file621
vivid_mark_s
driveimpre298DRIVE_212_004.jpg
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |
vividsearch2
search_car2
search_article2
tab_star2002/12/04tab_endカッコイイクーペにグラリ
ルノー アヴァンタイム 試乗記
見かけ倒しじゃないんです
前回の東京モーターショーで、その姿に「なんだこりゃ!?」と思った方も多かったであろうアヴァンタイム。決してショーモデルではありません。あいにくの天気でしたが、たっぷり乗ってきました。あのデザインだから性能は結構ナメてたんですが・・・
文:河津秀昭
写真:武田航平

tab_face
河津秀昭_プロフィール_写真Sicon_home河津秀昭
[VividCar元編集員]
最近かなり真剣にクルマを探しています。欲しくなるクルマは、実際買えないものばかり・・・次のクルマは何にしようかな?
外装
なんと 2 ドア!トランクにも見えるリアハッチがポイント
なんだこりゃ!?

 ルノーがまたやってくれました(笑)どうですか、このカタチ?すごいですよ、実際。何というか、新幹線みたいな。。。顔はしっかり「ルノー」してますが、決して万人受けはしないでしょうね。広報の方曰く「迷って買うクルマじゃないですから。。。」まあ、そうですよね、惚れ込んだら即買いって感じです。 500 万ポンと出せる人なら(いいなぁ)あのデザインだけでも買う価値はあると思いますよ。

 よーく見ると、(見なくても) 2 ドアなんですよ(笑)エッ!て方が多いと思うんですけど、決してミニバンではありません、クーペなんです。ホントに?って思いますよね、私もそうでした。ルノーの言う「ニューコンセプトクーペ」つまり、クーペの持つ流麗なスタイルと運転の楽しさをベースに、モノスペースの快適性、カブリオレの開放感を兼ね備えたクルマがこの「アヴァンタイム」。なんか、良いことずくめなクルマです。
内装フロント
質感は高く、未来的な内装
ドアヒンジ
芸が細かい!ポイント高し
シンプル is ベスト

 それでは、室内を見てみよう。実際開けようとすると、さすがにドアの大きさ、重さを感じてしまう。スペックは(笑)長さ 1.4 m 、重さ 50 kg 以上!!高級車のドアってだいたい重いんですけどね、閉まるときの音であったり、気密性が高級感を感じさせる。ここまで大きいと狭い場所での乗り降りがツライかなと思ったんですけど、前に出ながら外に開くというダブルヒンジになっており、あまり気にならなかったのはちょっと意外。感心したのがヒンジの構造部分が見えないように、ドアを開けると内装まで一緒に動くところ。細かい気配りも忘れてない感じです。

 派手な外装に比べ、内装はモダンな感じというかシンプルそのもの。スイッチ類を表に出さずに、きれいにまとめられている。さすがルノーのトップグレード、質感は高く、シンプル故に見ていて飽きがこない。シートは少し未来っぽいデザイン(笑)で、座った感じも良かったんですけど、フル電動で無かったのがちょい残念。シートのサイズは操作性、快適さと乗降性をうまくバランスさせてあり、シートベルトもボディではなく、シートに付いているタイプ。このへんは 2 枚ドアのクーペだから、後席へのエントリーを考えると結構重要なポイントですよね。運転席周りの収納も充実しており、クルマの中についつい色んな物を溜め込んでしまう方はかなり重宝します。
走り
走りは「クーペ」してました
なるほどね

 奇抜なスタイルだけなんじゃないかと思いながら(失礼)試乗開始。フランス車の AT の出来はお世辞にも良いとは言えないものばかりだったんで、ドキドキだったんですけど、良くできてます。アイシン製のミッションを採用しているとのことで、ようやく普通のオートマになった感じです。もちろん、ガチャガチャできるマニュアルモードも付いてます。足は結構硬いな、と思ったんですが、クーペとしてみればこれぐらいがちょうど良いでしょう。ついついアイポイントの高さと外観から、ミニバンだと思っちゃうんですけどね。高速道路に乗るとそんな思いもフっ飛びました。まず、直進安定性が高い。ミニバンじゃこうはいきません。レーンチェンジ時の挙動も、車高や車重からは想像できない安定感です。 V6 3 リッターのエンジンは追い越し加速もなんのその、「4 人がゆったり座れる(定員は 5 名ですけど)グランドツーリングカー」のうたい文句に思わず納得。

 高速道路での走りを満喫して、一路、富士山を目指します。クーペを名乗るからには山道を気持ちよく走れてナンボでしょう?そんなことないですか?(笑)ここでまたもやビックリ。良いんですよ、ハンドリングが。重くて重心が高そうなので、曲がるのかな?と思ってたんですが、ダルさも無く、どっしり安定していて、オンザレールで曲がっていきます。完璧に想像以上の走り、それにしても良くできてるなぁ。
リアシートから
開放感いっぱいの室内
誰か運転して

 帰り道は運転を代わってもらって、リアシートに。エントリーはクーペなもんで、フロントシートを倒して乗り込む。やはり違和感がね・・・確かにゆったりしてます。アヴァンタイムはエスパスをベースに作られたクルマなので、 1 列減って 2 列シートならスペースも充分です。運転しているときにも感じたんですが、室内が明るい!これまた巨大なガラスサンルーフのおかげでしょう。特にリアシートはピラーが無いので、長〜いサイドウインドウからの眺めは最高です。そういえば、「オープンエアー」なるボタンを高速走行中に押すと荷物が飛んだりして危ないです、と事前に言われていたのを思い出した!押してみよう!おおっー、すごい開放感!サンルーフとサイドウインドウが同時に開くこのスイッチ、かなり楽しめます。隣のクルマもびっくり(笑)サイドウインドウを開けて肘をかけてると、まるで4座のオープンカーのリアシートに座っているような開放感がマジで味わえます。うーん、気持ちいいー、ちょっと寒いけど。

 アヴァンタイム、おもしろかったです。創造力豊かなルノーらしいクルマでした。ライバルって?価格とサイズから考えると、アッパーレンジクーペやセダン、 SUV っでところですか。 5 シリーズ、 E クラス、 406 、 X5 、 C70 あたりが当たるんでしょう。とはいえ、本気で比較する人はいないですよね。「ニューコンセプト」って言葉の通り、カテゴライズできません。来年登場するであろう、ラグナ、ヴェルサティス、メガーヌもかなり期待できるでしょう。ツボにはまったアナタ!いいですよぉ、コレ。
500
tab_cars_b
RENAULT_AVANTIME_M
data
RENAULT AVANTIME
ルノーのトップモデル
tab_links_b
renault_hp.jpg
ルノー・ジャポン株式会社
http://www.renault.jp/
recommend
サマリー情報_サムネール
早く日本に導入してほしいクルマ
これから日本に導入されるであろうクルマで、僕が早く乗ってみたいクルマを選んだ。
サマリー情報_サムネール
フレンチブルーなクルマ達
 FBM 2002 企画の第 1 弾はフレンチブルーなクルマ達と題して普段なかなかお目にかかれないクルマ達を紹介しよう。
サマリー情報_サムネール
フレンチスタイル3〜ちょいと気になる妙なヤツ
妙なカタチの近未来の高級車
ルノーアバンタイム
いや、やはりこれは現実なのだ

サマリー情報_サムネール
2001 東京モーターショー:ルノー
 ルノーは「市販車はディーラーで見ればいい」という考えなのだろうか、プレスデーには現在日本で市販されているクルマの展示は一台もなかった。この考えは、モーターショーとしてある意味で正しいと思う。
ルノー_カングー_s2.jpg
あのカングーが大人の顔に大変身!
マイナーチェンジされた Kangoo に乗りに代官山で行われた試乗会に行って来ました。
thumbnail.jpg
アヴァンタイムの世界へようこそ
アンティークな香りが漂う街 函館へ、斬新な形をしているアヴァンタイムを連れ出してみた。
same.jpg
リニューアル記念プレゼント
 新しくなった VividCar はどうでしょうか?
 今回は、リニューアルのため更新を一時中断していたお詫びと、リニューアル記念としてプレゼントキャンペーンを開催します。

Copyright (C) 2001-2007 VividCar.com. All rights reserved.
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |