file680
vivid_mark_s
driveimpre298DRIVE_212.jpg
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |
vividsearch2
search_car2
search_article2
tab_star2003/02/24tab_end便利で使えるミニバン&ワゴン
FIAT ムルティプラ 試乗記
JAIA 試乗会 2003 レポート VOL.1
今年の 4 月にフィアットオートジャパンから、正規に販売されるフィアットのマルチパーパスヴィークル「ムルティプラ」。そもそもムルティプラは昔にも存在したクルマ。僕は実車が走っているのを見たことがないのだが、どっちが前だかわからない様な特異なデザインだ。現在のムルティプラもその特異なデザインの質を正式に継承した新車といえる。非常にユニークなクルマでついつい振り返って見られるクルマの一台だ。
文・写真:若林正幸
tab_face
若林正幸_プロフィール_写真Sicon_home若林正幸
[カメラマン]
現在、自転車の雑誌を中心に活動しています。自分でもダウンヒルの競技に参加しています。
ムルティプラ置き
このデザインに脱帽
ファーストコンタクト

 僕が初めてムルティプラを見たのは 1999 年のパリだった。夕方、借りていた日産のセレナディーゼルに乗り、セーヌ川沿いを仕事場に向かって走ってたときの事、商業車の様なスクエアなリアビューが目に留まった。目を凝らすとそこに FIAT のエンブレムがある。イタ車の商業車も格好いいなと思い、渋滞の中どうにか前に回り込むと、そこには忘れないデザインのフロントビューがあった。「イタリアのデザイン力ってすげえ!」というのが僕とムルティプラとのファーストコンタクトだった。

 それから数年後の 2003 年、マイナーチェンジを受けたモデルをフィアットオートジャパンが正規で販売すると聞き、「ぜひ乗ってみたいなあ」と考えていた矢先に今回の JAIA 試乗会で乗る機会に恵まれた。あいにくの曇天で時間的にも短い時間しか乗れなかったため、峠や走りうんぬんは残念ながら語ることはできないのが残念だが、チョイ乗りした感じだけを書かせていただくことをご了承願いたい。
ムルティプラ室内
ワイドボディで室内は広々
多彩でツボを得たユーティリティー

 ワイド & ショートのスタイリングは日本だと 3 ナンバー登録。幅が 1875mm で長さが 4005mm と、長さを見ればゴルフや 147 、 206 よりも短く、幅で見ればメルセデスの S クラスよりちょっとワイドだが、小型車のようにキビキビと曲がり、スクエアボディーでハイアイポイントなおかげで見切りも非常に良好だ。

 僕が実際に運転したのは正規輸入される右ハンドルの 5 速マニュアル。ガソリン 1.6 リッターのエンジンを積んだクルマ。エクステリアの特徴的な風貌とインテリアのデザインは遊び心溢れる作り。数々のユーティリティーと共にデザインされた車内は広々としていてとても開放感がある。座面がちょっと高いせいもあるが、サイドウィンドウもあばらの下あたりまで開くのでパーキングでの精算も、窓から乗り出さなくとも可能だ。日本人の平均的な身長であろう 173cm の僕でもヘッドクリアランスは十分あり、ちょっと寝た感じのフロントウィンドウも気にならないほどに広々としている。エアコンやオーディオの各スイッチもちょっと手を伸ばせば届くので、心地よく運転に専念できる様になっている。また、後部座席に乗っても見晴らしがよく、パッセンジャーとしても気持ちよく風景を楽しむことができるように配慮されている。もちろんその配慮は安全性にも現れており、全席 3 点のシートベルトや、フロントセンターシートまでもカバーする大型の助手席用エアバッグも標準装備されている。

 シートは前後 3+3 の 6 人乗りで前後とも真ん中の席を前に倒すとドリンクホルダー兼テーブルになったり、多彩なシートアレンジが可能で後席は折り畳んだり、一つ一つ独立しているので外す事もでき、短い車内を有効に使う事ができる。ライフスタイルに応じて様々なシュチュエーションに対応できるようにとのツボを得たユーティリティーにスマートさを感じる。
ムルティプラ走り
意外にも?キビキビした走り
見かけによらない走り

 ダッシュボードから突き出たようなシフトノブは普通の H 型のパターン。 ABC ペダルやハンドルなどのドライビングポジションも全く違和感は無い。エンジンも 1.6 リッターとは感じさせないフィーリング。外見からは想像できないくらいキビキビとしたハンドリングと、小さめのエンジンを高めの回転数で回して走るというヨーロッパの小型のクルマにある小気味よさは非常に好感が持てる。長距離の移動にもストレスを感じさせないであろうシートも○。郊外の大型店や普通車でアクセス可能なファミリーキャンプなどにももってこいの一台。国産のミニバンにくらべたら比較にならないほど運転が楽しいクルマだ。
tab_cars_b
FIA04002-m.jpg
data
FIAT MULTIPLA
これぞイタリアンデザイン
tab_links_b
フィアット オート ジャパン株式会社
http://www.fiat-auto.co...
FIAT のオフィシャルサイト
recommend
サマリー情報_サムネール
ミラノで見かけたクルマ
 さて、噂に聞くイタリアの交通事情の悪さ。。。実際に街を歩いて感じて見ましょう。空港からミラノの中央駅を結ぶマルペンサエキスプレスのバスに乗って、上の方から走る車を見てみました。
サマリー情報_サムネール
スポーツカーを楽しむための、もう1台
スポーツカー 1 台ですべてを済ませるのも楽しいが、事情が許してスポーツカーの他にもう1台持てることになった時、はたして何を選ぶのか? スズキ編集長の選択は。
サマリー情報_サムネール
ルノーセニック、意外な高速ツアラー
 ルノーの提案するモノスペース。パッケージングばかりが話題になるこの手の車だが、このセニックは意外にも高速ツアラーとして優れている。人と荷物を気持ちよく運べる実用車のかがみ。
サマリー情報_サムネール
Kangoo DRIVING
多くのお客様が導入を待ち望んでいたカングー。ただの背の高いワゴンではない、何か不思議な魅力のあるこのクルマをじっくりご覧下さい。
サマリー情報_サムネール
2001 東京モーターショー:フィアットグループ
 アルファロメオとフィアットは、フィアットオートジャパンとして出店したが、断然アルファロメオの展示の方が大きく扱われていた。日本での販売台数や人気度を象徴しているブースの作りだった。
thumb.jpg
乗り手に幸せを届けてくれる「ランチア ムーザ」
ユーローカーネットワークがインポートするイタリアの「ランチア ムーザ」の試乗レポートをご紹介!
サムネール.jpg
ポルティコを抜けて
ランボルギーニのお膝元でもあるイタリアはボローニャから渡辺特派員お届けするリポートの第 2 弾です。
Fiat_Panda_Thumbnail.jpg
パンダを飼ってみませんか?
最後の新車はパンダの完成形。イタリア製ではありませんが、パンダはパンダです!
Copyright (C) 2001-2007 VividCar.com. All rights reserved.
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |