file100
vivid_mark_s
298_70.jpg212_70.jpg
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |
vividsearch2
search_car2
search_article2
tab_star2001/06/26tab_end海外レポート
ミラクル・ハンバーガー
カリフォルニア・ファースト・ドライブスルー
 クルマなくしては生活できない。それが、カリフォルニア。
 
 1940 年代はモータリーゼーションの幕開け。アメリカに、急激にクルマがあふれ始める。カリフォルニアの街は、クルマと共に、発展する。”クルマで行けるところ”が増える。街のいたるところに、ドライブインシアター、ドライブスルー、モーテル、洗車場が建ち並び始める。そうしてできたカリフォルニアの街。

”ドライブスルー”は、カリフォルニアのクルマ文化を象徴する。

お礼:2004年7月31日、読者の方から、記事中のフリーウエイの情報が間違っているのではないでしょうかとの指摘があり、あらためて調べてみて、650ではなく、605でした。読者の方もインナウトバーガーのファンだそうで、嬉しいメールを頂きました。
文・写真:永山辰巳
tab_face
永山辰巳icon_home永山辰巳
[VividCar 元編集長]
2006年、VividCarはプロフェッショナルなブロガーを目指します。創刊以来5年を迎え、ちまたのブログサイトとは一線を画するVividCarは、ネットワーク知識編纂をビジョンに確実にコンテンツを増やしながら未来のWebBookメディアを開発してきました。私たちはこれをWebフォトジャーナルシステム呼びます。生涯にわたり記録し続け知識を編纂する楽しみをごいっしょに。
記事ブロック_画像_写真
In-N-Out Burger 1 号店。ほぼ当初のままのたたずまい。
カリフォルニア初、ハンバーガーショップのドライブスルー

 サンタモニカから 10 フリーウェイを東へ 30 分。605 フリーウェイとのジャンクション近くにあるハンバーガーショップを訪ねる。大きな通りに面したドライブスルーの周りには、これといって何もない。殺風景すぎる。
 ここが、カリフォルニア初のハンバーガーショップのドライブスルー、”In-N-Out Burger ” 1 号店だ。



 1948 年、 Snyder ファミリーが作った、ドライブスルー専用のハンバーガースタンド。以来、50 年以上、「新鮮で、ハイクオリティなハンバーガーと、フレンドリーなサービス」をモットーに、 Snyder 一家によって、こぢんまりと経営されてきた。
 1999 年時で、カリフォルニアを中心に、ネバダ州、アリゾナ州に、 140 店舗を持つ。しかし、フランチャイズ店はなく、すべて、この Snyder 一家によって営まれている、まさにファミリーレストランだ。
記事ブロック_画像_写真
このつやつやのパンに、たっぷり入った野菜やお肉。
そのコンビネーションがたまりません。
なぜ In-N-Out Burger?

 アメリカで、いや、世界中で、ハンバーガーといえば、マクドナルドを思い浮かべるだろう。しかし、ハンバーガーショップは、マクドナルドだけではないのだ。
 休日の昼ともなれば、ドライブスルーには、長蛇の列ができる In-N-Out。何が他と違うのか。
 「ねー、In-N-Out、寄ってこうよ」
 「えー、またぁ? 3 日前に食べたじゃない。でも、In-N-Out ならいいか」

 あるアメリカ人が言った。「日本にもラーメン屋は驚くほどあるし、週になんども食べるでしょ?アメリカ人にとってのラーメンがハンバーガーだよ」

 In-N-Out のハンバーガーにかぶりつく。そのとたん、「やっぱり、うめぇ!」とガッつくことになる。これが、In-N-Out のバーガーだ。

 さっくさくに焼けたパン。
 ジューシーな肉。
 シャッキシャキのタマネギ。
 あまーいトマト。

 こんなにおいしいバーガーは食べたことがない!というくらい。この組み合わせがたまらない。たとえ、3 日前に食べようとも、一口食べれば、さくっ、ジュワ、シャッキンという音と味に、とろけてしまうのだ。これは、いわゆる、「はまる味」。

 それもそのはず。この店では、いっさい、冷凍食品などを使わない。電子レンジがない、というのがこの店のセールスポイントでもあるのだから、すごい。注文してから肉を生から焼き始める。レタスも手でちぎられ、パンも当然、ちゃんと焼く。さらに、フライドポテトは、生のまま、皮をむき、その場でスライスして、ジューシーに油で揚げる。アッツアツのポテトの上に、ケチャップをしぼって食べるが最高だ。これで、ストロベリーシェイクをつければ、最高のランチになる。
記事ブロック_画像_写真
ハンバーガーのメニューは、4 つ。中でも、ダブルミートの
ハンバーガーとフレンチフライ、ドリンクのセットがおすすめ。
時代は変わっても、In-N-Outは変わらない

 開業以来、すでに 50 年以上、当時の店主であった人の奥さんが、今でも社長をしている。あれだけの味だから、フランチャイズにより全国展開することも可能だろう。しかし、それをしないところに、この店の良さがあり、あの味が引き継がれているのではないだろうか。
 ドライブの帰り道、お腹がすいた。In-N-Out バーガーの看板をハイウエイ沿いに見つけると、誘われるように、ハイウェイを降りてしまう。次の出口で出て、引き返してでも、In-N-Out に入りたい。もう、ここ以外のバーガーやフライドポテトは食べられなくなっている。

 これくらい人を引きつけるその味は、「時代が変わっても、In-N-Out は変わらない」という姿勢で、経営を営み続けた、Snyder 一家の哲学が育んできたのだろう。そして、これからも。
tab_cars_b
JEEP_WRANGLER_L
data
JEEP WRANGLER
LAのJEEPは、開放的。幌なし、助手席には犬が定番スタイル。
tab_links_b
In-N-Out Burger
http://www.in-n-out.com...
In-N-Out では、毎年、お店とクルマをモチーフに T- シャツを発売。このページからオンラインショッピングができる。
recommend
サマリー情報_サムネール
ロス・スワップミート
スワップミートへ行く途中、ハイウェイのどこかで、きっと In-N-Out に出会うはず。寄って損はなし !
オーシャンホテル
PCH を走るなら
旅に必要なのは、いい宿とうまいご飯。ロサンゼルスにも、探せばこんないい感じのホテルがあるのです。ドライブのついでに、いろんないいモノに出会える、それがカリフォルニアのいいところです。
サムネイル
7日間脂肪燃焼ダイエット
空腹になることなく 7 日間で確実に 2kg 減るダイエットに出会いました。今回はそのダイエットをご紹介します。
バーガー
100年続く名代のハンバーガー
ニューヨーク一番との噂も。100年続くバーの売り物はハンバーガー。日常の贅沢これに極まり。
サムネイル
屋久島・海岸線を走る後半
島の下側から左側にかけては道が細くカーブが厳しい所も出てきますが、基本的にはきちんと整備された県道が通っています。こちらも、目的地の目前までクルマで行くことが出来ます。
Copyright (C) 2001-2007 VividCar.com. All rights reserved.
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |