file1500
vivid_mark_s
バナーL.jpgExhibi_212.jpg
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |
vividsearch2
search_car2
search_article2
tab_star2008/03/21tab_endWORLD CAR NEWS!!
デミオが世界一!? 決定ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー
世界から選ばれた39台の中の一番!
 日本自動車界に朗報! 3月20日、アメリカで行われているニューヨーク・インターナショナル・オートショーで、WCOTY、すなわち世界カー・オブ・ザ・イヤーが決定。イヤーカーにはマツダ2ことマツダ・デミオが選ばれた。
 日本のカー・オブ・ザ・イヤー(以下COTY)は一部取り逃がしたが、ワールドクラスでの受賞。いったいどこが評価されたのか?
文、コメント、写真=小沢コージ&編集部
tab_face
VividCarロゴ丸.jpgicon_homeVividCar 新人編集部員
[VividCar 編集部員]
新キーワード、“NO CARS NO LIFE”を合言葉に取材に励むVividCar編集部。常に寝不足気味なので、タマにポカもやります。厳しくも愛のあるご意見を(笑)
P1050176small.jpg
P1050148small.jpg
P1050154small.jpg
やっぱり世界は分かってる?

 マツダ・デミオ、ついに世界一!?
 20日、ニューヨークのマンハッタンで行われているオートショーで、ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーことWCOTYが決定! Winnerにはなんとマツダ2こと、日本名マツダ・デミオが選ばれた。
トップ3はデミオに加え、フォード・モンデオ、メルセデス・ベンツCクラスで、トップ10は、さらなる7台、アウディA5/S5に、アウディR8、キャデラックCTS、フォードSーMax、日産キャシュカイ/デュアリス、日産スカイラインクーペ/インフィニティG37、ボルボC30と強力なラインナップ。
 
 この中で選ばれたのだから大変な栄誉だ。ちなみに受賞理由はやはりスポーティなルックスと軽量化による軽快な走り、そしてコストパフォーマンスの高さとのこと。

 WCOTYは世界24カ国から選ばれた47人の審査員により選ばれるわけだが、実はその中のひとりに、本サイトでも活躍中の小沢コージ氏がいる。彼曰く
「デミオ受賞は順当であると同時に、やっぱり世界のジャーナリストは分かってる! って思ったなぁ。“いいものはいい”とちゃんと言うというか、自分の感性には忠実に従うというか。ヨーロッパCOTYでは惜しくも2位で、トップを取り逃がしたけど、あれはフィアット500という特殊で強力なライバルがいたから。ああいう不運がなかったら、ヨーロッパでもデミオが一番になってたと思う。
 ただ、日本でいまひとつ響かなかったのは、今の日本のクルマ環境が、世界基準とは違ってきてるのもあるかもね。あまりにスピードを出せないし、クルマを“走る商品”として魅力的に捉えられなくなってる部分がある。ミニバンばかりが売れる国だし、日本と世界の分離は今後ますます広がっちゃうかもね。それが今回よく分かった」とのこと。

 ま、なんにせよ、喜ばしいことだ。マツダさん、おめでとうございます!
 
tab_links_b
1180d4d42b4_thumbM.jpg
このサボテンマークはウソだ!?

P1010323_1smallsmall.jpg
発見! 可笑しくてやがて哀しきタイの微笑みの警官

P1030009smallsmall.jpg
ロシアの至宝、ラーダ・ニーヴァが欲しい人この指とまれ!

recommend
1180c53db16_thumbM.jpg
名門ジャガー、タタ入りは全然ウエルカム?
Copyright (C) 2001-2007 VividCar.com. All rights reserved.
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |