file152
vivid_mark_s
craft298.jpgガライヤバナー3.jpg
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |
vividsearch2
search_car2
search_article2
tab_star2001/08/04tab_end魅惑のフェラーリ
フェラーリ大集合 !
米国南西部オーナーズクラブの集まり
 西海岸サンタモニカの Museum of Flying は、イベント開催場として頻繁に利用される。マスタング、英国車の集まりや法人パーティー会場に早変わりする飛行機博物館であるが、今回は、フェラーリ・クラブのイベントが開催された。
 一般入場者は、新旧フェラーリ 40 台と飛行機の展示が楽しめるが、飛行機は殆ど無視されていた。
文・写真: 小川 武
tab_face
小川 武_プロフィール_写真Sicon_home小川 武
[自営コンサルタント(米国在住)]
 そろそろ買換時期がやってきた愛車・・・M3 Convertilbe を試乗して「これだ!」、と思ったがちょっと高いかな? Boxster S も良いらしいが、ゴルフバッグが入らないし・・・あと 10 年ぐらいセブンと付き合うかな? 
記事ブロック_画像_写真
アメリカ人にもやっぱり赤が人気の色。
記事ブロック_画像_写真
1964 年型 250 GTL Lusso
ベストカーは?

 劇的に登場したかったのか解らないが遅れてきたクラブメンバーが数人いた。展示場に入ってくるときには、フェラーリ独特のエンジン音が聞こえ、皆が振り向き注目する。これもオーナーの楽しみの一つであろう。しかしバックして狭いスペースに駐車するのが苦手なドライバーが殆ど。もっとカッコ良く運転して頂きたいが、Dino 、365 GT 、 Modena 、 Spyder 等が並んでいる所にバックするので緊張していたのであろうか。開催時刻の 1 時間後にようやく全車がそろった。約 40 台のフェラーリの群。Gorgeous!

 集まった中から最も気に入ったモデルを1 台選ぶと1964 年型の 250 GTL Lusso 。どの角度から眺めても滑らかなボディーラインは素晴らしい。「Lusso」とは、イタリア語でラグジュアリーを意味しているが、このクーペのスポーツ度とエレガント度のバランスが絶妙である。僕にとってフェラーリーの殆どはスポーツ度が非常に高く好きである。しかしこれにエレガント度を存分に加えた Lusso は、飛びぬけてカッコイイ。内装も負けずユニーク。木製ステアリング越しに見えるのは、燃料計やオイルメーター類であるが肝心のタコメーターとスピードメーターはコンソール中央部、つまりシフトノブの真上にある。まるでドライバーと乗客が同時に楽しめるオブジェのようである。1962 年から 4 年間に 350 台が生産された 1 台を入手するには 約 1 千 2 百万円が必要である。

 ウエブで調べたら 84,442 マイル走行されている 1964 年モデル、シリアル番号 5311 が US $ 95,000 で売りに出されている。VividLinks にサイトアドレスを記載したのでお金に余裕のあるかたはどうぞ。
記事ブロック_画像_写真
アメリカ仕様の 1972 年型 Dino
記事ブロック_画像_写真
ヨーロッパ仕様の 1971 年型 Dino
Dino - アメリカ仕様 vs. ヨーロッパ仕様

 人気度が高く比較的お手ごろな価格なのは、Dino 246 GT 。1972 年モデルのオーナーによると約 800 万円で購入できるとか。運転しやすく半年ごとにメンテナンスすれば問題無く楽しめると彼は言う。唯一問題なのは、他車のドライバーが Dino に憧れ運転から気をとられぶつかりそうになったりすること。「あ、そうそう、あと車高が低いので奥さんと一緒の時は必ず乗降りを手伝ってあげているよ」、と笑いながらドライバーシートに座らせてくれた。確かに低く乗降りが面倒だがこの名車に乗れるのなら我慢できるであろう。また、ステアリングの位置に比べるとペダル類がちょっと右寄りになっている。前方にはフェンダーの頂点が少し見え、フロントがどこまで伸びているか解らない。後方は、見えにくいとしか言えない。これだからバックして駐車するのがギコチナク見えたのか。

 オーナーは、自分の Dino がアメリカ仕様でヨーロッパ仕様とは違うと言って、隣に停まってたヨーロッパ仕様と比較してくれた。「仕様が違うのは、アメリカのセーフティー基準が違うからなんだ。一番簡単に見分けるにはフロントマーカー・・・ほらアメリカのは黄色で長方形。ヨーロッパ仕様は、ボディーラインの高さに合わせたフラッシュ・マウント型が付いている。あと、ヨーロッパ仕様はサイドマーカーが小さい円形なんだ。総合的には、ヨーロッパ仕様のほうがカッコイイけど僕のアメリカ仕様のほうが生産台数が少なく希少度が高いよ。」

 写真を見て頂ければ一目瞭然。なるほど、と納得していただけたかな?ここで読者の皆さんに質問です。この記事を書いて気がついたのだが写真を見るとバンパーも若干違う。アメリカ仕様のほうがフロントバンパーとボディーの空間が明らかに広い。これはアメリカとヨーロッパ仕様の違いと思うがウエブで調査しても明確には解らない。もしかして 1971 年型と 1972 年型の違いか? それとも単なるセッティングの違い?
フェラーリーと飛行機

 飛行機博物館は、サンタモニカ空港の滑走路の反対側にあるのでプライベート・ジェット機が背景になる。博物館が展示している P - 51 Mustang、ゼロ戦や複葉機をバックにフェラーリを写すと何かアンバランスである。 1960 年代のアメ車は似合うのだが・・・。

 この博物館には、数多くのデスクトップモデルの時代別飛行機が展示されていたが、手作りのプラモデルでありいまいちの仕上がりだ。品質が高く、購入できる飛行機モデルに興味ある方には青山にあるウイング・クラブをお勧めする。
記事ブロック_画像_写真
フェラーリは、プロペラ機よりジェット機の隣がお似合い。
tab_cars_b
FERRARI_550_M
data
FERRARI 550
Cool car!
tab_links_b
mission
http://www.bitway.ne.jp...
今回の記事は如何でしたでしょうか? Sue Skinnerのフェラーリに関する他の記事はこちらの mission も掲載されて います。是非こちらもご覧下さい。
Ferrari Lusso
http://www.ferrarilusso...
お勧めの一台。買いたいですね。
フェラーリ本社のホームページ
http://www.ferrari.it/
フェラーリ情報ならここ。イタリアの美的感覚で素晴らしい写真が満載。
レース中心のフェラーリ社サイト
http://www.ferrariworld...
電子ポストカードを送ったり、壁紙をダウンロードできる。8 シリンダー・エンジンを組み立てるゲームもある。
Museum of Flyingのホームページ
http://www.museumofflyi...
今回のフェラーリ・イベント開催地。30 機以上の飛行機が展示されている博物館。
recommend
サマリー情報_サムネール
英国人とフェラーリ
Vol.1:英国フェラーリオーナーズクラブの活動とコンクールの様子。
Vol.2:英国での運転と楽しみ方を紹介。私たちのサーキット走行会の様子。
Vol.3:クラブでは、ヨーロッパ各地のサーキットを走るためのツアーも行っている。

サマリー情報_サムネール
飛行機のデスクトップモデル
世界一のデスクトップモデルを売る、その名も青山は「ウィング・クラブ」
サマリー情報_サムネール
スパ・フランコルシャン
 アルファ、フェラーリ、マセラティという伝説的な車が一同に会して歴史的なスパ・フランコルシャンのレース場でレースを行う。これこそが 2001 年 4 月の終わりに行われたスパ・フェラーリ・デイズのエッセンス。
サマリー情報_サムネール
スパ・フランコルシャン vol.2
三回連載中の第二回目は、スパで行われた 360 チャレンジの様子や、マシンの仕様などをお伝えします。
Ferrari_t.jpg
スーパーカーはショーの”華”「フェラーリ・マセラティ」
2003 年はかなり好調な業績のフェラーリ。今後のロシア、中国両市場への足がかりとして、ここ日本でのモーターショーにも力が入っており、合計 7 台のクルマを展示している。

サマリー情報_サムネール
スパ・フランコルシャン vol.3
フェラーリを所有するということは、多くの人たちにとって夢だけど、それを何台も所有し、レースで走らせている人たちもいる。
Copyright (C) 2001-2007 VividCar.com. All rights reserved.
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |