file1472
vivid_mark_s
バナーL.jpgExhibi_212.jpg
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |
vividsearch2
search_car2
search_article2
tab_star2008/02/20tab_endWORLD CAR NEWS!!
決定F1日本グランプリ詳細! あの渋滞はどうなった?
チケット&ライドシステムは継続で10月10日(金)から12日(日)まで
文、写真=VividCar編集部
tab_face
VividCarロゴ丸.jpgicon_homeVividCar 新人編集部員
[VividCar 編集部員]
新キーワード、“NO CARS NO LIFE”を合言葉に取材に励むVividCar編集部。常に寝不足気味なので、タマにポカもやります。厳しくも愛のあるご意見を(笑)
P1010402small.jpg
昨年、シリーズチャンピオンに一歩近づく走りを見せたフェラーリ。その走りは冴えていた
P1010345small.jpg
シャトル方式から留置き方式へ変更

 昨年、レースそのものは近代まれに観るスリリングさだったが、渋滞およびサービス等でいろいろ話題にもなったF1日本グランプリ。開催する富士スピードウェイ株式会社は、今年のイベント概要を発表した。

 日程的には練習走行、予選が体育の日の10月10日と11日の2日間、決勝が12日の日曜日のトータル3日間で行われ、肝心のチケット関係や交通アクセスは以下の通り。
 渋滞緩和と周辺環境への配慮から、観戦チケットと最終アクセスをセットにした「チケット&ライドシステム」は従来通り継続。一説あった、ファンがマイカーで来る駐車場充実作戦は行われない。

 ただし、渋滞が特に問題視される復路に関し、観客が雨天でもバスに乗車して待つことができるよう昨年のシャトル方式から、原則、バスを会場内にそのまま待機させておく「留置き方式」へ変更する。
 また、批判の多かったアミューズメント設備の少なさ、渋滞時の息抜きに関しては、大型スクリーンの設置や照明・放送機器など観戦設備の充実で対応。バス乗降場や歩道の整備、仮設トイレの適正配置、スタッフの増員と事前教育の徹底、各種情報提供の充実なども行われる。
 来場者数は、決勝11万人、3日間合計で22万人を見込んでおり、まさしく国内モータースポーツイベント最大の規模を誇るわけだ。
昨年の失敗は予想外の雨と道路の陥没と判断

 基本的な考えとしては、昨年の混乱は予想外の雨と、悪天候による場内のバス道路の陥没による交通マヒが原因と判断。それを糧として全体を計画通りに遂行できるように配慮、さらに“万が一”渋滞が起こった時に、それに対応できるようにサービスを充実させるという作戦をとったわけだ。
 確かに前回失敗したからと言って、なるべく公共交通機関で近くまで行き、あとはバスでピストン輸送する方式を完全否定することはないわけであり、予想通りの決着方式ではあるが、果たして本当に前回の不満をすべて解消できるのか?
 あの鈴鹿サーキットでさえ、最初の数年間は観客の混雑を見込んで、わざとチケットを少なめに発売したという。一回目は多少目をつぶったとして、2回目はなかなか失敗が許されない。
 もうちょっと詳しく「前回とは違う理由」を知りたい気もするが、とにかくは得意の“改善”に期待しよう。
 
 ちなみにチケット販売方法は、富士スピードウェイによる「抽選販売」と旅行会社に
よる「先着順販売」の2種類。車椅子専用席券は別途設定し、海外からの申し込みについても、3月下旬に発表予定。

 そしてチケットに関して相談を受け付けてくれるかは不明だが、大会に関する問合せに対応する専用コールセンターを設置、2月21日(木)よりオープン。
 電話番号は0120−337−268(フリーコール)で、当面、平日の10:00〜17:00で営業する。


tab_links_b
1180d4d42b4_thumbM.jpg
このサボテンマークはウソだ!?

recommend
1180c53db16_thumbM.jpg
名門ジャガー、タタ入りは全然ウエルカム?
Copyright (C) 2001-2007 VividCar.com. All rights reserved.
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |