file865
vivid_mark_s
driveimpre298DRIVE_212.jpg
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |
vividsearch2
search_car2
search_article2
tab_star2003/12/12tab_end便利で使えるミニバン&ワゴン
大人のカップル達へ オペル・シグナム
オペルのフラッグシップとなる「シグナム」がデビュー。千葉県木更津で行われた試乗会で「2.2」「3.2」両グレードに乗ってきた。
文・写真:河津秀昭
tab_face
河津秀昭_プロフィール_写真Sicon_home河津秀昭
[VividCar元編集員]
最近かなり真剣にクルマを探しています。欲しくなるクルマは、実際買えないものばかり・・・次のクルマは何にしようかな?
オペルシグナム5.jpg
ベクトラ似だが、オリジナルのグリルを持つ
シグナム・クラスとは?

 1997 年のジュネーブ・モーターショーでお目見えした初代シグナム。そして、2001 年のフランクフルト・モーターショーで公開された「シグナム 2」。これらのコンセプトモデルから、量産モデルへと移行したのが、今回試乗した「シグナム」である。

 「ベクトラ」をベースに用いながらも、独立したモデルとして、シグナムはオペルのフラッグシップに位置付けられている。そして、ヨーロッパでは“シグナム・クラス”とも呼ばれる新たなカテゴリーを創出することに成功した。スタイリッシュなワゴンであり、コンフォートなリムジンでもあり、スポーティーなハッチバックとも呼ぶことができるシグナムの多様性を現している言葉なのである。

 こう書くと、まるで全てを満たした“夢のようなクルマ”だが、果たして本当にそうなのか?読者のみなさんも半信半疑で気になるハズ。私もそうでしたから。それでは、順を追って見ていこう。
オペルシグナム1.jpg
シンプルでスタイリッシュにまとまったデザイン
オペルシグナム2.jpg
スポーティーな「2.2」は 2 本出しのマフラーを採用
リアシートの広さは感動もの

 まずは、「スタイリッシュなワゴン」を検証してみよう。フロントは、ベクトラを彷彿とさせるデザイン。というか、一見しただけでは違いがわからないかもしれない。オリジナルのグリルが与えられています、と言われてよく見ると確かに違う。ベクトラを初めて見たときに、トラディッショナルなデザインながらも、ダイナミックな印象を覚えたが、そこは変わらず。フロントバンパーからフェンダー上部を通り、テールランプまで抜けていくキャラクターラインも健在だ。

 サイドから見てみると、低い全高と、長いホイールベース、太くて力強い C ピラーが目に付く。セダンであるベクトラと比べると、全高はなんと -5 mm!、全長は + 25 mm 、そしてホイールベースが 130 mm 延長されている。そしてなんと、ホイールベースの延長分は、全てリアシートのスペースに与えられているという。

 リアは、小ざっぱりとしたシンプルなもの。「2.2」と「3.2」では、マフラーエンドが異なっている。スポーティーな設定の「2.2」は 2 本出しとなっている。

 そして肝心なワゴンとしての使い勝手。カーゴスペースの広さは、最大 1410 L と文句なし。リアシートを倒すとフルフラットになるのは、もはや常識だが、シグナムはここがポイント。レバーひとつでシートをフラットに倒すことが出来る。座面を上げて、ヘッドレストを取って、シートを倒す、といった作業は必要ない。ワンアクションで OK 。これは便利で使いやすいハズ。

 続いて、「コンフォートなリムジン」。リムジンというからには、リアシートの快適性は必須。前述の通り、実際にリアシートに座ってみると、130 mm スライドし、30 度までリクライニングするシートはかなり広々で快適そのもの。レッグスペースは、BMW 7 シリーズや、メルセデス・ベンツ S クラスに匹敵するように感じた。乗車定員は 5 人となっているが、リアセンターシートへの乗車はオススメしない。このシートは回転させ、収納コンソールとして使うのが良いだろう。もしくはこの部分に、DVD プレーヤーホルダー、クーラーボックス、折り畳み式テーブル、ドリンクホルダー等を一体化させた「トラベル・アシスタント」と呼ばれるオプションを取り付けて、4 名で乗車するのが正しい使い方といえるであろう。(イメージはビジネスクラス)シグナムは、並のリムジンでは太刀打ち出来ないリアシートの快適性を備えている。
オペルシグナム3.jpg
写真左:ワンアクションでシートはこのように。4:2:4 の分割式となっている
  中:広大でフラットな荷室は使いやすさ抜群。ワゴンとしても申し分なし
  右:収納スペースも充実。旅客機のように天井にも多くの収納スペースを備えている
 
オペルシグナム6.jpg
3.2 は本革シートとウッドパネルを装備
オペルシグナム4.jpg
2.2 に搭載される新開発の直噴エンジン
想像以上の走り

 最後は、「スポーティーなハッチバック」。ハッチバックというには長すぎるかもしれないが、そこはご愛敬。ベースとなったベクトラの走りはかなり良く、正直驚いたのを覚えている。実際、昨年にはゴールデンステアリング賞を受賞するなど評価は高い。シグナムはこれをベースに開発されていると聞けば、おのずと期待は高まる。

 シグナムのグレードは、「2.2」=“スポーティー”、「3.2」=“ラグジュアリー”というように色分けされている。

 まずは「2.2」だが、新開発の直4 2.2 リッター直噴エンジンを搭載している。このエンジンは軽く吹け上がり、フィーリングも上々。パワーも十分で、エンジン本体の軽さもあってか、ロングホイールベースを感じさせないコーナーリング。サスペンションセッティングも「3.2」と違って、スポーツ寄りにセットされている。優秀な 5 速 AT と相まって、スポーティーな走りはお手のモノ。ワゴンにありがちな、ダルさを感じることなく、気持ちよく走れた。

 対する「3.2」は、V6 3.2 リッターエンジンを搭載し、余裕の走り。荷物を満載にしても、重さを感じることなく走れるだろう。両車ともに、硬めのサスペンションでカッチリとしたフィーリング。これぞドイツ車という走りを満喫できるはずだ。スポーティーなハッチバックの後塵を拝むこともないだろう。個人的には、軽快なフィーリングの「2.2」が気に入った。

 まとめてみると、シグナムは“夢のようなクルマ”にかなり近い。どのパートも高いレベルにあって、うまくまとめられている。アウトドアにではなく、荷物を積んで旅行へ。リアシートには、子供ではなく、友人を乗せて。そんな使い方がシグナムにはお似合いだ。このクルマは、大人のカップルにこそふさわしい。
オペルシグナム500.jpg
tab_cars_b
OPE07001-m.jpg
data
OPEL Signum
tab_data_b
OPEL_Vectra_SOPEL Vectra
OPE04003-s.jpgOPEL Vectra GTS
tab_links_b
日本ゼネラルモーターズ株式会社
http://www.chevrolet.co...
recommend
オペル ベクトラ GTS サムネール
真面目な優等生 オペル ベクトラ
オペルベクトラの 7 年ぶりのモデルチェンジの成果はいかに
MG_ZTs1.jpg
ブリティッシュ・スポーツサルーン MG ZT ZT-Tに試乗
新たに日本に導入された、MG ZT,ZT-Tの 2 台。MG の名を掲げるこの車は果たして・・・
サマリー情報_サムネール
新型「オペル・アストラ・クーペ」
クルマのデザインの美しさは如何に?
新型「オペル・アストラ・クーペ」を試乗。
果たしてクーペはスポーツなのか?

OPEL_ベクトラ_GTS_サムネール
オペル ベクトラ GTS 2.2・3.2 試乗記
オペル量産車史上最速を誇る V6 3.2L エンジンを搭載するベクトラ GTS 3.2 と定評ある直 4 エンジンを搭載する GTS 2.2 がデビュー。気になる両車の違い、セダンとの違いは。
s.jpg
イタリア、自動車をめぐる旅
 イタリア車に魅了された私がちょっと違ったイタリアのバカンスをご紹介いたします。
サマリー情報_サムネール
グローブ・トロッターの鞄
再評価の気運高まる、英国生まれの百年選手。旅に物語性を求める人々が、愛する普遍の魅力。
サマリー情報_サムネール
癒し系グルマ
美人だけど、どこか地味、安心できる、これがキモだ。
OPEL_S.jpg
新境地を切り開く新しいオペル
新型アストラ、ベクトラ・ワゴン、シグナムとこれから発売予定の気になるオペル車が目白押し。オペルファン以外も要チェックです。
AUDI_RS6_014.jpg
モンスターツアラー アウディ RS6 アバント
今回お届けするアウディ RS6 アバントのパワーは、なんと 450ps を誇る。そして、大きく張り出したフェンダーや、19インチのホイールがさり気なくその存在を主張する。そこには、ハイパワーカーにありがちな、威圧感は無く、非常にスマートだ。そう、秘めたるパワーを隠すかのように・・・・・
gm_conference_00.jpg
「老舗の逸品」オペル・アストラ・ワゴン登場
新生オペルの旬モデル、新型アストラのワゴンが登場。ワゴンに手慣れたオペルだけに仕上げは上々だ。
opel_astra_00.jpg
「復活の狼煙!」オペル 新型 アストラ
激戦の C セグメント市場に一石を投じるかもしれない、オペルの本気とヤル気が詰まった新型アストラに試乗した。
ボイジャー105.jpg
クライスラー・ボイジャーの 2005 年モデルに乗る
5 月 29 日(土)より発売が開始されたクライスラー・ボイジャー、2005 年モデル。ゆったりしたサイズ、広い室内、充実した装備。とってもアメリカンな気分を味あわせてくれる元祖ミニバンに試乗した。
Copyright (C) 2001-2007 VividCar.com. All rights reserved.
bu_homebu_weeklybu_indexbu_back
Page 1/1 |