file746
vivid_mark_s
myfave298ノーブル
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |
vividsearch2
search_car2
search_article2
tab_star2003/06/12tab_end小回り自在の小型ハッチ
蒼い最終兵器上陸 クリオ RS ラニョッティ
 ルノーの飽くなき速さへのこだわりの具現、クリオ RS ラニョッティ。

 クリオウィリアムズというクルマをご記憶だろうか。
そう WRC でかつて大暴れしたルノーの小型ハッチバックだ。先日その再来ともいうべきクリオ(邦名ルーテシア)RS ラニョッティを取材する機会を得ることが出来た。
文&写真:きもだこよし
tab_face
きもだ こよし_プロフィール_写真Sicon_homeきもだこよし
[クルマの似顔絵描き]
3 月からルノー府中にて、メガーヌやルーテシアなどルノー車の、イメージイラストの常備展示ならびに複製画の販売をさせていただける事になりました。興味のある方は、是非ともいらしてください!
01.jpg
003.jpg
出会いはいつもの走行会だった

 普段私が親しくさせていただいている走行会でいつものようにピットに入ってくると、ここでは珍しく新型のルーテシア RS が参加していた。
しかし、よく見ると何かが微妙に違う。そうラニョッティだ!

 このクルマは Sifo によって少数台のみが輸入された RS の最速バージョン。その速さへのこだわりの為に行なわれた軽量化のために A/C レスはもちろん ABS、Xenon ヘッドライト、サイドエアバッグ、スペアタイヤ、フロアマット、リアワイパー等の装備を削除。さらに薄型フロントドアウィンドゥ採用、新型リアスポイラー装着、フロントバンパー下部リップスポイラー装着に至るまでと徹底している。

 取材した車両は Sifo オリジナルオプションとしてオリジナル鍛造軽量ホイール、オリジナルエキゾーストを装着。オーナー氏自身のこだわりもありステアリングも交換されていた。
彼によると上記以外にも軽量化のためにリアシートも簡略化されたものが入り、エンジンもノーマルと違いインマニのカバーが付いていない塗装もラニョッティオリジナルの青なのだそうだ。(つまりノーマルの RS を買ってもこの色はない)

 外観上の違いはそう大きくはない。前述のリアスポイラーとフロントのリップそしてハッチゲートにあるラニョッティのサインである。室内もことさらに変わりはないが専用色のガーニッシュとメーター周り、そしてダッシュボードにもラニョッティのサイン!
002.jpg
これがラニョッティのサイン!
004.jpg
S 字で軽く引き離されていった
その実力の程は

 その走りだがエンジンこそ特に変更のない 170 馬力のままだが、80 kg の減量により 980 kg の車体は低中速域が非常に速い。
0-100km 7 秒弱というカタログスペックからも想像できるようにハイパワー&軽量の恩恵はかなりのものと思われる。

 数字ばかり追っていても仕方がないので、私個人の体感で話してみよう。といっても乗せていただいた訳ではないので 306 で後ろから着いていった感想だ(つまり私のウデの悪さは忘れてくれ)

 茂原でピットからコースインして S 字まで流していき、ヘリポートコーナーのある 5th コーナーに差し掛かってから徐々に全開に入っていく、この際にラニョッティの後方で 306 はほぼ同時にアクセルを開けているはずなのに、コーナーを出る頃には 3 台分は離されている。
 続くゆるい S 字をぬける頃、向こうはヘアピンをぬけて全開加速に移っているという寸法だ。

 この走行会に向けて私は可能な限りパーツをはずして燃料さえもギリギリにして(おかげでガス欠で失格になるところだった)行ったにもかかわらず、あっという間に置いていかれる。ノーマルの RS は何度か試乗する機会があったのだが、その時は 306 がそこまで離されるほどとは思えなかった。

 結局この日ラニョッティは平均 57 秒前後で周回していたが、スキル UP 次第ではこのままの状態でもう数秒の短縮も可能だろう。なにせ今回茂原のコースも初めてならクルマもほぼ降ろしたばかりだ。
clioRS2_???R?s?[.jpg
最後にオーナー氏に聞く

 全体としてラニョッティとはどんなクルマか改めて尋ねるとオーナー氏いわく 106 ラリーのような感覚で考えればよいのではないかという。

 なるほど A/C レス軽量とたしかに通じるものがあるかもしれない。
とはいうもののパワーはラリーと比べると数段上がっているので捉えようによってはよりハイパワーでありその走りは豪快ではなかろうか。
よりじゃじゃ馬を求める人向きだとも考えられる。

 ただし、コイツは快適さとは無縁の代物、速さの為に費やす犠牲に何のためらいのない方のみ踏み込める場所のような気がする。
もしもそれ以外の方が手にしようと言われるのであれば充分に心して入るのがよろしかろう。
tab_data_b
RENAULT_Lutecia Renault Sport_SRENAULT Lutecia Renault Sport 2.0
tab_links_b
renault_hp.jpg
ルノー・ジャポン株式会社
http://www.renault.jp/
sifo.jpg
(株)Sifo
http://www.sifo.jp/
茂原ツインサーキット
茂原ツインサーキット
http://www.mobara-tc.co...
HRSC 走行会事務局

連絡はこちらから
recommend
サマリー情報_サムネール
蘇ったモンスター
待望久しいルーテシアの V6 が日本に導入される事になった。現代に蘇ったモンスターの概要をレポート。
サマリー情報_サムネール
1 日限りのリトルフランス、その裏路地を行く
紅葉に染まる山々にフランス国旗が棚引くと、そこは一夜にしてヨーロッパの町になる FBM(フレンチブルーミーティング)が今年もやってきた。
サマリー情報_サムネール
早く日本に導入してほしいクルマ
これから日本に導入されるであろうクルマで、僕が早く乗ってみたいクルマを選んだ。
サマリー情報_サムネール
ピニンファリーナの元チーフ・デザイナーと会う
こんなデザイナーと会えて話しができた。Vividcar 特派員になって良かった!
ルノー ルーテシア
ルノー・ルーテシア/フォトセッション
2 世代連続カー・オブ・ザ・イヤーの看板を引っさげ、3/1 に発表発売となった新型ルノー・ルーテシア。その発表会は実は 1/24 に東京・新木場のディスコホールにて開催されました。発表会の模様をフォトギャラリー風にお届けします。
jwrc_105.jpg
WRC のクルマたちをチェックしよう! Vol.2
WRC のクルマたち第 2 弾は、魅力的なコンパクトカー目白押しの JWRC をフューチャーです! 小粒でもぴりりと辛いクルマたち。とくとご覧あれ。
ルノーメガーヌRS_s.jpg
日本未導入の「メガーヌ II」ファミリーを検証する
メガーヌ ハッチバックを試乗した筆者が、メガーヌファミリーを斬る!
Copyright (C) 2001-2007 VividCar.com. All rights reserved.
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |