file242
vivid_mark_s
driveimpre298DRIVE_212_004.jpg
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |
vividsearch2
search_car2
search_article2
tab_star2001/10/16tab_end元気なハッチバック
新型「プジョー307 XS・XSi」に試乗
ヨーロッパ!ハッチバック市場に王手。
 いまなお大人気の 206 シリーズの上級に位置するプレミアムコンパクト 307 を 21 世紀のハッチバックサルーンとしてプジョージャパンから 2001 年 10 月 6 日より発売開始された。
 306 の後継モデルとして新たに PSA プジョーシトロエングループの新世代プラットホーム戦略に基づく最初のモデルで、その共通化によるパッケージの大幅な見直しによって開発された新型「307」は如何に。秋の清々しい空気の中、長野県小淵沢で試乗した。
文:柴田康年
写真:若林正幸

tab_face
1202_sicon_home柴田康年
[VividCar元編集員]
最近、アナログ事が好きになってきました。
記事ブロック_画像_写真
ワインディングが楽しくなる走り。
記事ブロック_画像_写真
2.0L 直列 4 気筒 DOHC
最高出力:137 ps 最大トルク:19.4 kgm を発生。
出来の良い子には期待が大きい。

 21 世紀のハッチバックサルーン PEUGEOT 307 がデビューした。2000 年 9 月パリのジュネーブショウでコンセプトカー「PROMETEE(プロメテ)」として発表され翌年の 2001 年 3 月にジュネーブショウで市販モデル「307」としてお披露目された期待の1台である。

 今回は、その中でも中心グレードとなるスポーティーテイストの「XS・4AT」とスポーティープレミアムの「XSi・5MT」に試乗させて頂いた。
 「新型プジョー 307 の最大のセイリングポイントは、モノスペースに近いダイナミックなボディフォルムと、クラス最大級の快適な室内空間で、加えてプジョー車の定評となっているシャープなハンドリング、強靱かつしなやかなロードホールディングによるクラストップレベルのドライビングプレジャーにある」とのことだが、またまたぁ。コレは出来すぎってこと?と思ったが、出来すぎであった。クルマがね。

 と言うことで、「XS」の試乗です。まず、ドアを開けた瞬間にサイドシルの厚さに驚かされた。見ただけでボディー剛性ありますよって感じ。実はこの 307 のボディは、「新世代プラットホーム戦略」から生まれた最初のモデルで従来のハッチバックの概念を越えた 2 ボックスモノスペース構造。この採用でボディ剛性だけでなく、ダイナミックなスタイリングとクラス最大級の室内空間も合わせて手に入れているため室内は予想以上にと言うより、見た目のダイナミックでスタイリッシュなイメージから受ける予想通りの空間を確保している。見た目に広そうだけど中は狭いなんてことはありません・・・。

 さて、インテリアの清潔感溢れるシンプルなデザインイメージも手伝って気分良く走り出した。コレだからハッチバックは好きだ!?ついつい楽しくアクセルが床に近づいてしまう!!オマケにポルシェティプトロニックタイプの採用をしている学習モード付きの電子制御 3 モード(ノーマル・スポーツ・スノー)で、気付いたら「M」ポジションで“+、−”を楽しんでいた。

 しかし、なぜ知らない間に「M」にしていたかはしばらく乗って判明。学習と言う言葉を聞くだけで敬遠したくなる私の性格はさておいて「AL4」と呼ばれるこの AT は、あまり日本の道路事情にはヨロシクないようで少々不満が残る。踏み込んで加速をしている段階でアクセルを離すとそのままシフトチェンジ(シフトアップ)を行わず強烈なエンブレがかかるのだ。私と同じで学習が苦手なのかと・・・。気持ち的にはシフトアップしてもらいたい。最近この手の学習付きが多いようだが何を学習してるのか乗っていて?が浮かぶ。少々熱くなりすぎたようだ。コレもまた期待が大きいためで。
 と言うことで学習が嫌いなので知らない間にマニュアルモードにしていたのだった。がっ。このマニュアルモードがこれまた楽しいので是非 307 を購入されてたら「M」を楽しんでください。
記事ブロック_画像_写真
17 inc ホイールで、足下は限界までスポーティー。
流石にこれ以上は履けません。
記事ブロック_画像_写真
実に良い運動性能で更に路面を上手くとらえる。
17インチでキメテ、MTで走る。

 今回、クルマ好きには嬉しいことに、307 にはそれぞれのグレードで MT と AT の設定がある。どちらを選ぶかは悩ましいところ。で、採用された MT は 206 スポーツと同様「BE4 型トランスマニュアル」で、306 のリンク式から 307 はワイヤ式に見直されている。理由は、軽量化と操作性の向上。この見直しでシフトフィーリングが軽くなりすぎた為シフトレバー自体を重くしたなどの裏話もあるらしい。しかし、個人的ではあるがまだまだ軽るすぎる様な印象を受けた。

 さて、本国フランスでは、販売台数のほとんどが MT で AT は、ほんの数パーセントとのこと、これには驚き。クルマ好きが多いのか? ケチが多いのか?はたまたポリシーか? とは言え我が国でもプジョー車の MT には人気があるようで、2 〜 3 割の方が MT 選択しているのだ。「・・・ウチのクルマ(プジョー車)は、MT が他社よりも人気があるんですよ。スポーティーなブランドイメージがあるからでしょうね」と・・・。確かに昔から MT のイメージがあった。友人が 205 RALLYE を乗っていたことを思い出した。アレ!カッコ良かった〜。
 
 話がそれて戻らないままいきなりオススメの話。スポーティー派なら「XSi」でキマリ。ファミリーユースには、5dr 4AT の「XS」がオススメです。少々お年を召していらしゃる方は「XT」のウッド調パネルでキマリで御座います。
記事ブロック_画像_写真
上質でスポーティーな「XSi」のインテリア
記事ブロック_画像_写真
落ち着いた雰囲気の「XT」のインテリア
部屋の雰囲気は小物で替わる。

 それぞれグレードのインテリアを見て感心させられたことは、上手いインテリアコーディネイトだ。センターコンソールやエアコン吹き出し口とドアノブ周りの素材と色の変更でコンセプトに合った質感と空間を演出している。これは、307 だけでは無くほとんどのクルマに当てはまる手法だが上手く行っている例は少ない。

 さらに、先代の 306 からは室内空間は大幅にアップしている。数値的に比べても、
もはや比較対照とはならないほどだ。このインテリアに不満があるならば、この上のクラスを選択するしかないだろう。

[新型 307 と 306 の比較]
内容/車名307306
全長 4210 mm 4030 mm +180 mm
全幅 1760 mm 1695 mm +65 mm
高さ 1530 mm 1390 mm +140 mm
ホイールベース 2610 mm 2580 mm +30 mm
最小回転半径 5.35 m 5.45 m −0.1 m
車重 1270 kg 1180 kg +90 kg

記事ブロック_画像_写真
ルシファー・レッドの「XT」
記事ブロック_画像_写真
16 inc アロイホイール。
タイヤDUNLOP SP SPORT 2000 [205/55R 16]
206に続いて予約殺到となるか?

 206 で飛躍的に?爆発的に?販売台数の伸びを見せているプジョー、この新型 プジョー 307 の発売で更なる伸びを見せることができるだろうか・・・。年間販売台数 6,000 台以上の目標を掲げているが、206 の話題性による恩恵で販売が伸びるほど甘くはない日本市場・・・。

 しかし、プジョーは手を抜くことなく 307 を作り上げてきた。その気合いは装備を見ても解る。このクラス(Cセグメント最近ではCプラス)にして、ティプトロ付き AT 、スマートエアバック、オートワイパー、オートエアコン等が標準装備なのだ。さらに、9000 ジュールの衝撃対応力があるとか、1500 デェバニュートン??だとか、3 バールのガス加圧式ショックやら、???なにやらスゴイでしょ。(要学習)

 コンペティションとなるのは、もちろん「VW ゴルフ」「OPEL アストラ」「Ford フォーカス」達だ。これでますます激戦となること間違いなしって感じのこのセグメント目が離せません。で、買っても良いかって聞かれたら迷わず「良いです」とお答えします。ただし、フランス人の運転を理解することも必要です。何故ならば、AT はフランス人向けのセッティングだから・・・全開か!全閉!ですって。 

 
tab_cars_b
PEUGEOT_307_M
data
PEUGEOT 307
フランスのゴルフ
tab_data_b
PEUGEOT_206-s.jpgPEUGEOT 206
PEUGEOT_306_SPEUGEOT 306
VOLKSWAGEN_Golf CLi_GLi_SVOLKSWAGEN Golf CLi/GLi
EUROFORD_focus_SEUROFORD focus
OPEL_ASTRA_SOPEL ASTRA
tab_links_b
プジョージャポン
http://www.peugeot.co.j...
詳しいことはこちらへ
世界のプジョーサイトへ
http://www.peugeot.com/
recommend
サマリー情報_サムネール
プジョー 307 発表!
 2001 年 9 月 26 日、東京港区にある「ニューピア竹芝」にてこのプジョー 307 の発表会が行われました。
プジョー307
幸運を招くかプジョー 307
プジョーの中心的モデル、 307 が大規模なフェイスリフトを行った。 407 似のダイナミックはフェイスは、果たしてプジョーに幸運を招く猫となるのか ?
megane_gc_00.jpg
スーザンのエピッとな2〜「透けてるブラ」ルノー・メガーヌ・グラスルーフ・カブリオレ
グラスルーフ採用のメガーヌ・グラスルーフ・カブリオレを同郷のセンパイであるプジョー 307CC とプチ比較してみた。
メガーヌ_s.jpg
新しくなったルノー メガーヌはこんな奴
「 2003 European Car of The Year すなわち年男クルマ」をまつばらあつしが斬る!
Copyright (C) 2001-2007 VividCar.com. All rights reserved.
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |