file023
vivid_mark_s
バナーLヘッダグラフィック
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/2 |bu_next
vividsearch2
search_car2
search_article2
tab_star2001/04/06tab_end0年0万キロ
ルノールーテシア、ルノースポール2.0
話題の新車、ルーテシアRSを購入!
第一回
取材日時 / 3 月 25 日(日) 11 : 00 at ルノー神奈川磯子杉田店
記事:武田和宏
写真:若林正幸

tab_index
話題の新車、ルーテシアRSを購入!page1サマリー情報_サムネール
ナビをつけるのも結構大変な事でした。page2サマリー情報_サムネール
tab_face
武田和宏_プロフィール_写真Sicon_home武田和宏
[自動車業界人]
イギリス車の魅力を、文化や歴史も合わせてお伝え出来ればと考えています。
記事ブロック_画像_写真
フランス車が好きな高木さん
話題の新車、ルーテシアRSを購入された高木さん

 高木さんにとってはこれが 2 台目のルノー車になる。今まで乗っていたメガーヌは 5 年弱で 88,000 Km を後にしていた。その前にはプジョー 405 Mi16 にお乗りでこれも 6 年で約 10 万キロ走られたそうだから、ほぼ 1 年で 2 万キロを走る自動車のヘビーユーザーである。
 90 年代を 2 台のフランス車で過ごされた高木さんは新しい世紀をルーテシア RS と過ごす事に決めた。

 高木さんはクリオ(ルーテシア)の前のサンクの頃からルノーの小型車が好きだったのだが、初代のクリオのデザインがあまり好きでは無く購入をためらっていた。ところが 2 代目のクリオは最初から気に入っていた。今回の RS については昨年 9 月にインターネットを通じての予約が始まってまっ先に申し込みをした。それから考えると納車までに半年かかった事になる。

 納車の説明が終わって始めて愛車となるクルマとご対面された後にインタビューに望まれた高木さんは、さすがに待ち焦がれた車だけに「シルバーが綺麗!」と嬉しそうである。
記事ブロック_画像_写真
テールゲートに RENAULT sport のロゴ。
記事ブロック_画像_写真
アルカンタラで張られたシートにも
RENAULT sport のロゴが入る。
なぜ RS を購入しようと決めたのか

 音楽関係の製作やギター教室の講師等をしている高木さんは鎌倉のご自宅から都内各所の職場への通勤が主な用途だが、その長い通勤をいかに楽しく過ごせるかというのが車選びのポイントだという。「その為にはやはりエンジンを始めとする基本性能が車選びの基準になります」との事。今回の RS も一昨年のモーターショーにアウディの TT を見に行った時に会場にあったルーテシアの V6 を見て「これが欲しい!」と思ったそうだが、職業上ギターを持ち運ぶ必要がありその為にはこの車では役に立たない。そういう意味ではエンジンの性能と利便性の面で「この RS が最良の選択に思えた」との事だった。

 この車を購入しようとする時に何か他の車と迷ったりはしませんでしたかと聞くと、購入を検討している時は迷うものは無かったんですが、「心を決めてから147が出てこれにはクラッと来ましたね」との事で、それからは 147 の事は見ないようにされているらしい。

 納車までに半年かかりましたが、その間に車検が来ていたらどうされましたかと聞くと「困っちゃったでしょうね」との答え。やはりこういう買い物にもタイミングは重要な要素である事が伺える。
記事ブロック_画像_写真
広くて明るいルノー神奈川磯子店の店内。
プリンス神奈川のショールームの 2 階にある。
記事ブロック_画像_写真
宇野店長が前にいた店からの付き合い。
こういう繋がりは安心感の元でもある。
ラテンの車と販売店

 前のメガーヌを買ったのは今回と同じルノー神奈川からで、この会社は日産系のプリンス神奈川という販売会社が経営している会社である。その前のプジョーも当時プジョーを扱っていたスズキの販売店から購入した。正規代理店から購入する理由をたずねると「やはり販売会社に求めるのは安心感と整備の信頼性」だという。「今ではインターネットを始めとして情報取得の方法はいくらでもあります。販売会社にはそういった事より信頼感を求めますね」との事だった。

 今回販売を担当していただいた宇野店長は前のメガーヌから4年弱の付き合いになるという。その間、メガーヌは「細かな電気系のトラブルはありましたが、概ね好調で大きなトラブルはありませんでした」との事で、アフターフォローの安心感からかラテンの車と言っても信頼性にはあまり不安は持っていらっしゃらない。「その前のプジョーは結構直らないものとかありましたから」という妙な納得のされかたをしていた。でも「国産車でも一発で直らなかったり、その場は直るんだけど、また同じ症状がでたりする事もありましたから」という経験に基づく納得であったという事がわかる。
記事ブロック_画像_写真
コンパクトなボディに 2L のエンジンを詰め込んだ
ホットハッチ。但し子供っぽさはどこにも無い。
記事ブロック_画像_写真
半年待って念願の車を手にいれて
御満悦の高木さん。
左ハンドルとバリエーション

 最後に「そういえばこれまでに乗ってこられた車は皆、左ハンドルですね。何か理由があるんですか」と聞くと「基本的にエンジンで選んでますからハンドルがどっちって事じゃないんですよね」と言いながら「本当は同じエンジンの右ハンドルが欲しいんですけどね。無いんだからしょうがないです。こうなったら早くETCの装置を取り付けないと不便でしょうがないです」とも付け加えられた。

 輸入車に乗ろうとすると必ず当たるのがこの左ハンドルの問題である。慣れてしまえば左ハンドルでも実用上は問題ない感じはするのだが、やはり慣れるまでに時間がかかるのと右ハンドル車と乗り換えが頻繁にある人には乗り換えた時の違和感が気になるところである。

 今回の RS や他の高性能モデルのように日本に導入される台数が少ないものについては右ハンドルを設定が難しいのは良く分かるし、日本では人と違うものに乗りたいんだから左ハンドルが良いという方もいらっしゃる。ただ、多くのお客様が右ハンドルの設定のある車でも左ハンドルを選ばれている状況がある以上、いろいろなご意見を聞いてみようと考えている。

 今後、高木さんとルーテシア RS の生活がどういうものになるのか、時間が経ったところでまたお伺いさせていただこうと思っている。
tab_cars_b
RENAULT_Lutecia Renault Sport_M
data
RENAULT Lutecia Renault Sport 2.0
小僧の群中にシューマッハ
tab_links_b
ルノーのディストリビューターのホームページ
http://www.nissan.co.jp...
2000 年 5 月から販売を始めた日産系の販売会社のホームページ。
神奈川県のルノー販売会社、ルノー神奈川のホームページ
http://www.nissan-princ...
1994 年からルノーを扱う販売会社、神奈川県内に 6 店鋪を持つ。
recommend
ルノー ルーテシア
『オトナのお姉さんは好きですか ? 』 ルノー・ルーテシア
ルノーのお家芸とも言える B セグメントの小型車は、キャトル、サンク、シュペルサンク、そしてクリオ(日本名ルーテシア)と、ハズレが無い。そうした伝統を受け継いだ新型のルーテシアが、果たして 2006 ヨーロッパ、カー・オブ・ザ・イヤーを獲得して、いよいよ日本に乗り込んできた。
サマリー情報_サムネール
お台場でルノーで F1 で
10 月最初のホリデイ
お台場に現れたルノーのスポールな一群。
動かないけど秋の大運動会?

サマリー情報_サムネール
蘇ったモンスター
待望久しいルーテシアの V6 が日本に導入される事になった。現代に蘇ったモンスターの概要をレポート。
tab_note
「 0 年 0 万キロ」大募集! :
あなたも「 0 年 0 万キロ」に登場しませんか?新しく「輸入車」を買ったあなたで、我こそはと思う読者の方は、お名前・住所・年齢・電話番号・購入車名と、どうしてそのクルマを選んだかを書いて編集部宛にメールをお願いします。詳しくは改めて編集部よりご連絡させて頂きます。 Vivid Life 皆様の参加でどんどん楽しくなります。
Copyright (C) 2001-2007 VividCar.com. All rights reserved.
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/2 |bu_next