file470
vivid_mark_s
driveimpre298DRIVE_212_004.jpg
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |
vividsearch2
search_car2
search_article2
tab_star2002/03/29tab_end便利で使えるミニバン&ワゴン
Kangoo DRIVING
新しいカテゴリーの誕生
 一部のファンの間では待望久しい、そして多くの方々には未知との遭遇になるニューカマーの登場である。ルノーは以前よりキャトル、エキスプレスといわば乗貨両用とも言えるようなクルマをラインナップしてきたが、その最新版がこのカングーである。
 カングーは 1997 年の末から生産が始まり、すでに 100 万台以上が全世界に送り出されている。そういう意味では世界的なヒット車であって、その情報をすでにお持ちの方々にとっては待望久しいクルマであったと思う。
 そのカングーがようやく日本にも導入されるはこびとなったとの事で、試乗会に参加させていただいた。
文:武田和宏
写真:柴田康年

tab_face
武田和宏_プロフィール_写真Sicon_home武田和宏
[自動車業界人]
イギリス車の魅力を、文化や歴史も合わせてお伝え出来ればと考えています。
記事ブロック_画像_写真
道端の花やさんの前で。こういう暖かい
雰囲気の場所がよく似合うクルマだと思う。
存在そのものがユニーク

 背の高いワゴン。言ってしまえばそれだけの話しだが、ここまでユニークなフォルムと高い機能性を兼ね備えたクルマはそうあるものではない。ルノーにとってはキャトルやエクスプレスと言った歴史あるカテゴリーの商品でありながら、日本に於いては輸入車にこのカテゴリーのクルマは存在しない。
 国産ではミニカトッポやキューブ、ファンカーゴと言ったクルマ達が登場して来るたびにこのマーケットは膨らんできているようだが、どうもあまりセンスの良いものは見あたらない。また、大変多くの台数が売れていて町中でも嫌というほど見かけるから、ちょっと違ったものに乗りたいをいう方にとっても良い選択肢ができたと言えるだろう。
 さらにこのカングーはユーロ NCAP において 4 つ星を獲得しており、フロントとサイドのエアバッグ、 EBD 付き ABS を備える等、ファニーな外観やシンプルな構造のボディからは想像がつきにくいが、十分な安全性も確保されているようだ。
記事ブロック_画像_写真
リアゲートを開けた所からの眺め。サイドの
天井にある物入れは各 15L の容量がある。
高い機能性

 約 4m の全長に対して 1.8m という背の高いボディを作ったので、室内も十分に広い。また頭上空間も大変大きく、ラゲッジルームはスクエアな形状とあいまってとても使いやすいものになっている。ただ、高い全高からリヤゲートはさすがに大きく雨宿りには良いが、狭いスペースでは開閉に少しだけ気を使うかもしれない。
 室内の収納スペースの豊富さがこのクルマの一つのセールスポイントで、運転席頭上に物入れがあったり、後席の両側頭上には飛行機の座席の上にあるような形の収納スペースが備わる。大きなドアポケットなどもあり、限られたスペースを有効に使っている。

 天地の高いガラスに囲まれて運転席からの眺めは広々としている。また着座姿勢もきちんとした姿勢をとらされる事になり、後席に座ると四角い窓とあいまって観光バスに乗っているような気になる。
 着座位置は高いがステアリングやその他のスイッチ類の配置は自然で、操作にとまどうようなものは無い。オーディオは最近のルノーの小型車に共通のもので、本体とディスプレイ部とステアリングスイッチが分離されたもので、試しに CD をかけてみたが、クリアで聞きやすい音だった。
記事ブロック_画像_写真
上り坂でも無用にエンジン音が大きくなる
ような事はなく、必要な加速は得られる。
走りも十分

 そもそもこういうクルマに走りの性能を要求される方もすくないだろうが、実用フランス車としての走りの性能は十分に確保していると言って良いと思う。試乗した車両はまだ 200km しか走っていないおろしたてのクルマで、いわゆるダンパーのアタリがついていない状態で、若干の堅さが残っていたし、175/65 R 14 という現代の水準では細めのタイヤでこれだけのボディを支えるのだから、グリップがどうとかいう話では無いが、しっかりとした重さのあるステアリングは安心感のあるハンドリングを提供してくれる。
 エンジンも町中では十分な働きをしてくれて、いつものように引っ張り気味のオートマチックと合わせて、元気に走り回るフランス車本来の走り方を演出してくれる。後席でこそ若干ロードノイズの侵入を許すが、全体的には十分に静かな状態に室内は保たれ、決して貨物車に乗っているような印象は無い。

 こういうクルマに家族や友人を乗せて、荷物を沢山つんで遊びに行くというのはいかにもはまりすぎという感じもしなくはないが、 175 万円という頑張った価格設定を考えれば、流行のどこにでもあるクルマで同じ様な遊びをするなら、このカングーの方がおしゃれな感じにはなると思う。また、以前に日産が出していたエスカルゴという商用車があったが、あのクルマのように花屋さんやクリーニング屋さんの配達用なんていうのもおしゃれでよいかも知れない。
記事ブロック_画像_写真
tab_data_b
RENAULT_Kangoo _SRENAULT Kangoo
tab_links_b
ルノージャポンのホームページ
http://www.renault.jp/
カングー特別サイト
http://www.renault.jp/k...
recommend
サマリー情報_サムネール
Kangoo INTERIOR
明るく開放感のある室内とモノスペースを最大限に活用したラゲッジスペースが魅力のカングーのインテリアをご紹介。そこには不満なところが見当たらない!?
サマリー情報_サムネール
Kangoo EXTERIOR
可愛いフロントフェイスとフレンドリーで優しいデザインの「Kangoo」が新しくルノーファミリーに追加。そのエクステリアをご紹介。
ムルティプラs
FIAT ムルティプラ 試乗記
ついに正規導入が決まった FIAT の MPV 「ムルティプラ」。JAIA の主催する合同試乗会で乗ってきた。
サマリー情報_サムネール
ちょっと、ふるい、フランスのクルマ
古いフランスのファミリーカーは
載ってみると意外にも快適
乗り心地はライク・ア・ネコバス?

サマリー情報_サムネール
カングーと付きあってみた
ルノーのオシャレな感じの実用車。
オシャレというより貧乏臭さが無い洒落者かも。

Copyright (C) 2001-2007 VividCar.com. All rights reserved.
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |