file736
vivid_mark_s
バリ民族音楽ヘッダグラフィック
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |
vividsearch2
search_car2
search_article2
tab_star2003/05/26tab_endカーレース
アルファロメオ旧車の走行会を見学
 先日、エビスサーキット西コースで行われたクラブミッレミリア走行会へ夫が出場するので、見学してきました。このクラブは 1960 〜 70 年代のアルファロメオオーナーを中心に集まっているのですが、ほとんどの車両がナンバー付きのためサーキットまでの往復が自走、という点が特徴だといえます。ヒストリックカーレースで行われた AR カップ出場車両も多く参加したこの走行会、激しく変わる天気の中、心地よいサウンドと美しいフォルムを楽しむことができました。
文&写真:山田麻世
tab_face
山田麻世_プロフィール_写真Sicon_home山田麻世
[VividCarディレクター]
運転が大好きです。最初はけして得意とは言えませんでしたが、経験をつむことによって、より楽しく車との時間を過ごせる様になってきました。若者の車離れがささやかれる昨今、少しでも運転の楽しさを知る人が増えるといいな、と思っています。
milano.jpg
ミラノオートのガレージ
走行会を見学に行くことに

 この走行会の主催者は町田市にガレージをもつミラノオートの安藤さんです。ガレージに車を預ける夫の送り迎えをしているうちに、気が付いたらわたしもガレージへ出入りするようになっていました。まだ夫はレースを始めて 1 年とたってはいませんが、少しずつ顔見知りも増えて来たためちょっと見に行ってみようかな?と思うようになりました。
走る準備

 午前 10 時少し前、受付を終えてピットへ向かいます。レースの準備の邪魔にならないように少しだけお手伝いをしました。今回からレース用のタイヤ(S タイヤ)を購入したので、まずはタイヤ交換です。その他余分な重量を除くためにドライバーズシート以外の座席をはずしたり、ランプ類にテーピングをしたり、プラグを交換したり、計測器をつけたり、と黙々と作業が進んでいきます。
img_engine.jpg
2000 GTV のエンジン
img_2.jpg
同乗走行の時に助手席から撮影
同乗することに

 慣熟走行では同乗が可能だと聞き、それならばぜひ、とヘルメットを持参してきました。カート用のサーキットは自分自身で走ったことがあるのですが、ナビゲーションシートとはいえ本格的なサーキットの上に出るのは初めての経験でした。しかも起伏が激しいことでも有名なこのコース。とってもおもしろい!ぜひ自分で走ってみたいです。慣熟走行が終わって車から降りると夫の車は再びコースへ出て行きました。もう、先程とはスピードがまったく違います。
img_4.jpg
MM カップのスタート
走行会の経過

 フリー走行 1 の後のフリー走行 2 からはタイムの計測が行われます。その後フリー走行 3 のあとはレース形式で行われるヒート 1、2、そしてフリー走行 4 の後にはアルファロメオだけで行われるMMカップ、アルファロメオ以外の参加車両で行われる GS カップで終了です。
 夫の結果は、ベストラップでは去年より 5 秒ほどタイムを縮めることができました。しかしまだ経験が浅いために他の車を追い抜く技術がなく、順位では低くなってしまいます。レースは難しいですね。 
his.jpg
2003 年春 FISCO で行われた AR カップ
レースを見る楽しみ

 レースというのは見る度に面白くなっていくものですね。過去の成績とつなげてみたり、個人の性格が分かるようになったりするとさらに楽しくなりますね。
 わたしが観戦していていちばん好きなのはバイクのレースなのですが、いわゆる「草レース」の観戦も大好きです。フランス滞在中には大型トラックのレースも見に行きましたが、ものすごい迫力で楽しかったですよ。走っているお父さんを応援する家族、地元のおじいちゃんおばあちゃん、といろいろな人が混じって応援に来ていました。

 みなさんもイベントカレンダー(VividCar トップページの日付をクリックしてくださいね)でチェックして、身近なレースから楽しんでみませんか?
tab_data_b
ALFAROMEO_147_SALFAROMEO 147
ALFAROMEO_GTV_SALFAROMEO GTV
tab_links_b
alfa_jp.jpg
フィアット オート ジャパン株式会社(アルファロメオ)
http://www.alfaromeo-jp...
フィアットオートジャパンのアルファロメオサイト
recommend
サマリー情報_サムネール
Mille Miglia なアルファ達
ミラノのムゼオから日本に持ち込まれたおよそ20台のクルマを詳細にご紹介します。
サマリー情報_サムネール
ムゼオ アルファロメオ
ミラノのアルファロメオ博物館から20台ものアルファロメオが日本にやってきた。
サマリー情報_サムネール
いざムゼオ見物へ
VividCar の特派員で、自らも Alfa GTV オーナーである小笠が、横浜で行われたムゼオをレポート。
サマリー情報_サムネール
ヒストリック・カーレース
ロンドンから 2 、 3 時間の所に新設されたロッキンガム・モーター・スピードウェイの開会イベントでは、様々なヒストリックカーがレースを行った。
museo_00.jpg
「アルファロメオの秋」を満喫
横浜から箱根へ、新旧のアルファたちが駆け抜けた!
SHCC105.jpg
湘南ヒストリックカークラブ in 大磯
今回は大磯ロングビーチで行われた、湘南ヒストリックカークラブ( SHCC )のイベントにお邪魔しました。6 月前だったというのにこの暑さ。寝不足も手伝ってチョンボしてしまいましたが、その顛末はお読み下さい。
S.I.S.105.jpg
2004 東京スペシャルインポートカーショー
東京スペシャルインポートカーショー 2004、通称 S.I.S. が行われました。直訳すると、東京特別輸入車展示会(?)となりますが、たしかに日常の生活ではなかなか目にすることのできない特別なクルマが目白押しでした。
Copyright (C) 2001-2007 VividCar.com. All rights reserved.
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |