file1506
vivid_mark_s
fromeditorbanner
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |
vividsearch2
search_car2
search_article2
tab_star2008/04/01tab_end企画もの/スペシャル
その時歴史が動いた!? ガソリン値下げの瞬間をVCが直撃!
 ガソリン税などの道路特定財源の暫定税率が31日、期限切れを迎えた。政府・与党は暫定税率を維持するための租税特別措置法改正案を4月末にも衆院で再議決し、税率を復活させる方針だ。
 それでも、このところのガソリン高にあえいでいたドライバーにとって、ちょっとした朗報には違いない。この前代未聞の値下げ劇、日付が変わる瞬間に、ガソリンスタンドで何が起こったかをレポート!
文と写真=VividCar編集部
tab_face
VividCarロゴ丸.jpgicon_homeVividCar 新人編集部員
[VividCar 編集部員]
新キーワード、“NO CARS NO LIFE”を合言葉に取材に励むVividCar編集部。常に寝不足気味なので、タマにポカもやります。厳しくも愛のあるご意見を(笑)
trading.gif
VividCarが安心サポート付きでご紹介する
新しいタイプの「売ります買います」コミュニティ!
P1050660_thumb.jpg
月曜深夜の環八は、さすがに空いている。そして、閉まっているスタンド多し!
激戦区、八幡山を目指して、深夜に環八を北上!

 3月31日午後11時50分頃、瀬田交差点から、環八は八幡山付近にある某行列のできるセルフスタンドへと向う。本当にガソリン価格が下がるのだろうか? 日付切り替えの瞬間、何かが起きるのでは? と、21年前にテレビで見た国鉄民営化並のドキドキ感(大げさ…?)。

 私自身もこの数日は満タン給油はせず、値下げを待っていた一人だ。取材のためとは言いつつ、安いガソリンをタンク一杯に給油してやりたくて、環八沿いのスタンドの価格表をチェックしながら向った。

 ところが、いつも夜でも開いているガソリンスタンドが、軒並み閉まっている! 開いてると思って覗くと、ちょうど看板をしまうところだったり…ちょっと違和感を感じつつ北上する。
P1050655_thumb.jpg
取材を受ける店の責任者。当然ながら、まったく不慣れな感じでちょっと気の毒…
まだ行列はないが、マスコミがいっぱい!

 ちらほら開いているスタンドが見つかるが、価格は軒並み145円。しかし、高井戸付近で、内回りの小さなセルフスタンドの価格表が「レギュラー126円」となっているのを発見! 本当に値下げが始まったのだ! 案の定、たくさんの客が入っている。どこかで待っていたのだろうか…?

 さて、いつも行列のできる、界隈で一番安くて大きい某スタンドに到着。ところが、ここはまだ144円を表示。価格表示が変わらないからか、客足もまばら。
 0時を回っても、まだ価格表は変わらない。そのかわり、テレビ局やらなんやら、マスコミの取材がたくさん来ていた。やっぱり、ここは界隈で安くて行列ができると評判だからだろう。

 スタンドの責任者によると、価格は会社からの指示で決めており、周囲の値下げ額などは一切わからないという。もちろん現在の在庫油量も会社全体のものは把握しておらず、現場は淡々と作業するだけだ。
P1050654_thumb.jpg
その瞬間を取材しようと、テレビ局各社が集まってきていた。
2008年4月1日0時…静かに始まった値下げ競争!

 ほどなく、テレビカメラが見守る中、価格表がいったん消灯。…100、110、120…そして129円が表示された! 価格表示が変わった途端、給油の客がどんどん入ってくる。

 駆け寄るテレビカメラの「値下げ、どう思いますか?」という質問に、驚きながらも車中から応える客。「スバラシイことです! ずっと下がるの待ってました!」と、とても素直なご意見。
 その後も、深夜にも関わらず、途切れずに車が入ってくる。

 実際は、もうちょっと下流に行けば、先ほど見たリッター3円も安いスタンドがあるのだが、ここは通常そのスタンドよりも1円安い設定にしてあるので「普段もここが一番安いから来ました(お客さん談)」と、疑わずにこちらへ入ってくる。これがいわゆる「定評」というものなのだろう。今回の値下げで、とこが”安い”という「定評」を獲得するのか…まさに戦国!? 下克上の可能性だってあるかも知れない。
P1050659_thumb.jpg
先にこの価格を見ていたら、こっちに入るのは間違いないのだが…。
3円差でも「定評スタンド」がたくさん集客しているという現実…

 混雑してきたので、先ほどの126円を付けているスタンドへ移動してみた。行きに見かけた時とは打って変わって、6つある給油機の半分が常時空いているという状態。ここは手前の「定評」スタンドより2ブロックほど下流になるのだが、3円も安いのに…定評とは恐ろしいものだ。

 しかし、手前のスタンドで給油を終えて、ここを通りかかった車は悔しい思いをするだろうし、そのことで、次回からはこのスタンドもきちんとチェックされることだろう。
 スタンド同士の戦いだけではなく、道の上流・下流という立地と、情報を駆使して、より安く買おうという客と、より大勢に来てもらおうとするスタンドの頭脳戦!

 安い方のスタンドのスタッフに聞くと、こちらもやはり「会社からの指示」で、0時きっかりに価格変更。入れにきた客から「こっちの方が安いね」という情報は得ているというが、今回の変更はリサーチ不能状態での価格設定のため、明日からまた変動する可能性がありそうだ。
P1050664_thumb.jpg
とりあえず閉めている店も多かったようだ。
深夜のスタンドに異変…「開いてる店がなかった」

 往路で多くのスタンドがクローズしていたのを見たが、給油していた足立ナンバーのタクシードライバーさんに聞いたところ、「神奈川から246を走って北上してきたけど、どこも閉まっちゃってて…ここが開いてたからたまたま入った」とのこと。

 なるほど、戦略的に店を閉めているところが多かったのかも知れない。
 元々高い卸値で買っているガソリンが、値下げ待ちで月末にますます売れ残り、4月に入ってもそうそう安売りはできない。
 聞くところによると、価格で競争している地域では、一度でも高い値段を付けてしまうと「あそこは高い」という評価となり、その後の商売が難しくなるという。それならいっそ、3日間くらい休んで、ヨソの価格が落ち着いたところで一気に下げるというのも、ひとつの作戦なのかも!?
「嬉しい」反面、「またどうせ上がるだろう…」と、冷めた声も

 給油をしにきている人達に、今回の値下げについて聞いてみた。

「ありがたい!助かります」
「燃費のいい車じゃないから、ある意味あきらめてたけど、やっぱり嬉しい」
「値下げまで、給油を控えめにして待ってました(笑)」
など、やはり素直に値下げを喜ぶ声が多い。

ただ、嬉しいという反面、
「税金、減っちゃって大丈夫なのかな?とも思う…」
「でもまたどうせ上がるんでしょ」
といった声もあり、あまり明るいばかりのニュースともとらえられてはいないようだ。政治的な思惑で翻弄されるのに嫌気がさしている気配も。
P1050667_thumb.jpg
午前2時前の時点では、旧価格表示の店がほとんど。
旧価格で営業する店も多数…大部分は淡々と。

 取材を終え、再び環八を南下し、田園調布方面まで行ってみた。このあたりでは、旧価格で店を開けているようだ。深夜だからなのかも知れないが、想像していたような混乱とかバタバタした気配は全くなし。テレビでは大げさに報道されているかも知れないが、それはほんの一部だということも確認した。

 今回「安いガソリンを入れるには?」という身近な問題をきっかけに、税金の使われ方、法律の決め方などに関心を持つ人が増えたのは事実。
 納得できる税金以外は払わない…そんな当たり前のことを主張できないのは、やっぱりおかしい。今月末には再度、租税特別措置法改正案を通そうという動きもあり、目の前の値下げに浮かれてはいられない。国のやることを、皆がきちんとチェックおかねばならないだろう。
recommend
今、ガソリンと道路がアツイ!! ニュース抜粋
P1080056smallsmall.jpg
写メGAS速報…4日大阪阿倍野5日東京田園調布…その差6円!
1small.jpg
写メGAS速報…3日群馬藤岡付近&4日広島市佐伯区
img183s.jpg
VC写メール全国ガソリン価格リポート…4月3日世田谷区駒沢
Copyright (C) 2001-2007 VividCar.com. All rights reserved.
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |