file1529
vivid_mark_s
バナーL.jpgExhibi_212.jpg
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |
vividsearch2
search_car2
search_article2
tab_star2008/04/16tab_endWORLD CAR NEWS!!
ほ、欲しいっ!! 発見、クルマで運べるどこでもハウス
人間とは、なんと独創的なことを考えるのでしょう…ナニがどうしてこうなったのかはサッパリわからないけれど、面白いクルマができちゃった!?
インターネットで見つけた様々なとんでもCarを、ご紹介しようと思います!
tab_face
queicos.jpgicon_homeホワイト慶子
[VividCar編集部員兼さすらいのサルサシンガー]
昼間はVividCarの編集部員として愛機PowerBookと共に苦悩し、夜は愛車コペン・ホワイトと共に人生を彷徨うラテンシンガー。La vida es un carnaval...人生は一夜の祭の如し。歌って踊って、ドライブ感たっぷりの日々を送ろうではありませんか!
ちなみに、ペンネーム「ホワイト慶子」は、ラテン人生の師匠パラダイス山元氏による命名です!画数最高!えへん!
TinyHouse1Sm.jpg
TinyHouse2Sm_thumb.jpg
気持ち良さそうな木陰に停めれば、そこがマイホーム!
TinyHouse4Sm_thumb.jpg
湖畔に停めれば、毎日釣りが楽しめるかも…
TinyHouse8Sm_thumb.jpg
階段を設置すれば、マイホーム生活スタート!
最小限のものだけ持って暮らしたい…と思ったことはないですか?

「日本人は、家を買えない分、いいクルマを買うんだぜ!」なんて、皮肉めいてつぶやいてしまうほど、フツーのサラリーマンにとってマイホームは遠い存在。このところの地価高騰で、一生働いても、マンションだって手に入れられないよ…なんてお嘆きのアナタに、魅力的なクルマを紹介しよう。

 このインパクトある写真をご覧アレ! そう、アメリカで販売されている、「Martin House-To-Go!」は、なんと「どこへでも運べる家」なのだ!牽引されているので、キャンピングカーかとも思えるが、無垢の板が張られた外装や、ドアなどの建具を見ると、これは立派な家と言えるだろう。もちろん、トレーラーハウスなんかよりずっと「人間的」だ。

 牽引車と牽引免許は必要となるが、その他に必要なのは滞在する場所で生活するための延長コードと庭用のホースだけ!ドアの部分に階段を設置すれば、そこはもう夢のマイホーム!というわけだ。

 このクルマ、なんと車輪台から降ろして、大地に据え付けることもできる。住みたい場所を決めたら、そこに置けばいい。そしてまた旅立ちたくなったら、車輪台に載せればいいのだそうだ。なんともアメリカ〜ンな大胆発想!日本の建築基準法的にはどうなるのかちょっと不明だが、土地さえあればとにかく暮らせるというのは魅力だ。

 ではこの「Martin House-To-Go!」の2008年モデルを詳しく見てみよう。
gulfcoastt_thumb.jpg
まるでワンルームマンションの間取り図
080123_5_thumb.jpg
女性が憧れる「ちいさいおうち」だ
080123_7_thumb.jpg
光を取り込める窓のついた、ステキなロフトベッド!
080123_8_thumb.jpg
日本人も顔負けの空間利用。アメ車を作っている同じ国とは思えない…
清潔感のある、必要最小限の空間!

 室内をご覧いただくと、さらにウキウキ感が高まる。日本の小さなワンルーム程度の設備がある。小さなキッチンとシャワー&トイレのバスルームがついている。オール電化で、プロパンガスなどは必要なし。前述したとおり、本当に延長コードとガーデンホースだけで事足りるようだ。
 
 キッチンにはフリーザつきの冷蔵庫があり、お湯も出る。「電気コンロと電気トースターで、感謝祭のごちそうがすべて用意できた」とのこと。サイトでも、食は大切だから、キッチンにはこだわったと述べている。

 バスルームには窓があって、閉塞感を取り除いてある。竹、コルク、杉を使った気持ちのいい空間で、使い終わった水は下水として流すか、タンクに貯めて廃棄するか、どちらかをオプションで選べるようになっている。

 ロフトはベッドルームという設定。天井高は11フィート(約3.3メートル)あるので、息苦しくなるようなことはなさそうだ。それどころか、写真を見る限り、私のベッドよりもずっと広そうである。
 さらに、ロフトの下の空間には、ツインのベッドか、子供用の二段ベッドが入る空間が確保できるそうだ。お年寄りなど、1階に寝室が欲しい場合にも対応可能とのことだ。もちろん、ロフトで眠ると決めてしまえば、このスペースは収納やワークスペース、瞑想部屋(?)にもなる。至れり尽くせりである。

 外装に関しては、壁の材料はすべてヒマラヤ杉で、有毒性のない材料を使っている。しかも、あらゆる悪天候にも耐えられるように、NASA公認の絶縁材を使用しており、雪でもカンカン照りでも安心とのこと。屋根は、金属の板で葺くこともできるそうだ。

 週末だけの別荘に、自分だけの隠れ家に、あるいは定住用の家としても充分なこのクルマ。キャンピングカーを買うんだったら、いずれ地面に設定も可能なこちらをぜひ選びたい。変なプレハブ小屋なんて建ててる場合じゃな〜い!

 さて、気になるお値段は$29,900。円高の今なら300万円程度ということになる。期間限定、台数限定のお値段だそうなので、気になる方はとりあえずMartin House-To-Go!へGO!


Copyright (C) 2001-2007 VividCar.com. All rights reserved.
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |