vivid_mark
バナーL
bu_homebu_indexbu_back
Page 1/1 |
vividsearch2
search_car2
search_article2
tab_star2008/02/22tab_end
フィアット500、遂に国内デビュー!!
 2008年2月22日、フィアット グループ オートモービルズ ジャパンは、昨年7月にイタリア・トレノで発表された、フィアット500を遂に日本で発表、3月15日より販売を開始するとアナウンスした。

P1020890small.jpg
発表会が行われたイタリア文化会館にて


fiat2.jpg
写真 = FIAT Japan
さしあたって価格は225万円から

 日本でも「ルパン三世のクルマ」として名高いキュートなイタリアンコンパクト、フィアット500の新型が待望の日本デビューを果たした。

 イタリア語で「500」を意味する“チンクエチェント”の名で親しまれるこのクルマは、実は約50年前に発表された「NUOVA 500」の復刻版。ドイツのVWビートルや、イギリスのMINIにも匹敵する、クルマ界の“世界的キャラクター”であり、単純な性能やデザイン的評価でその価値を測れない存在。

 日本でも幸運なことにモンキー・パンチ原作の『ルパン三世』という名作アニメにより、広くそのキュートなイメージ、スタイルは知れ渡っており、今後爆発的な人気を発揮すると期待されている。

 その上、新型500は中身にも期待大だ。現在発売されて好評なフィアット・パンダをベースにしており、ハンドリングのみならず、衝突安全性、環境性能も世界トップクラスだとか。まさしくイタリア自動車界の期待の星である。

 さしあたって日本に導入されるのは1.2リッター(69ps/10.4kgm)の「フィアット500 1.2 8V ラウンジ」(225万円)と200台限定の特別仕様車「フィアット500 1.2 8V ラウンジSS」(233万円)。トランスミッションはどちらもATモード付きの5段シーケンシャルトランスミッション「デュアロジック」である。

 標準装備も充実しており、前席パワーウィンドウ、マニュアルエアコン、CD&MP3プレーヤー、リモコンキー、集中ドアロック、オーディオコントローラー付きレザーステアリング、大型ガラスルーフなどなど。

 ボディカラーもソリッド系がホワイト、ブルー、レッド、アズールの4色、メタリック系がブルーとブラックの2色から選べ、インテリアもボディカラー別に、ブラック/アイボリーとブルー/アイボリーのどちらかが設定される。

 今年しばらく日本ではチンクエチェント旋風が吹き荒れそうだ。
recommend
P1020862smallsmall.jpg
Fiat500勝手に小研究! なぜルパンはこのクルマを選んだのか?
P1020843smallsmall.jpg
どうなのフィアット500?「もう、これはクルマじゃないよね」
P1020869smallsmall.jpg
どうなのフィアット500?「フィアットはね、昔から凄いんだよ!」
画像 002smallsmall.jpg
初・吉田由美!どうなのフィアット500?「これは家族のちゃぶ台です」
R0010074smallsmall.jpg
どうなのフィアット500? 「いいじゃん、写真より全然!!」
tab_links_b
フィアットジャパン
http://www.fiat-auto.co.jp/
FIAT のオフィシャルサイト
Copyright (C) 2001-2007 VividCar.com. All rights reserved.
bu_homebu_indexbu_back
Page 1/1 |