vivid_mark
バナーL
bu_homebu_indexbu_back
Page 1/1 |
vividsearch2
search_car2
search_article2
tab_star2008/05/07tab_end
遂に日本上陸!フェラーリ430スクーデリア
0188018_02_thumbM.jpg
0188018_03_thumbM.jpg
img01_l_thumbM.jpg
img02_l_thumbM.jpg
0188018_04_thumbM.jpg
F1の最先端技術をダイレクトにフィードバックした、最高峰ベルリネッタ

 フェラーリ日本総代理店のコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドは、フェラーリF1マシンからフィードバックした最先端テクノロジーを結集した高性能2シーターベルリネッタ「430スクーデリア」の価格を発表した。日本標準車両本体価格は3026万1000円(税込)、デリバリーは5月頃を予定している。

 2007年9月のフランクフルトモーターショーで発表され、同年10月の東京モーターショーでアジアプレミアを飾った「430スクーデリア」は、「F430」からさらに進化した。
「430スクーデリア」のスポーツマインドには、「スクーデリア」の車名が表すとおり、レーシングワールドと密接な関係がある。開発には7度にわたってF1ワールドチャンピオンに輝いたミハエル・シューマッハが深く関わり、F1マシンの最先端のテクノロジーが、フェラーリの顧客の中でも特にスポーツドライビングを愛するオーナーのために盛り込まれているという。

 自然吸気の4.3リッターV8エンジンが8,500rpmで発揮する510馬力のパワーと1,250キロの車重は、2.45kg/hpという驚異的なパワーウエイトレシオを誇り、0-100km/hは3.6秒で到達。フィオラノでは、フェラーリの哲学とF1技術を集約したエンツォ・フェラーリと同等のラップを刻んだ。

 また、最短60msでのシフトチェンジを可能にしたF1スーパーファースト2ギアボックス、最大限のトラクションを確保するために統合されたF1-TRACとE-DIFF機構、そして状況に合った走行モードを選択することができるレーシングマネッティーノなどを新たに導入している。

 日本仕様車には「レーシング・ストライプ」「カラード・ブレーキ・キャリパー」「タイヤ・プレッシャー・モニタリング・システム」を標準装備。また、保証期間は3年目ワランティに加え、条件を満たせば1年間自動延長する4年目のメーカー保証サービスプログラム「パワーキューブワランティ」が標準仕様となる。

フェラーリ430スクーデリア

 ■エンジン
 形式:90°V型8気筒 ボア×ストローク:92×81mm 総排気量:4,308cc 気筒当たり排気量:538.5cc
 圧縮比:11.88:1 最高出力:375.4kW(510hp)/8,500rpm 最大トルク:470Nm(48kgm)/5,250rpm
 最大エンジン回転数:8,640rpm(リミッター作動)
 ■ボディ
全長:4,512mm 全幅:1,923mm 全高:1,199mm ホイールベース:2,600mm トレッド前:1,669mm
 トレッド後:1,616mm 車両重量:1,250kg 前後重量比:43:57
■動力性能
 最高速度:320km/h 0−100km/h加速:3.6秒以下 0-200km/h加速:11.6秒以下 0-1000km/h加速:20.9秒
 パワーウエイトレシオ:2.45kg/hp
 ■トランスミッション
 ギアボックス:前進6速+後進1速
 
 *数値はメーカー発表に基づくものです。
 車両本体価格:30,261,000円(税込)

日本仕様車には「レーシング・ストライプ」「カラード・ブレーキ・キャリパー」「タイヤ・プレッシャー・モニタリング・システム」が標準装備。
また、保証期間は3年目ワランティに加え、条件を満たせば1年間自動延長する4年目のメーカー保証サービスプログラム「パワーキューブワランティ」が標準仕様となります。
tab_links_b
コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド
http://www.cornes.co.jp/
Copyright (C) 2001-2007 VividCar.com. All rights reserved.
bu_homebu_indexbu_back
Page 1/1 |