file507
vivid_mark_s
地球の走り方_バナーL地球の走り方_ヘッダグラフィック
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |
vividsearch2
search_car2
search_article2
tab_star2002/05/17tab_endヨーロッパのドライブ
恐るべし!南フランス「湘南渋滞」
恐るべし!南フランス「湘南渋滞」
 あるのです。フランスにも。・・・・・恐ろしい渋滞が。
 日本から旅行者としていくと、日頃のストレスと一緒に、ついつい「渋滞」という言葉まで都合よく忘れてしまいますが、当然のことながらフランスにも渋滞があります。フランスの渋滞は怖い・・・というのも情報が全然ない(正確にはワカラナイ)からです。ラジオをつけていれば、交通情報もやっているヨウです。

 トルシエ監督の試合後のインタビューを通訳なしにそのまま理解できる方、さらには突然聞こえた地名で地図がすぐに頭に浮かぶ方は心配いりません。そうでない方で(私も含めて)、今度のフランス旅行ではレンタカーでまわってみようかしらん、などとほんの少しでも思っている方、ぜひご一読ください。先のみえない渋滞にハマッテから後悔しないように。
文・写真:安田まり
tab_face
安田まり_プロフィール_写真Sicon_home安田まり
[visi-vin 主催]
 「仏蘭西式」といれば、ルマンの話。といってもレストランのことです。ルマンのレストラン Beaulieu が、新しいミシュランで1つ星に昇格しました。ところで、フランスに限ったことではありませんが、ほんとみんな、車で平気でレストランに来て、しっかり飲んで帰るのです。デザートのあとに、エスプレッソを飲みながらしゃべりまくっている間にさめるとか。
記事ブロック_画像_写真
こういう外周道路が渋滞する(アヴィニヨン)
渋滞ポイント

【その 1】街
 パリは言うに及ばず、なので割愛します。その他の街(村ではなく、地図上で、一応建物の形みたいのがウニョウニョとかかれているレベルの街)の場合、多くは(旧)市街とそれを囲む周囲の道路があります。渋滞ポイントは、この外周道路です。平日の朝夕の通勤タイムが最も危ない。こんなときに、道がわからず、ちょっとでもヨタヨタしようものなら、たちまちクラクションを鳴らされ、ブーイングの嵐です。
<回避方法>
 街に出入りする時間をなるべく通勤タイムにぶつからないように行動すること。

【その 2】高速道路
 パリの周辺では高速道路が渋滞で身動きとれない、ということもよくありますが、その他の場所ではあまりひどいものにぶつかったことはありません。ただ、ヨーロッパ中が一斉にお休みになって、季節もよくなりつつある、復活祭の頃(3 月頃)や、メーデーの頃(5 月頭)は、危険信号です。フランス人だって、日本人と同じように、連休になれば、家族でドライブにでかけるのです。
<回避方法>
 この連休の時期には、車で長距離の移動をしないこと。旅行者なのですから旅行者らしく、目的地の近くまで、飛行機か電車でいって、あとをレンタカーという形で、日程を組むこと。

【その 3】(急にピンポイントになりますが・・)アンドラ公国への「お買い物渋滞」
 フランスからお隣のスペインに行くには、ピレネー山脈を越えなければいけません。
 このピレネー山脈の途中に、アンドラ公国という小さな国があります。アンドラ公国は関税がかかりません。このため週末ともなると、スペイン、フランスの両方から、買い物のために人がドッと押し寄せます。安ければ、片道 2 時間、3 時間はなんのその。「ドン・キホーテ」が山中にあるようなものです。
 オンシーズンになれば、これにピレネー越えの観光客のツアーバスまで仲間入りします。でもあくまで山道ですから、道は片側 1 車線のくねくね道。これで渋滞しないわけがないのです。さらに、アンドラ公国に入ると、車線が 1 本ふえますが、その 1 本は、駐車場につながる道です。駐車場が混んでいるわけですから、当然この車線は身動き一つしません。日本でいえば、スキー場への行きかえりの、高速に乗るまでの渋滞をご想像ください(したくないでしょうが)。
<回避方法>
 あたりまえですが、ただスペインに向かうのなら、他のルートを選ぶ。海沿いの道や南東部からの道もあります。でも、「せっかくならアンドラをみてみたい」という方へ、ひとつ体得した回避方法。ものすごく朝早くに行くことです。だいたい、8:00 くらいまでにアンドラに着くつもりで走ること。さすがに混みません。眠いですが。

【その 4】(これまたピンポイントですが・・)南フランス「湘南渋滞」
 フランスの渋滞の真骨頂はこれです。コート・ダジュール、ニース、カンヌと耳にすれば、紺碧の地中海、優雅なリゾートを思い浮かべる方がほとんどでしょう。でも、そこに「湘南渋滞」という落とし穴がしっかりと待ち構えているのです。
 空港はニースから数キロの海沿いの地点。カンヌから空港までは、高速をつかえば 30 分程度。どうせなら、海沿いの街道を北上して空港にいけば、ギリギリまで地中海を満喫できる、時間があまったら、ニースのカフェでワインでも一杯・・などと思ったがために、数年前の 4 月、私は、恐怖の「湘南渋滞」に巻き込まれ、飛行機に間に合わなかったのです。カンヌから空港までの所要時間はたしか 4 時間ぐらい、だったでしょうか。海沿いの片側 1 車線の道は、ギッシリ渋滞して、歩みは亀。思い返せば、復活祭の連休ですから、ヨーロッパ全土が休み、4 月で気候もよい、そして連休最終日の午後でみんなが帰路に向かうという、地獄の悪条件 3 拍子が見事に揃っていた中での出来事でした。
<回避方法>
 連休最終日などというときに、リゾート地は走らないこと。

 ちなみに、当時オランダにすんでいて、アムステルダム行きの最終便に乗り遅れた私たち女 2 人連れは、最終のフライトでパリに飛び、パリからまたレンタカーをかりて約 5 時間、真夜中の高速を飛ばしまくり、アムスに戻ったのです。本当に車は偉大です。
記事ブロック_画像_写真







誰もが思い浮かべる地中海

こんな写真を取ってる暇があったら、

早く空港いけばよかった・・・
一番気にかけておくべき事

 渋滞でつらいのは、人間も車も一緒です。特に真夏、アンドラのような山道で渋滞されると、オーバーヒートをする車もでてきます。私も、最初のトライではあやうくオーバーヒートしそうになり、泣く泣く途中で引き返しました。
 何よりもまず、日程には余裕を持って。シーズン中のレンタカー旅行では、途中で野宿になっても、まっいいか、くらいの精神的な余裕も欲しいものです。あとは、自分が干からびないように、水とお菓子は常に携帯すること。
人生、渋滞で立ち止まるのも、面白いではないですか!
記事ブロック_画像_写真
tab_links_b
アンドラ公国とは?
http://www.mofa.go.jp/m...
アンドラ公国に興味が沸いた方は、このサイトで基礎知識を!
recommend
サマリー情報_サムネール
How to ワイナリー巡り
フランス旅行でワイナリーに行きたかったらどうすればよいのでしょう?そんなあなた、この記事を読めば一目瞭然!
フランス南部-s
フランス南部へのドライブ
6 回目のル・マンにして初めて、フランス観光が実現!
レンタカーで巡る南仏のおすすめの旅を紹介します。

f_kan_00.jpg
フレンチ閑々2〜クルマ雑誌に酒の広告
クルマ雑誌に酒の広告が入っているフランス。だが、相容れないこの組み合わせには思わぬ共通事項があるのだった。
シトロエンC2_2_サム.jpg
シトロエン C2 と C3 あなたならどちらを選ぶ?
なぜシトロエンは、あえて同じクラスにボディの基本的なディメンションを変えてまで新型車を投入したのだろうか?
その理由を探るために同じエンジンを搭載する、シトロエン C3 1.6 とシトロエン C2 1.6 VTR を借り出し、とある週末の殆どを両車と過ごし、その理由を探ってみた。

Copyright (C) 2001-2007 VividCar.com. All rights reserved.
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |