の国!
ガストナー 本当にラッキーでしたね。最初は占領軍用の車両や、郵便用の車を作っていましたが、その後TYPE1の量産が始まったのです。
編集部 なんと、ビートルは英国占領下で量産されていたんですね…。でも、占領もずっと続いたわけではないですよね?
ガストナー そう。1949年には占領が解除され、すべてのものはドイツに返されました。その時に、フォルクスワーゲン社もドイツへ…というか、ドイツは州の独立性が高いので、実質的にはニーダーザクセン州へ返還されたのです。
編集部 本当にドイツの歴史をひとつの会社がなぞっている感じですね。で、フォルクスワーゲン法はいったい?
ガストナー 返還の時にできた法律なんです。1960年までは国営で、今でも筆頭株主はニーダーザクセン州なんですが、これが揺るがないように作られたんです。
編集部 でも、それって株主は不満に感じないんですかねぇ?
ガストナー ええ、EUが統一されたでしょ? で、欧州委員会から「フォルクスワーゲン法」は欧州連合の法令に違反していると指摘されて、廃止になってます。
編集部 まさにグローバリズム…元々別の国が、同じ基準で商売なんて難しそう。日本も、島国だからとかのんきなこと言ってられませんね。
ガストナー EU諸国は気候も地理も気質も宗教も違うので、統一はとても難しいです。例えば、ワインの製造法について、イタリアとかスペインといった南の国が「糖分の添加を認めないように定めたい」と言い出していて…。
編集部 ドイツは北の国だから、ぶどう自体の糖度が低くて、甘口用にはぶどう果汁を足してるんでしたっけ?
ガストナー そうです。取れるぶどうが違うから、同じ製法で作ったら酸味が強くなってしまうでしょ? すると、南欧のワインに絶対負けてしまう。これは死活問題だから、北の国の政府は必死に抵抗してます。
編集部 かえってナショナリズムが目につくようになってるんですね…難しい問題ですね。

理想と現実の狭間で悩むEU、ってな感じですか!
recommend
1180c53db16_thumbM.jpg
名門ジャガー、タタ入りは全然ウエルカム?
1180d4d42b4_thumbM.jpg
このサボテンマークはウソだ!?
1180d5ff850_thumbM.jpg
アメ車は実はエコなんですっ!!
1180d4e80a2_thumbM.jpg
ベンツとダイムラーの意外な関係
1180d4d9aed_thumbM.jpg
大人気カングー、あれはひとつの奇跡です!?
1180d4cbb51_thumbM.jpg
違反に厳しいのはサルコジさんのせいですっ!?
Copyright (C) 2001-2007 VividCar.com. All rights reserved.
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |