file044
vivid_mark_s
e_showroom298eshow_212.jpg
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |
vividsearch2
search_car2
search_article2
tab_star2001/05/31tab_endAUDI
「小夜子」とアウディ
モーリの色彩空間 Part.5[SAYOKO]
 神戸までの一泊二日のロングドライブで、アウディ S6 を試乗した。私は、ほんの 20 〜 30 分ではクルマと対話出来るほど感性は豊かではないので、頭の中が真っ白になるまで走って、クルマを知るタイプだ。

 さりとて、目的なくして 1,000 km は走れない。クルマを貸しだしてくれたアウディジャパンが、「では、神戸でアウディ・ジャパンが協賛しているちょっと面白い展示会があるから見てきたらいかがですか?」との薦めをもらい、往復 1,200 km を試乗してきた。
 神戸は六甲アイランドに位置するファッション美術館でのイベントである。開催は、 5 月 8 日まで開催された。
初校:2001 年 4 月 27 日
改訂:2001 年 5 月 31 日

文:永山辰巳
写真:若林正幸

tab_face
永山辰巳icon_home永山辰巳
[VividCar 元編集長]
2006年、VividCarはプロフェッショナルなブロガーを目指します。創刊以来5年を迎え、ちまたのブログサイトとは一線を画するVividCarは、ネットワーク知識編纂をビジョンに確実にコンテンツを増やしながら未来のWebBookメディアを開発してきました。私たちはこれをWebフォトジャーナルシステム呼びます。生涯にわたり記録し続け知識を編纂する楽しみをごいっしょに。
記事ブロック_画像_写真
アウディ AG デザイン責任者の
ペーター・シュレイヤー氏
SAYOKO BODY と Audi TTの融合

「独自の強烈な美と存在感をモード界に与え続ける小夜子さんとのコラボレーションだからこそ、アウディの妥協ないデザインに対するこだわり、そしてそのスポーツ性を高いレベルで表現できる」

 アウディ AG デザイン責任者のペーター・シュレイヤー氏は語る。

 アウディと小夜子さんは、個性溢れる存在感を示し、この一見、共通点のない二者の展示は、自動車の展示スタイルに可能性を見せてくれた。

 以下は、筆者がイベントを訊ねたときの取材記事である。
記事ブロック_画像_写真
展示は、小夜子ボディーのマネキンにクリエータ達が、コレクションを
着せている空間としてデザインされている
かなりドキッとするので、要注意
小夜子ボディー「 Sayoko Body 」

 「小夜子」とは、ファッションモデルとして国際的に活躍した山口小夜子さんのことだ。この展示会は、その「小夜子」をテーマに、毛利臣男氏が「光」と「影」で演出し、世界に名を馳せたクリエータ達が彼女に着せたい「服」というコンセプトで創られている。彼女に着せたい「服」は、毛利臣男氏が文楽人形に触発されて考案した、「 Sayoko Body 」に着装して展示されるというものだが、・・・文章ではほぼ理解不能で、百聞は一見にしかずであった。
記事ブロック_画像_写真
外観はとてもユニーク
六甲ライナー「アイランドセンター駅」下車
南東すぐ
神戸ファッション美術館

 関東人の私には、関西はまさに小宇宙だ。東名を走り、浜名湖を過ぎたあたりから、だんだんとなじみの無い地域に入る。神戸は、まだ生まれてこのかた二度しか行ったことがない。地図を頼りに阪神高速 3 号線、魚崎インターを降りて、六甲アイランド方面へ向かう。ファッション美術館は、簡単に見つかったが、その外装というかビルの全景が凄い。まるで、スタートレックのエンタープライズ号の円盤部分そっくりだ。
記事ブロック_画像_写真
美術館入り口正面に展示されている、アウディ TT ロードスター
なぜゆえ TT ロードスターか

 アウディは、この「小夜子」に TT ロードスターを出品し、ドライバーとして、ル・マンレースで活躍したレーシングウエアを小夜子ボディーに着せて演出をしていた。会場に入ってすぐにエントランスに堂々と存在感を華っている。
 世界のプレミアムブランドとして大成功しているアウディは、まさにアウディボディと言いたくなる、シリーズ共通の質感と完成度をもってして、いまだかつてどのメーカも成し得なかったようなパーフェクトラインを形成している。私は、 TT のクーペを 1998 年のパリのモーターショーで見て、あまりのラインに驚き、さらにその内装デザイン、今まで見たこともない自動車の内装質感として感激すらした。アウディは、「クルマも洋服と同じくらいに日常の生活において個人のアイデンティティーを語る重要なアイテム」と語っているが、私が今のアウディデザインの全体から受ける印象は、まるで洋服を着ていないマネキンのような、ヌードのような美しさを感じている。
tab_cars_b
AUDI_S6_M
data
AUDI S6
BMW M5 と共に神戸まで往復 1,200 km を走った。 総評としては、トラディショナルな BMW 、これからスポーツセダンの方向を提示する AUDI ということで、まったく表現が異なっている。試乗記は、5 月下旬頃。
tab_data_b
AUDI_TT_SAUDI TT
tab_links_b
神戸ファッション美術館
http://www.fashionmuseu...
アウディ・ジャパン
http://www.audi.co.jp/
recommend
サマリー情報_サムネール
2001 大阪オートメッセ!!
今年で5回目を迎えた大阪オートメッセをインプレッション。
サマリー情報_サムネール
“AUDI MUSIC MEETS ART”
アウディジャパンがサポートする夏のジャズイベント。
サマリー情報_サムネール
カーデザイナーになりませんか?
カーデザイナーを育てる学校をロス郊外に見つけた。
サマリー情報_サムネール
両雄対決
BMW の王様、M5 と Audi の女王、S6 を試乗した。
両雄対決と銘打ったが、王様と女王様のような雰囲気だった。

tab_note
今後の展示日程について :
取材を通じて以下の情報を頂けた。展覧会の会場風景、出展作品の写真と「Sayoko Body」(マネキン)だけによる展覧会が下記の場所にて開催される予定。

6 月 30 日〜 7 月 8 日
アートスペース感
京都市北区紫竹東高縄町 69
Tel : 075-495-4158

10 月(ただし日程は未定)
スパイラル ガーデン
東京・南青山

残念ながら、両イベントとも衣裳作品は出展されないそうだ。
Copyright (C) 2001-2007 VividCar.com. All rights reserved.
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |